TOP > 代表 西川の気まぐれ日記

2019 年 08 月 06 日 09:58

「・・・どうすればいいか」を語り合う

 Facebookを見ていると時々、いい言葉が出てきます。共感する言葉、戒めになる言葉、励みになる言葉。自分が感じたことをメモにとっておくと、いつかそれが生きることがあります。

 今日はこんな言葉をメモしました。

 「どうすることが良いことなのかに焦点をあてよう。
何が悪くて、誰が悪いかは、次から次へとたくさん出てくる。
たくさん出てきて時間を使うので、じゃあどうすればいいかが抜け落ちがち。
「・・・をする」が未来をつくる。どうすれば良いかを話し合い、笑顔になれる未来をつくろう」
(リーダーへ贈る輝く言葉より)

 確かに、誰が悪いというのは誰もがすぐに言いたくなります。その中で悪口の輪がどんどん広がっていくけども、それをどうするかということは意外と抜け落ちがち。人の悪口、批判は、それがまたストレス発散になるので居酒屋はそんな話があちらこちらから聞こえてきます。
 でも、その居酒屋でも、「どうするか」という議論をしている熱いグループもあります。私も若い時に転職しましたが、多くは後者のような飲み会ばかりだったのでそんな酒の場が大好きでした。
今でも、話の後味も、酒の味も、後者の方がおいしい気がしますが、やはり愚痴や不満は蜜の味で、なかなか人間の習慣から離れられないものなのかもしれません。

昔、ある尊敬するお婆さんから教わったことがあります。
「愚痴は言っていいよ。辛いことは吐き出した方がいい。でも愚痴で終わっているのはダメ。そこからどうするかを考えるのが大事だよ」。
最近、自分の心が人に向く時があり、この言葉を思い出し、反省しました。やはり、「誰が悪い」をいくら語っても何も生まれません。時間は限られています。ならば「どうすれば良いか」に向かっていくことに時間を使っていかないと解決が遅くなるばかり。酒の席でも、公の場でも何でもオープンに議論し合う。「・・・どうすればいいか」を常に語り合うチームでいたいです。

カテゴリー : 思うこと

2019 年 01 月 31 日 10:17

お客様のお役に立つための覚悟と勇気

先日、京都で開催している「知恵の場」に、徳武産業(DOIT96号で紹介)の創業者、十河孝男さんをお招きし、これまでの経営についてお話いただきました。
高齢者は、私たちが思っている以上に歩くことで困っておられるそうです。足が弱くなっているため、小さな段差でつまづいたり、転んだり、足が変形し、痛くて歩けなくなる人もいます。昔からこの状況は変わりませんでしたが、徳武産業さんが開発を始めた20年前は、そんな高齢者を助ける「高齢者専用の靴」はこの世にありませんでした。誰もやらないなら、自分たちで開発しようと考えた十河さんは、2年もの間、高齢者施設や病院を回り、高齢者のお困りごとを聞いて回られたそうです。
軽い靴がほしい、カラフルな靴がほしい、転ばない靴、できれば安い方がいい・・・。そんな声から生まれたのが「あゆみシューズ」。
この世に初めてできた高齢者向けのケアシューズでした。軽い、転びにくいということが徐々に評判となり、全国に広がっていきました。市場ゼロの状態だった、介護・ケアシューズという業界は、徳武産業の「あゆみシューズ」が先陣を切り、次第にライバルも参入し、ひとつの業界になっていきます。そして、もちろん徳武産業がその50%以上のシェアを持つまでになっています。
従業員数十人の香川県の小さな会社が、ここまで成長した原点はたったひとつ。「お年寄りのお困りごとに何とかお役に立ちたい」という思いです。お話を伺って、十河さんの強い思いに心が震えました。

昔から、市場の声から商品を生み出すことが大切だと言われていますが、まさに徳武さんは消費者の代弁者です。「こんな商品がほしい」という声は健在ニーズ。潜在ニーズは、お客様の生活に密着したり、しっかりと聞いてみないと発見できないことなのかもしれません。しかし、十河さんのお話を聞いて、それ以上に感じたことがあります。
例えば消費者の声を聞き、切実な悩みにふれたとする。その時に、「儲けるからやる、儲からないからやらない」と商売として判断する人もいるでしょう。あるいは、「何としても解決して喜んでもらおう」と損得抜きで考えて行動に移す人もいます。十河さんは後者です。

「お客様の立場に立つことが大事だ」「お客様の満足を追求する」などと、私たちはつい簡単に口にしてしまいがちですが、行動を起こし、本当にお役に立つためには、強い覚悟と勇気が必要なのだと改めて思いました。

★2019年1月 徳武産業の感動の経営を紹介した書籍が発売されました!

「神様がくれたピンクの靴~奇跡のシューズをつくった小さな会社の物語~」
人を大切にする経営学会 常任理事 佐藤和夫著/あさ出版 定価1,400円+税

お求めはこちらへ
→ https://www.amazon.co.jp/神様がくれたピンクの靴-佐藤-和夫/dp/4866671181/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1548750045&sr=8-1&keywords=%E7%A5%9E%E6%A7%98%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%82%8C%E3%81%9F


カテゴリー : 思うこと

2012 年 04 月 21 日 15:56

元気の「杖」になりたい

久しぶりのブログ更新。
最近はフェイスブックばかりでなかなかブログを書けなかったので反省しています。


さて、昨日は昔から親しくさせている「経営品質アセッサーフォーラム」という会の中で講演をさせていただきました。
こちらの理事会の皆さんは、皆さんDOIT!のファンの方ばかり。
なので、苦手だからとお断りすることができません。
私が取材を通して感じたこと、体験したこと、自分の仕事に対する思いなど、映像を交えてお話をさせていただきました。


経営品質といえば、DOIT!で取材させていただいた川越胃腸病院さんが先般「日本経営品質賞」を受賞され、その受賞用報告会で使う映像を制作させていただきましたので、私にとっても深い関係のある活動です。
といって私が日本経営品質を実践している訳ではありませんので、偉そうなことはいえません。
でも「いい会社とは何か」を真剣に追求されているこのグループの皆さんは、昔から同士のような気持ちでいます。

皆さんも目指しているのは、人がいきいきと幸せに働く会社。]
登る道や登り方は違っているのかもしれませんが、山の頂上はきっと一緒なんでしょうね。
同じ山を登る皆さんは他にもたくさんいます。
すそ野は広いので、なかなかすれ違うことは少ないのですが、上の方にいけば、せまくなり、道も限られているので、きっとどこかで一緒になっていくような気がします。


映像は心を伝えたり、観る人の心を動かしたり、元気になっていただくツールです。
どの道を登る人にも、「この杖があったから元気に登ることができたよ」と言っていただけるような、「元気の杖」になりたい。改めてそんなことを思いました。


経営品質アセッサーフォーラムの皆さん、ありがとうございました。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 10 月 25 日 21:43

100キロ大会、舞台の裏側で感じたこと。

100キロのサポートをさせていただいて、本当にいろんな気づきがありました。

まず、この大会の舞台裏には、たくさんの人の努力があること。

いちばんすごいのが、七福醸造さん。
9か月前から準備をしてくれていたそうです。

収益をとらず、全部寄付するという、チャリティーのイベントにも関わらず、社員の皆さんが仕事終わりに準備を続けてくれました。

休みの日に、100キロの全部のコースの草刈りとゴミ拾い。
みんな安全に歩いてほしい。
少しでもゴールに近づいてほしい。
そんな思いが、詰まっています。

裏方は、陽の目をみません。
うまくいってあたりまえ。
なにか失敗したり、ルール違反を少しでも注意をしたら、逆切れされる。
それでも、愚痴一つ、文句ひとつ言わずに、3日間働き続ける、七福さんの社員の動き方を見ていると、本当の主役は、彼らなのかもしれないと思うようになりました。

そして、毎年のように改善が加えられ、1400人の参加者が安全に、そしてよりスムーズに運営ができるうようになっています。
参加者が増えれば増えるほど、トラブル対応も増えます。
しかし、七福さんは、そのチャレンジさえも楽しんでいる。そう見えました。

そして、終わった後は、全コースのゴミを拾い、参加者が使ったトイレを掃除して地域への御礼をされます。見えないところでの努力に頭が下がりました。

見習いたい会社です。




今年、何十人もの人の足を揉ませていただきました。
パンパンに腫れている足を引きづりながら、休憩所に飛び込んでくる人を見ていると、昔の自分を思い出します。
一人ひとりに声をかけて話しかけました。

ある社長さんは、社員にいつも有言実行と言っているので、自分がそれを示したい。と言っておられました。
ある女性は、泣きながらも、絶対にゴールしたいと、痛さをこらえていました。

ある親子は、疲労困憊のお父さんを息子が励ましていました。

コスプレの衣装をきた団体の人が、「みんなが少しでも元気になってくれたらと思って、こんな格好したけど、自分が励まされた」と言っていました。

八百屋のおにいちゃんは、自分の娘に励まされ、お父さんに励まされ、痛さと戦いながら、歩いていました。

タイムアップを過ぎたにも関わらず、歩いている女の子がいました。
ゼッケンは回収され、記録にも残らないのですが、友達に肩をささえられながら、足をひきずるように、ゴールを目指していました。

会社の先輩に、温かく見守られて歩く新入社員。
もう、それだけで自分の社員のような気持ちになってしまった(笑)。


「まだ歩けますかね?」
マッサージをしている私に、この質問をしてくる人も多かった。

そんな人は絶対に歩ける。なぜなら希望を失っていないから。
何か直感で、「この人は歩けるな」と思えるようになってきました。

リタイアする人の表情はやっぱり暗い。
思いつめているんでしょうね。

身体の限界のギリギリまでいってリタイアした人。
身体の限界ではないけど、心が折れてしまった人。
思いつめている人は、自分の心と戦っていいる段階。

本当に身体の限界までの人は、バスにさえ乗れません。

でも、どちらもOK!

この何ともいえない、ギリギリの心を感じるのことができるのが、この大会良さなんでしょうね。

100キロのために、練習や準備を積んできた人は、やっぱり歩ける確立が高い。
これは事実のような気がします。

でも、練習をまったくしてこない人でも、歩ききった人もいる。
これも結構な数がいました。

若い人は確かに元気です。でも歩ききる人の中には、中年やお年寄りの方もたくさんおられました。
女性の割合も多い。

6割がゴールできるというこの大会は、もしかすると、体力があるからとか、丈夫な身体だからとか、それは関係ないのかもしれません。

じゃ、結局何が差を生むのか?

私もまだよくわからないのですが、いろいろと話をして感じるのは、目標の決め方の違いがあるということでした。

「できれば完歩したい。だからできる限り歩く」という人はゴールできないような気がする。(統計をとったわけではないからわからない。ただの直感です)

「100キロ歩ききる」ことを前提として、「どう歩くか」を考えている人は、最後まで歩けるような気がする。(これも直感)

例えば、痛くなってきたとき、前者はやめる理由を考える割合が多くなるが、後者は「対策」を考える。
そんな感じだろうか?


そんな風に考えていたら、
マッサージをしている時に、だんだんとその人の目の輝きをみるようになりました。

そして、マッサージのやり方を変えた。
できるだけ心を軽くしてあげるようにしてみた。

自分も経験があるのだが、マッサージなんて、多少の気休め。
数キロは歩けるようになるが、あっという間に痛くなる。
数分で疲労が回復する訳がないのだが、気持ちが前に向くのがマッサージ。
歩き出せることがいいのだ。

だから、声をかけてあげること、励ましてあげること、笑わせてあげることで
気持ちを前向きにしてあげようと思った。

「この筋肉の柔らかさだったら、まだまだいけるよ!後100キロいっちゃう?」

「ゴールの時のかっこいいフィニッシュポーズを考えながら、後10キロ歩け!」

「痛いのは誰もが一緒。受け入れたほうが勝ちだと思うよ」

「終わった後のことは心配しなくても、身体を壊した人はひとりもいないよ」

・・・考えられること、いろいろと話してみました。

もちろん、笑わない人もいるけど、「よ~し!行ってきます!」と言ってくれる人もいて、
私も、そうとうモチベーションが高まっていきました。

やっぱり、応援することは、人のためじゃないな。
いちばん自分が励まされている。

ブロックスから、「元気アメ」と「DOIT!アメ」を持っていきました。
そんなアメでも笑顔になってくれる。

200個ぐらい配ったら、足りなくなって、コンビニでアメを大量に購入。
もう、そこらじゅうの人に配りまくってました(笑)
アメおじさんです。

・・・・・・・・

マッサージで話したあの人たちは、ゴール出来たのか。
いつもは自分の仲間や知り合いのことだけが気になっていたけど、今回はいろんな人が気になる。

そんな思いでゴールを観ていたら、あの八百屋のお兄ちゃんが声をかけてくれた。
あの時のマッサージの人ですね!ありがとうございました!」
うれしいやん・・・。

他にも何人かが声をかけてくれました。

応援すること。

今回はその醍醐味や意義を身を持って体感できた気がする。

七福さん、参加者の皆さん、本当にありがとうございました。


しかし、この100キロ大会、面白いな~。
ゴールできなかった人は、悔しさがあるからいいし、ゴールできた人は、嬉しさがあるからいい。

その熱は、客観的に見ているだけではわからない。体験しないと出てこない。

来年は自分も、その熱の方に戻ります。

1年前の約束通り、次は娘と歩きま~す!




カテゴリー : 思うこと

2010 年 10 月 25 日 19:12

激闘、感動、感謝の「100キロ歩け歩け大会」裏方日記

100キロ歩け歩け大会レポート!

10月23日~24日にかけて開催された「三河湾チャリティ歩け歩け大会」。
DOIT!で取材した七福醸造さんの「体験教育」から始まったこの大会は、今年で15回目。私も取材した翌年、一年おいて一昨年、昨年と続けて参加しています。

夜も寝ないで100キロをただ歩く!
想像を絶するこの大会に、昨年に引き続きブロックス社員が参加しました。
私は、付き添い件、42キロ地点+82キロ地点(往復なので、同じ場所です)で皆さんの足をマッサージする係として参加。
今まで、歩かせてもらった恩返しをすることにしました。

という訳で、私も仕事をしていた為に、すべてを記録できなかったのですが、今回は参加したブロックスメンバー(よでん・小出・綾部・須賀)の奮闘ぶりと、大会に参加した仲間の様子をレポートします!

金曜日の夜に東京から、同じく付き添ってくれたブロックスの森山君の運転する車で愛知県の半田市へ移動した我々は、翌朝7:00にスタート地点に着きました。

緊張と不安のスタート地点。
でも、うちのメンバーは、なんだか眠たそう・・・。大丈夫だろうか?

DSC04260.jpg

でも、受付を済ませて、ゼッケンをもらうとだんだんと気分も高揚してきます!

DSC04264.jpg

DSC04267.jpg
(ゼッケンを胸に張り切る小出くん)

この大会、私がいろんな人に「いいよ~、一回出てみてください!」と声をかけてきたので、その甘い言葉に騙された?人達が増えてきました(笑)。
DOIT!を愛してくださる、全国各地の仲間が、自分の会社の人達を誘って参加しています。

DSC04272.jpg
(兵庫県の田村組さんチームも元気いっぱい!)

DSC04278.jpg
(フロー研究会仲間の徳井さんも2回目の参加)

DSC04319.jpg
(岡山から参加の高橋さん)

DSC04323.jpg
(京都の人見社長、今回は社員の皆さんと参加!)

今回は、DOIT!でお馴染みの川越胃腸病院の小川部長も参加されました。
いっぱい練習して、準備をされてきたということですが、さすがに緊張されている様子。
応援してますよ~!

DSC04284.jpg
(初参加の川越胃腸病院の小川さん!がんばれ~)

DSC04287.jpg
(フロー仲間の鈴木さんと名古屋チーム)

DSC04301.jpg
(豊橋から参加のアーバ豊橋さん、元気だ~)

そして、いよいよ開会式!8:00スタート、8:30スタート、9:00スタートに分かれて出発します。
今回の参加者は1350人ぐらいということでした。
年々増えてきてます!

DSC04300.jpg

参加者の皆さんに、七福醸造の犬塚会長から参加者へ激励の言葉。

DSC04298.jpg

犬塚さん、「できるところまで、がんばってください」なんて甘い言葉は言われません。
とにかく辛い方がいい。練習なんてしないで、辛さを味わったほうがいい。
その方がいい経験になる。いい気づきができる。
私も、参加する度に、この言葉が理解できるようになりました。

そして、いよいよスタートの合図が・・・!
みんな一斉に歩きはじめます。

「いってらいしゃーい!」

DSC04308.jpg

DSC04304.jpg

いろんな人が参加されています。
あっ、第一物産の黄さんだ。
土橋さんもがんばってください!

DSC04317.jpg

マッサージをさせてもらった時に話をしたのですが、こちらのコスプレチームは神奈川県の飲食店の皆さんです。参加する人を楽しませようと、こんな格好で参加する人もいます。
ただ、目立ちたいから?
いえいえ、過酷な100キロでそんな余裕はなくなります。
途中は、もう歩くことでせいっぱい。
でも、この精神がいいな~。

DSC04306.jpg

スタート地点で送りだした後、車で先回りして10キロ地点に行ってみました。
サポートする42キロ地点は、14:00オープン。100キロは長いので、準備も余裕があるんです。

ブロックスメンバーを発見!
この辺りは、まだまだ序の口。みんな元気いっぱいです。
でも、これでなめちゃ、100キロは後で相当な痛い目に会うんです。

DSC04336.jpg
DSC04337.jpg

車で走ったら、あっという間に着く距離も、自分の足で歩くとなると、なかなか時間がかかります。1時間に4キロとしても、40キロまで10時間も歩き続けなければなりません。
40キロ地点の通過時間は、もう夕方です。

私は、14:00に42キロ地点の「チェックポイント」に移動しました。
ここは、参加者が休憩するポイントとして用意されていて、距離が長くなるほど、こまめな休憩場所が用意されています。42キロ地点は3回目のポイントです。

DSC04355.jpg

今回、この42キロ地点は、私の仲間である「ウッディチキン」(美容師の勉強会)のメンバーが運営をしています。ウッディの主催者の伊藤さんとは、20年近い付き合い。
今回は、同じ仲間のバグジーの久保さんも、応援に駆けつけてくれました。

さあ、みんなを迎えるぞ!
ここは、42キロですが、折り返して、また戻ってくるので、82キロのチェックポイントにもなります。
ということは、みんなを送りだした後、またすぐに迎える準備をしなければならない場所。
眠る暇もない、サポーターとしても体力がいる場所です。

DSC04359.jpg
(一昨年一緒にゴールした、親友の伊藤さんとウッディの仲間)

そうこうしているうちに、あたりは夕方に。
早い人は3時半に到着するのですが、多くの人は17~20時頃にここを通過されます。
10時間近くも歩き続けている訳ですから、ここまでだって相当な疲れが・・・。
休むと良くないとわかっていても、つい休憩を取ってしまいます。

そんな人にマッサージをするのが、この場所の大事な仕事。
私も、何人もの人の足を揉んであげました。
しかし、なんせ参加者は1400人、混雑している時は、休憩もできないほどの忙しさ。
それでも、私が100キロを歩いた時も、このマッサージが相当な励みになったので、私は心をこめて揉むことにしました。

42キロ地点、いろんな人がきます。
「もう、歩けない」とリタイアする人。休憩もそこそこに歩き出す人。
明るい顔、暗い顔・・・。マッサージを頼みにくる人もいろいろです。

マッサージをしながら、いろいろと話をさせていただきました。
少しでも元気になるように、身体もさることながら、100キロの決め手は気力。
どうすれば、みんなが「明るくなるか」「希望をもってがんばれるか」。
マッサージのテーマが見えてきました。

そんな時、携帯に連絡が・・・。
なかなか来ないブロックスチームが、もうすぐ42キロに到着する!

みんなが着いた時は、とっぷりと陽が暮れていました。

DSC04361.jpg

写真ではみんな元気そうですが、ここで綾部さんがリタイア。
足腰は大丈夫だったのですが、途中でめまいがして、倒れてしまったとか。
大事をとって、ここまでとしました。

バグジーの久保さんが、うちのメンバーを励ましてくれました。
小出君、久保さんに足を揉んでもらって、かなり恐縮・・・。
でも、これでもうリタイアできないよ(笑)

DSC04363.jpg

DSC04365.jpg
(よでんちゃんも久保さんの激励で、この笑顔!)

そして、夜9時。
このチェックポイントの終了時間です。この時間に間に合わない人は、タイムアップ。
この時点で私の知り合いも何人か、涙のリタイアをしました。

食事をとって、1時間ほど仮眠をとったら、今度は「82キロ地点」に変わります。
早い人が到着する時間までに、準備をしなければなりません。

深夜の12時~3時という遅い時間に、頑張って歩ききった人が戻ってきました。

・・・しかし、この間の50キロ地点、60キロ地点、70キロ地点というが最も過酷な距離。
疲労が蓄積し、足や腰の痛みが増すだけでなく、会話もなくなり、本当に孤独な時間になります。その上襲ってくるのが、睡魔。寒さもこたえます。

この「魔の時間」をどう乗り切るか。
82キロに戻ってくる前に、リタイアする人が続出します。

友達からも、リタイアの連絡がきました。
「もう一歩も歩けない・・・」
悔しそうなメールですが、最後に決めるのは自分自身。
歩いてほしいけど、無理はいえません。

ブロックスのみんなのことも気になります。
マッサージをしながら、いろいろと考えていたら、須賀君からメールが・・・
「70キロ」でリタイアをする・・・
初参加でしたが、よくやった。

残りは、よでんちゃんと小出君。
待ってるよ~。

そうこうしていると、川越胃腸病んの小川さんが82キロ地点に到着!
初参加なのに、すごい!いいペースです。
少しだけマッサージをさせてもらいましたが、まだまだお元気そうでした。
後18キロ、がんばってください!

DSC04373.jpg

デンソーの佐藤さんとも会いました!
今年で5回目だとか・・・。
本当にすごい!

DSC04378.jpg

大阪のウエルネスサプライの延堂さんだ!
こちらも初参加。ちょっとしんどそう・・・。足を揉んで送り出しました。
「100キロなめてました・・・」
という言葉に、心がこもってた(笑)。

DSC04380.jpg

京都の人見さん、去年のリベンジが果たせそう!
後18キロです!

DSC04382.jpg

そうこうしていると、あたりがだんだん明るくなってきました。
東の空に、こんな朝焼けが・・・
思わず、写真を撮りました。
でも、こうして朝焼けにシャッターが切れるのは、歩いていないから。去年なんて、そんな余裕はなかったな~。

DSC04388.jpg

そして朝6時・・・
ついによでんちゃんと小出君が到着!
DSC04389.jpg

よでんちゃんは元気そうだったけど、小出君はかなりしんどそう・・・。
聞けば途中で足にマメが出来て、痛さが頂点に達しているみたい。
少し足を揉んであげました。

お父さんやお母さんも駆けつけてくれた小出君。
元気を取り戻して、再出発!
ここから、またしんどくなるけど、がんばれ~。

DSC04397.jpg

ローソンの原さんが到着。
原さんも去年のリベンジを果たしたいところ。
でも、足はもう限界に近い様子。
それでも、歩きはじめた・・・。涙が出そうになる。

DSC04404.jpg

朝早く、税理士の酒井さんが応援に駆けつけてくれました。
酒井さんは、いつも応援してくれる有難い存在。
写真を撮り合う・・・(笑)

DSC04405.jpg

そして、私は92キロ地点に移動して、またマッサージ。
この辺りは、自分も寝不足とマッサージの連続で、ふらふらになってきて写真を撮るのを忘れてまそいた。
10キロ歩いてきた、小出君とよでんちゃんを送り出した後、いよいよゴールの付近で待つことに・・・。

ゴール前。お昼の12時前です。

ついに、小出くんとよでんちゃんが見えた!
後1キロだぞ~!

DSC04411.jpg

おお、後10メートル。ゴール前です。

DSC04415.jpg

そして、ついにゴールイン!
やった~~~~~~~~~~!

DSC04421.jpg

よでんちゃんも小出君も本当にがんばった。
よでんちゃんは、まだ余裕がありそう・・・!
みんなを引っ張ってくれた、今回の主役です!
家族が迎えに来ています。
お母ちゃん、がんばったぜ~。

DSC04425.jpg

綾部さん、須賀君、森山君も集まって、みんなで記念撮影。
いちばん嬉しい瞬間です。

DSC04427.jpg

今回、最後までがんばった小出君。
セミナーに引き続き、リーダーとしての根性を見せてくれた。
風呂を浴びて、本当にいい顔を見せてくれました。

DSC04455.jpg

その小出君の足・・・。
包帯を巻いてあげたのですが、もうマメがつぶれて足の皮がかなりむけています。
でも、これは勲章ですね・・・。

DSC04456.jpg

かくして、激しい激闘の100キロは終わりました。
ローソンの原さんも、デンソーの皆さんも、人見さんも、延堂さんも、小川さんも、土橋さんもそれぞれゴールをされ、感動を分かち合いました。

やむなくリタイアした人は、この悔しさを、ぜひ来年に!

来年は、私も出ます。娘と二人で歩いてみる予定です。
もう、むずむずして、むずむずしてしょうがない。
やっぱり、歩く方がいい!

























カテゴリー : 思うこと

2010 年 10 月 21 日 18:17

いよいよ100キロ歩け歩け大会!

今年も「100キロ歩け歩け大会」の季節がやってきました。
主催は、DOIT!でお馴染みの「七福醸造」さん。

私は去年参加し、なんとか完歩できたので、今年は応援団に。

ブロックスから参加する4人の社員と、挑戦する仲間を、励まして、励まして、励まして、励まして、絶対に全員完歩できるよう、サポートしたいと思います。

それでは、100キロに挑戦する勇敢なブロックスメンバーを紹介しましょう!

エントリーナンバー1。

大阪事務所代表、與田麻由子さん!
3人の男の子の子育てをしながら、ブロックスの様々な業務を引き受けてくれている頼もしい存在です。
元々は体育会系のスポーツウーマンですが、子育てでなかなか身体を使うことができず、今回の100キロはかなりの挑戦。
でも、子供たちのためにも、歩ききってほしい。
母の強さを子供たちの目に焼き付けてほしい!
がんばれ、よでん!

エントリーナンバー2

東京事務所の小出敏裕さん!
ブロックスのセミナーのプロデューサーとして、全国各地を飛び回る男。
今年は、DOIT!特別編、DOIT!95号の制作も任されて、一段とたくましくなっています。
しかし、たくましいのは、心だけでなく身体もたくましく?
この100キロへの挑戦、その体重が心配です。

しかし、彼はやってくれるでしょう!
万が一、途中で挫折しても、きっと何かをつかんでくるはず。
がんばれ~。

エントリーナンバー3

女性の挑戦者2人目、綾部有紀さん。
静岡で生まれ、学生時代を山形で過ごした彼女も、相当な根性の持ち主。
ブロックスの営業担当として、毎日たくさんのお客様を訪問して歩いているので、足腰は大丈夫でしょう。持ち前の明るさで、100キロもきっと楽しんでくるはず・・。
横にいる人を、あっという間に友達にしてしまう特技で、100キロの間に全国に綾部の名が広がるかも。
綾部さん、がんばれ。

エントリーナンバー4

東京の若手、須賀大輔さん。
2年目の今年、彼も大きく成長しています。栃木県出身、映画大好きな彼は、ふだんはおとなしめ。
そんな彼が、どうして100キロに参加したのか?
実は、私が少し無理やり誘ってしまったんです。
でも、彼は「やらされ感」など感じていません。きっとがんばってくれるはず。

ブロックスのメンバーが果たして100キロを歩ききれるかどうか。
結果は後日、このブログで報告します!

この他にも、私の友達や知り合いがたくさん参加します。
みんなを応援していきます。

40キロ地点にいますので、ぜひお声掛けください!

小川さん、がんばりましょう!
黄さん、最後までがんばって。



カテゴリー : 思うこと

2010 年 09 月 22 日 19:47

中秋の名月

忙しさにかまけて、ブログの更新を怠ってしまっていました。
こんなブログでも気にかけてくださっていた皆さん、せっかく見にきていただいたのに、申し訳ありませんでした。心を入れ替え、がんばります(笑)。

この間、ブログを更新した時は、まだまだ暑さも厳しい感じでしたが、今はもうすっかり秋。
朝晩、本当に過ごしやすくなりましたね。

夕方、会社の近くの和菓子屋さんの前を通ったのですが、なんだか人が並んでいます。
何かな、と思って覘いてみたら、皆さんのお目当ては「お月見だんご」。

そういえば今日は中秋の名月。お月見でした。

子供のころ、みんなでお月見をした時に、ススキを取りにいったことを思い出します。
仲間とこっそり、だんごを食べたりと、その頃は、月をゆっくり見て楽しむという情緒より
イベントとして、ただ楽しんでいたように思います。

あれから、何十年。
子供の時よりは、いろんな感情が深まっているから、花より団子という感じではないのですが、
仕事ばかりの毎日では、月を眺めるとか、季節を楽しむとか、なかなかそんな気持ちにもなれません。

今日、皆さんが買い物をしている姿をみて、自分がなくしている「ゆとり」に気づきました。

ということで、今日はここで仕事を切り上げ、うちでゆっくりしようと思います。






カテゴリー : 思うこと

2010 年 07 月 12 日 11:59

本部は現場の応援団!

土曜日、ある会社の「社員表彰式」にお招きいただき、参加してきました。

毎年1回、お客様や仲間から認められたスタッフを表彰するこのイベントは、8回目だそうです。
現場を応援していこう、輝く社員を作っていこうという本社の理念がこのイベントに込められているようです。

パーティ会場のような雰囲気の部屋に、この日の為に着飾ったたくさんのスタッフがやってきました。
入口では、その一人ひとりを社長をはじめ本社スタッフの皆さんが温かく迎えられます。
新人もベテランも関係なく、笑顔で声をかけ、話をする社長の姿がとても印象的。

本社スタッフの動きも良かった。
この日の為に何度もリハーサルをしたり、企画や準備に時間をかけられたそうです。「本部は現場を応援するのが仕事」という理念が浸透しているんでしょうね。みんながキビキビと動いておられました。
また、このイベントに対するアンケートも準備され、参加者から厳しい評価を受けるのだそうです。凄いですよね。

永年勤続の表彰もありました。
3年、5年、7年、10年、20年と、永く働かれる人が次々に表彰されていきます。
社員を大切にしてくれる会社だからこそ、永く安心して働けるんですね。
受賞者の言葉に「ありがたい」「あの人のおかげで」という言葉が何度も出ていました。

社長が「ここまで雰囲気が良くなったのは最近ですよ、長年やってきたことがやっと浸透してきました」と話されていましたが、いろんな壁を乗り越えながら、ずっと頑張ってこられたのだと思うと、その永続表彰のところから私も泣けてきました。

やっぱり大切なのは愛ですよね。
トップが思いやりを持ってスタッフに接するから、思いやりのあるスタッフが育つんですよね。

どんな仕組みも仕掛けも、この愛が土台にない会社は発展しない。
そういう思いをさらに強くした一日でした。



カテゴリー : 思うこと

2010 年 07 月 08 日 19:59

ONE PIECE(ワン・ピース)とフローの実

子どもに人気の漫画「ONE PIECE(ワン・ピース)」が、夢を持つこと、チームワークのことで参考になるといろんな方から進められるので、一度読んでみたいと思っていましたが、子供が集め始めたというので、借りて、少しずつ読んでいます。

この物語は、海賊王をめざすルフィという主人公が仲間と共に、強い敵と戦っていくという良くあるといえば良くある内容なのですが、世界的にも人気のコミックになっているそうです。
このルフィを中心とした数名のメンバーは、それぞれが仲間との絆を何よりも大切にしている海賊団なのですが、一人ひとりには弱点もあり、その自分の弱さを認めながらも、どうすればチームに貢献することができるかを一生懸命考えながら、危機を乗り越えていきます。リーダーとしてのルフィの振る舞いや決断もなかなかのものです。
ただ、なかなか深い感情移入が出来なくなっているのは年寄りになったのかな~。
中途半端に論評しても行けないので、もう少し読んでから、感想を書いてみようと思います。


予断ですが、この漫画には、人間が超能力を身に付けることができる「悪魔の実」という設定があります。身体がゴムのようになるとか、刀のようになるとか、とにかくいろんな種類があって、その能力を活かして戦っていくわけです。

でも冷静に見る(漫画を冷静にみちゃ駄目ですが)と、その能力は「うらやましい」と感じるような能力ではありません。戦う分にはいい能力なんでしょうが、生活にはあまり役立ちそうにないし、欠点もあるところが面白いところでもあるようです。

そんな観点で自分を見ると、自分にも変な特殊能力があります。

物事につい夢中になって、他が見えなくなるという変な能力。
これはきっと子供の頃に「フローの実」を食べてしまったに違いない(笑)。

皆さんは何の実を食べてしまいましたか?





カテゴリー : 思うこと

2010 年 06 月 23 日 08:25

黙って去るお客様

昨日、ある方が「サイレント・クレーマー」について話を聞きたいと来られました。「私はコンサルタントじゃないので、よくわかりません」と申し上げたのですが、私も興味のある内容だったのでしばらくお話をしていました。

サイレント、つまり不満があっても黙ってその企業から離れて行ってしまうお客様のこと。こうしたお客様がいるから、お客様が定着しないし、減ったお客様を増やそうと、新規客ばかりを気にするから、また同じような結果になる。こんなお話でした。

DOIT!の企業はこの「黙って離れていくお客様に対して何か対策をされていましたか?」と聞かれたのですが、振り返ってみても、その為に特別な対策を打っておられる企業はなかったような気がします。あえて言えば、相澤さんのところのように、アンケートの「普通」を大騒ぎすることかもしれませんが、その為の手法ではありません。

ただ、どの企業も「売った後」を大事にされている気がします。

私たちも心がけているのですが、「私たちが売っているのは、商品ではなく、そこから得られる価値である」と考えれば、どうしたって「使ってもらってどうか」が気になります。DOIT!の取材企業の皆さんが、アフターを気にされるのが、やっぱりこんな考え方が根底にあるからで、私がいちばん学んだことでした。

売上高より、再来店率を大事な指標にするバグジーさん然り、販売後から毎月訪問される、ホンダプリモカワムラさんも然り、困った時にすぐに駆けつけられるように営業範囲を限定している、近代ホームさんやでんかのヤマグチさんも然り、みんな「商品を売る」のはキッカケだという考え方でした。

それから、黙って去るお客様の気持ちになってみると、いちばんの原因は「不親切な対応」をされることじゃないかと、個人的な体験からそう思うのですが、DOIT!の取材先の企業は、「人間としてあたりまえの気づかい」を大事にする風土におられますから、もし、ちょっとでも顔色が優れないお客様がいたら、「どうされましたか?」と声をかけられるはず。
その人が気づかなくても、誰かが声をかけて、そのお客様がおられるうちに解決されるのではないでしょうか。
その背景には、普段の仲間同士の信頼関係、全員がお客様係の思想、チームワークなどの「土壌」があるから。サイレント・クレーマーが少なくするためには、やっぱり「気配り力」の向上なんでしょうね。

と、いろいろと考えていくと、この「サイレント・クレーマーがいる」という視点は、もしかしたら、いろんなことを考えるキッカケになるのかも?

これをテーマに本を書かれるそうですが、単なる手法の話にはしてほしくないなあと思いました。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 06 月 17 日 17:56

東京の空

今日の東京はいい天気でした。

DSC03557.jpg

これは用事で立ち寄った新宿の西口の高層ビル街。
右側が損保ジャパンさんの本社ビル。裾が広がっている形が目立ってます。


DSC03556.jpg

昨日も夕焼けが綺麗でしたね。
これは、勉強会に行く前に撮った目黒の駅前。

ゆったりした気分になっている時は、普段見逃していることが見えることがあります。
都会だって、季節は巡っているし、キレイな景色はいたるところにあるのかもしれませんね。


SN370025.jpg

これは、ある方から送っていただいたもの。
今の季節を考えた、かわいい贈り物でした。

開けるのがもったいなくて、しばらく会社に飾っています。
Nさんありがとう。




カテゴリー : 思うこと

2010 年 06 月 07 日 23:40

キラキラした人達

今日は、大阪の飲食店経営者のグループ落花生の皆さんの勉強会&懇親会に参加しました。DOIT!のご縁で知り合った主催者のお誘いだったのですが、とにかく熱くてあかるいメンバーばかり。とても気持ちいい時間でした。
業界を良くしたい、自分の店のこともさることながら、働く人が誇りを持てる業界にしていこう、飲食店から日本を元気にしていこうと、集まったメンバーは、みんなキラキラしていました。
大阪の人達の人懐っこさこそ、今の世の中に必要なもの。
20代、30代の人の中には、「あたたかなもの」を大切にしたいという考え方が生まれているようです。
飲みながら、それぞれの夢やビジョンを語り合う顔は、見ていて清々しかった。
何かが始動し始めた予感がした夜でした。
落花生の皆さん、ありがとうございました。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 06 月 04 日 16:07

ムキになるタイプ。

この間、知り合いが、「後出しでいいから、相手に負けるジャンケン」(相手がグーを出したら、後出してチョキを出す)というのしようというので、やってみたのですが、頭の中にジャンケンは「勝つこと」という概念が出来あがっているので、なかなか負けることができません。
このゲームはそうした人間の脳の働きを感じるものだと思うのですが、実際にやってみると、頭ではわかっていることが、出来ないもどかしさは相当なフラストレーションです。

そもそも、何でもムキになるタイプなので、いろんな手を考えて、負けようしたのですが、そんな風にムキになる私をみて、その知り合いは逆にビックリしていました。たかがジャンケンにそんなに熱くなるかと(笑)。
しかし、振り返ってみると、この何十年間の仕事は、みんなこんな感じだったような気がします。

人からコントロールされたり、指示されたりするのが極端に嫌でした。上司の言うことも聞くふりをするけど、自分で考えたい。
先輩に出来て自分に出来ないことは、相当悔しくなって、出来るようになるまで練習するか、いっそのことやらないか。
頭で理解できることが実現できないもどかしさ、このジャンケンのような状況が、特にいちばん燃えてきます。

このムキになり加減が、自分にとって「仕事を楽しくするコツ」だったりするのですが、皆さんはどんなこと、どんな時にムキになるのでしょうか。一度みんなに聞いてみようと思います。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 05 月 25 日 18:46

巷で噂の「見学ツアー」がこちらです!

皆さまのお手元にも、既にご案内が届いていると思いますが、今年も「実践学習会」の季節が始まろうとしています!

DOIT!で取材した企業の皆さんのご協力をいただき、全国の経営者の皆さんと一緒に各地を訪問する“体験と学びの旅”、それが「素晴らしい経営の実現をめざす実践学習会」です。

スタートは7月、「伊那食品工業」さんの訪問から始まるのですが、今回は告知してすぐに多くの皆さんのお申込みをいただき、今日担当に聞いたら、もう残りが数席(5席)ということでした。

今年の訪問先は今いちばん注目されているところばかりなので、もしかするとすぐ埋まるかもしれません。もしご検討中という方がおられましたら、どうぞ、お早目にお申込みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブロックス・オリジナル・セミナー
「素晴らしい経営の実現をめざす実践学習会」

大久保寛司さんのコーディネイトと解説でDOIT!の取材企業を見学します。
行かなければわからない、経営者の言葉や働く人の生き生きした姿を、ぜひ体験してみてください。

【訪問先】
1.伊那食品工業(長野)
2.四国管材(高知)
3.ネッツトヨタ南国(高知)
4.グラノ24K(福岡)
5.バグジー(福岡)
6.沖縄教育出版(沖縄)

7月14・15日の「長野」から、1月27・28日の「沖縄」まで、全国を回ります。

【講師】
この6社を熟知した大久保さんの解説と、気づきが生まれる対話学習が
このセミナーの特徴です。

【ポイント】
見学だけでなく、朝礼に参加したり、経営者や社員の皆さんとの
語り合い、交流会も用意しています。
「いい会社づくり」を目指す仲間との絆も深まります。
映像では「わからないこと」を、たっぷりと学んでくださいね。

詳しくはこちらから。




カテゴリー : 思うこと

2010 年 05 月 20 日 16:30

びっくり&感動、試写交流会

昨日の試写交流会(東京18:30~)には30名近い方が集まってくださいました。

いつもの通りに、私がファシリテーターをさせていただき、勉強会の進め方をご体験していただいたのですが、後半、ちょっとびっくりすることがありました。
ある人がフラッと立ちよって下さったんです。

私の師匠、大久保寛司さんです。

P1000373.jpg

来られることを聞いていなかったもので、途中で入ってこられた時は、ただビックリ。
後で聞くと「遊びにきたんだよ」ということでした。

しかし、私はファシリテーションの真っ最中。
誰だって、師匠を前にして、偉そうなことを喋ったり、聞きかじったことを偉そうに話せないですよね。それはもう、ドキドキしてしまいました。

それでも、なんとか頑張って、進行しました。
最後も皆さんが盛り上がって話し合ってくださったで、ホッとしました。

しかし、せっかっくお越しいただいた大久保さんをご紹介しない訳にはいきません!
予定の時間をやりくりして、最後の10分を、大久保さんの時間にして、話してもらうことに・・・。

ですから、何の打ち合わせもなく、準備もなく、「大久保さん、お願いします」と振ったのですが、そ10分の中で見事に皆さんの心を見極め、ぴったりの話をしてくださいました。

それは、もう凄いお話。良い組織と自己のあり方を、10分という短い時間に収められ、皆さんに深い印象が残ったと思います。私も、もう観客のように聞き入ってしまったのですが、この大久保さんの場をつくる力、場のつかむ力を目の当たりにして、改めて感動しました。

きっと話す大久保さんと展開を考える大久保さんの2人がいるに違いない。
そうでなければ、割り切れないぐらい、本当に質の高い10分間でした。

私がこんな風になるのはまだまだ修行を積まねばなりません(無理でしょうが)が、やっぱり大事なことは、言葉を学ぶことよりも、自分自身を磨くこと。「何をいうか」より、誰が言うか」なんだろうと思います。
とにかく自分をもっと磨いていきたい。一歩でも近づきたいという気持ちです。

師匠、がんばります。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 05 月 18 日 08:46

ファシリテーターの存在

月曜日は、14:00~大阪で「組織と人の向上セミナー」(体験版)と、18:30~「仕事の原点 試写交流会」のダブルヘッダー。
大阪では、私がファシリテーターをすることになり、トイレで気合を入れてからスタートしました。

ファシリテーターの存在感で場はつくられます。どんな思いでいるか、どうなっていただきたいかというところで揺れていたり、他のことを考えていると、一気に空気が悪くなる。
「何を言うかより、どんな人が言うか」が大事なんだということですね。

毎月やっていますので、ぜひ皆さん、「遊びにくる」感覚で結構ですので、じゃんじゃん来てくださいね。
来月は、大阪地区では8月25日に、神戸で、ちょっと趣向を変えた試写会(講演会のようなもの)を開催します。
東京では、今日と同じプログラムを、6月8日に開催しま~す!




カテゴリー : 思うこと

2010 年 05 月 14 日 09:56

親切なおばちゃんに学ぶ

新潟に来ています。

昨日、ホテルを探していると、少し道に迷ってしまいました。
丁度自転車で通りかかった、地元のおばちゃんに道を尋ねると、「表通りから行くより裏からまわった方が安全よ」と丁寧に行き方を教えてくれました。
これだけでも親切なのに、そのおばちゃんは、「わかるかな、ここをまっすぐ行って、その道を曲がるんだよ」と自分の家を通り越して付き添ってくれます。
申し訳なくなって、「大丈夫です」と言ったのですが、「時間があるから行ってあげるよ」とホテルの裏口まで連れていってくれました。
自分の母親のような年格好のそのおばちゃん。本当に嬉しくなってしまいました。

親切にするということは、コップから溢れた水のようなもの。
こうして欲しいと思うこと以上のことを自然な気持ちで行うこと、あふれ出す水の部分が嬉しいのでしょうね。
考えてみれば、いい会社の社員の皆さんはみんな水をあふれさせる仕事をしています。
お客様に尋ねられたことだけをやる人はいません。
このおばちゃんのように、こちらが申し訳なくなるほど、丁寧にしてくれる。
どんなに忙しくても、「つい」人の為にやってしまう「親切心」にお客様を魅了されるんですね。

「つい」が大事なんだろうなあ。
裏があったり、作戦があったり、義務感があると、感動は起こらない気がします。
ぜんぜん出来ないけど、おばちゃんのように人の為が自然に行える人生を歩みたい。
おばちゃん、ありがとう。
新潟大好きです。


カテゴリー : 思うこと

2010 年 05 月 08 日 00:50

約束は自分と交わすもの

「やります!」と皆の前で言ったことは、「約束」です。しかし、往々にして人は約束を守れません。

まあいいか、急な用事が入ったし。
まあいいか、怒られたらすむんだし。
まあいいか、できるだけの努力したんだし。
そんな言い訳の中で、人は何か大事なことを失っているような気がします。

約束は、人と交わすものであると同時に、自分と交わすものでもあるはず。
言ったことをやらないのは、自分を大切にしないことでもあるのではないか。そんな気がしてなりません。
口に出したことは、がむしゃらに、そして命がけでやろう。
まず、自分から。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 05 月 06 日 21:34

パチパチ!

ブロックスはDOIT!の他にも、いろいろな企業の映像を作らせていただいているのですが、この度、わが社の三宅さんと吉田さんが関わった、ある仕事が栄誉ある賞を受賞しました!パチパチ!!

広告代理店さんからのご依頼の仕事なので、直接表彰される訳ではないのですが、深く関わった仕事がこのように評価されるのは本当に嬉しいです。

賞の名前は「日本BtoB広告賞」。名前の通りBtoBなので、一般の人の目には触れられない分野ですが、30回以上も続く広告界の大きな賞のようです。
三宅さん、吉田さん、良かったね~。

みんなも喜んでいます!

カテゴリー : 思うこと

2010 年 05 月 05 日 15:08

トライ中。

ツイッターに手を出したはいいが、なんとなく追われている感じがするのはどうしてなんでしょうか。
確かに情報発信する手段は多くなり、昔より便利になった気がしますが、ネット上での情報交換や発信には正直まだ慣れていません。
頭で理解できても、身体的について行っていない感じがします。会話をしていても、するりと抜けていくような、かすっていくような、何とも言えない感じ。
おじさんになってしまったのでしょうか。
ただ、自分にとってこうした波の中から体感してみたいので、もう少しやってみようと思っています。140字という制約は結構気にっています。

ところで、この写真は会社の前の坂道に咲いているハナミズキです。

DSC03288.jpg

別名、アメリカヤマボウシ。北アメリカが原産地で、日本が桜(ソメイヨシノ)をワシントンDCに送った返礼として輸入されたのが、日本での始まり(1915年)なんだそうです。
日本風なのに、アメリカンな奴でした。

花言葉も調べてみたら、なんと「私の思いを受けてください」なんだとか。
少し恥ずかしくなりました。










カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 30 日 15:33

GWですね。

今日は月曜日ではなく金曜日。錯覚をされた方も多いのでは?
私も「あれ今日は会議じゃなかったんだっけ?」と月曜日の定例会議があるつもりで考えてしまいました。
そんな休みの狭間の出勤日の皆さん、明日からはGWですね。
混雑が予想されますが、せっかくの休み、パーっと遊びに行くことも経済の循環に必要なこと。私も経済のためにちょっと頑張ってみます。



カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 19 日 07:56

コピーの世界

昔から私は広告コピーが好きで、テレビの番組よりもコマーシャル、雑誌の中身よりも広告というように限られた条件の中で言葉を駆使し勝負するものに興味がありました。
この間、コピーライターであり、広告学校で若い人にコピーの技法を指導されている鈴木康之さんの「名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方」という文庫を読んだのですが、やっぱり練りに練られたコピーは面白い!
良かったのは、冒頭の詩人アンドレ・ブルトンが盲目の物乞いに送った言葉の話。ニューヨークの街角に座っていた盲目の物乞いがいて、首から下げた札に「私は目がみえません」と書いてありました。彼の前にはアルミのお椀が置いてあるのですが、みんな素通り。アンドレは言葉を変えてはどうかと提案すると彼は承諾し、アンドレは新しい言葉を書いたそうです。
そうするとその日からお椀にはコインが降り注ぎ、通り過ぎる人が言葉をかけていったそうです。
その言葉は
「春はまもなくやってきます。でも私はそれをみることができません」

これぞ広告コピー。たった数文字の言葉が人の心を動かしました。
その他にも、感動したのが楽天トラベルの小さな連載コピー。玉山貴泰さんの仕事です。思わず笑ってしまうもの、共感するもの、たった二段のスペースに無限の世界を感じます。
そしてこの本でいちばんよかった文章が、アシックスの新聞一面広告。創業者、鬼塚喜八郎さんの理念や歴史を伝記風に掲載した文字だらけの広告なのですが、これほど読ませる文章はありません。
コピーは独創やクリエイティビティが要求されるように思いますが、鈴木さんは「コピーは聴いてきたいい話のお取り次ぎ」といい、取材の重要性を書かれていました。
なるほど、これは映像の世界にも通じるなと思う。

最後のメッセージも良かったので紹介します。

文章とは書くものではなく、読んでもらうものです。
読む人が、知ってトクするように、読んで満足するように、書きなさい。
文章は中身がだいじ。中身探しのために知らない話の世界を尋ねなさい。
書き上手になろうと思わずに、聞き上手になりなさい。調べ上手になりなさい。
人と違うことを考えなさい。想像の裏で自由に飛びなさい。
あなた自身が感動した話、読む人がきっと喜ぶ土産話を聞かせなさい。
中身にふさわしい書き方を考え出しなさい。気分を出して書きなさい。
モノ、コト、オモイ、すべて読む人への説明だと思いなさい。
親切に、丁寧に、読んでもらいたいという気持ちを込めて書きなさい。
サービス精神たっぷりの、見た目にいい文章に仕立てなさない。
書き直しなさい。文章を書くとは書き直すことです。
書き直していけば、どんどんいい文章になります。
書き直せば、いい文章は、幕の内弁当のように仕上がって、読む人の前に出ます。

「文章とは書き直すこと」
無駄がない文章は人への愛が深い文章なんでしょうね。
映像と置き換えて読んでみても、共通するものがあるように思いました。

DSC03166.jpg

カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 15 日 15:40

お帰りなさいませ

ある大手私鉄会社へご訪問させていただきました。お昼を過ぎた頃の時間で、受付でしばらく待っていたのですが、受付に立たれている警備会社の守衛さんが、仕事から帰ってくる社員の皆さんに元気よく声をかけられていたことに、小さな感動をいただきました。

「お帰りなさいませ!」

一人ひとりに声をかけられます。
すると、今度は受付の女性スタッフも同じように「お帰りなさいませ!」と声掛けがつながりました。

帰ってくる人も、挨拶を返されていて、玄関先がいい空気を醸し出していました。

「お帰りなさい」ではなく「お帰りなさいませ」という丁寧な日本語だったのも良かったのかなあ。何ともいい言葉だなあと思いました。

この警備員さんは、きっと自分の仕事に誇りを持っておられるんでしょうね。
挨拶ひとつでしたけど、この警備員さんの仕事への姿勢が伝わってきました。

以前、ある大きな会社の朝の出社風景を見たことがありますが、その時は、挨拶される警備員さんに出社する社員の皆さんが、誰も挨拶を返さないという異様な光景で、驚いてしまったことがあります。でも、ここはちゃんと返事をされるし、社員の皆さんからも警備員さんに話かけられていました。
大きな会社ではどちらが普通なんでしょうか。

後者が大半であってほしいです。



カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 14 日 11:10

静岡へ。

今日は静岡の伊豆長岡というところに行ってきました。
山形から東京、東京から静岡とかなりの移動距離でしたが、必要としてくださる人がいることはありがたいこと。疲れも吹っ飛びます。

仕事が終わってから、新幹線三島駅から少し離れたところに住んでおられる、ブロックス元気印、綾部さんのご両親に挨拶に伺いました。
毎年お手紙は出しているのですが、きっと娘のことがご心配だと思います。私がお伺いしてもその心配はなくならないと思うのですが、頑張ってくれている彼女のことをご報告したいと思っていました。
でも、彼女はちゃんと連絡をしていたようで、ご両親は仕事や会社のことをとてもご理解いただいていて、ホッとしました。

それにしてもご家族にお会いする度に、大切なご子息をお預かりしているんだというプレッシャーが大きくなります。仕事のこともさることながら、親の願いは健康でいてほしいということだし、幸せに暮らしてほしいということです。やっぱり、そのことまで含めて責任を持たなければと改めて感じた一日でした。

お孫さんを中心ににこやかに過ごされているご家族の様子は、本当に幸せそうでした。
やっぱり家族っていいな~。家族との絆が人のパワーの原点なんだろうと思う光景でした。




カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 11 日 07:04

公園カフェ、準備中

私のパートナーであり、いつも刺激をもらっているのが西川弥生さん。平等な社会を目指して勉強をしたり、子供の虐待防止や子育て支援、人権活動など、地元の仲間たちと一緒になって様々な市民活動を続けています。
まあ自分も会社のことをほどんと話さないのですが、彼女はいつも決めてから「今度こんなことやる」と報告してくれます。NPOの団体を立ち上げると聞いた時も驚きましたが、今度は公園の売店の経営を行うのだとか。

市民活動の中からのご縁なのだそうですが、小さな店とはいえ経営をしていくのは大変なこと。その勇気と行動力には頭が下がります。支えてくれる仲間にも感謝の気持ちでいっぱいです。
私は、こんな感じにいつも物おじせず新しいことに挑戦していく彼女にいつも励まされています。
それにしてもこの公園は私の好きな場所のひとつ。ここに、いい店ができることは自分にとっても嬉しい話。全面的に応援していきます。

そんな訳で日曜日の今日は、5月の連休前オープンを目指して、古い店の掃除を手伝いました。ここは大阪の久宝寺緑地公園といって、八尾市や東大阪の市民の憩いの場。私も子供が小さい頃、何度も遊びに連れていった思い出の場所でもあります。
※久宝寺緑地:鶴見緑地や服部緑地など大阪の4大緑地のひとつ。敷地は38.4ヘクタールもあり、春は花見やバーべキューの家族連れでにぎわうところ。

Image017.jpg

売店は公園の外れの方だけど駐車場の近く。土日ともなれば結構な人が店の前を通ります。

Image016.jpg

掃除を手伝ってくれる人達もみんな商売の素人ばかりなんですが、あれやこれやとお店の構想を話し合うのは本当に楽しい。緑に囲まれて美味しいコーヒーが飲めたり、公園で遊ぶためのグッズがあったり、子供たちが楽しめるサービスを用意したり。夢やコンセプトがどんどん浮かんでいました。

仲間の一人が「儲けることも大事だけど、その前に私達が喜んでもらおうと、楽しんで生き生きと働いていたら、みんな集まってくるよ」と言っていましたが、本当のその通り。
いつまでも利用者の味方になって運営をしていくことが大事な気がします。

どんな店になるのか、今から楽しみです!



カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 09 日 09:06

伝わる文化

今日はいつもお世話になっている川越胃腸病院の小川さんからお電話をいただきました。
いつも思うのですが、電話口から伝わってくる優しい空気、ニュアンス。これはこの病院の皆さんのDNAなんでしょうね。
丁寧な言葉、相手を思いやる一言。電話はややもすると事務的になりがちですが、小川さんのちょっとした言葉に病院の理念や伝統を感じた時間でした。
マニュアルにならないこんな文化が大切なんだろうなあ。

いろんな植物を大切に育てられている病院の中庭に、もうすぐキレイなバラが咲くそうです。
また見に行きたいです。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 06 日 20:39

入学式

3月、4月はいつも忙しくて、桜をゆっくり見る暇もありません。
せっかく市谷や靖国神社の近くにいるのに、何とももったい話です。
明日時間があれば行ってみようかな。

さて、昨日今日はいろんなところで入社式や入学式があったようですね。
幼稚園の入園式に出席したと思われる一張羅の格好をした小さな子供と両親が、曙橋商店街を何人も歩いておられました。
私の娘も、新しい高校と大学に通い始めたみたいです。
日曜日、高校に行く下の娘が、ブレザーのネクタイの結び方を教えてほしいと言ってきたのですが、ちゃんとできたんかな。「疲れたサラリーマン風の外し方」を形態模写していたアホな娘、ちゃんとしているか心配です。バレーは中学でやめて高校ではバスケ部に入るらしく、さっそく勉強していましたが、勉強以外のことに熱心なのは、親とそっくり。でも何でも好きなことに挑戦して、思いっきり楽しんでほしいです。
今日は私的なことばかり書いてしまいました。




カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 05 日 21:24

同じ匂い

この間から、スコラコンサルトの皆さんとお仕事をする機会があります。
風土改革を早くから提案され、いろんな実績を持っておられる、うちよりも何倍も歴史のある会社なのですが、皆さんと話をする度に、ブロックスと同じ空気感、人生観を感じてしまいます。
時々、こんな会社の人と出逢うことがありますが、やっぱり「人好き、仕事好き」というのが共通点なのでしょうか。
こうした波長の合う人との仕事は楽しいし、生産性もあがる。やっぱり人が何かをする時には価値観が共通しているのがいちばんですね。
こうした波長の合う会社が連邦国家のようになってタッグを組んで結びつき合ったら、もっと面白いことができそうな気がする。
そろそろ、動き出してみようかな。





カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 04 日 15:06

満足を超えて

「お客様の満足」という言葉の「満足」というところに最近、非常にひっかかります。
「満足」か「満足でないか」と問われると、確かに満足のほうがいい。
でも、その言葉に「今だけ」とか「お金だけ」というニュアンスがあると感じるのは私だけでしょうか。

例えば、安さを求めるお客様に、安く提供するというのは意外と簡単なこと。でもその製品が本当にその人の生活に必要かどうか、あるいは幸せにつながるのかということ視点に立てば、高くなったとしても必要なものをお薦めすべきかもしれません。
今は多少不満が残っても、後々になって良かったと思うこともあるように、長期的な視点でお客様に役立つことを考えれば、「満足」という言葉では足りないような気がします。

そう考えるとやっぱり「幸せ」という言葉なのかな~。
自分の家族なら、友達なら。本当のプロフェッショナルならどうするか。
例えお客様のその場の満足につながらないことであっても、本当に幸せにつながると思ったことは、言いにくいことでも言いきる。それで、あなたのところでは駄目だと言われたらしょうがない。
消費者の立場になれば、誰もがそんな「プロ」を望んでいると思います。
しかし、それは説明力もいるし、技術力もいるし、責任力もいる、大変な道。儲かりにくい道かもしれませんが、やっぱりそこに進めねば、明るい日本にはならないという気がします。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 03 日 14:45

子供の成長

昔近所に住んでいた家族が遊びに来てくれました。
子供たちが同じぐらいの年齢なので、うちの子供たちと一緒に本当によく遊んだものです。
3人兄弟なのですが、もう上の子は大学生、真ん中の子も高校性、よちよち歩きの末っ子も中学2年生!びっくりしますね。

昔から絵が好きで、一緒に絵を書いて遊んでいたのですが、長男は大阪芸大、次女もデザインの道に進んでいきたいということでした。
知らないうちに、みんな大きくなって、大人になっていく。
我々の仕事と近い世界なので、もしかすると接点があるかもと思うと、感慨深いものがあります。
同時に、自分もそんな年になったのかと、恐ろしくなりました(笑)。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 04 月 02 日 22:05

3つの嬉しさ

昨日と今日のブログを読んで下さった方が、さっそくセミナーにお申込みをいただきました。
読んでいただけるだけでも嬉しいのに、さっそく参加をされるなんて、まさに「DOIT!精神」そのもの。
「動くこと」がやっぱり大事なんですね。
お目にかかれるのを楽しみにしています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、昨日もうれしいことがありました。
会社のみんなが私には内緒で、この春大学に入学した長女のお祝いを、直接子供に送ってくれていたんです。
長女からメールをもらって、初めて知りました。
あまり会社で話していなかったのに、子供のことまで考えてくれていたみんなの気持ちが、本当に嬉しい。長女に合うものをとプレゼントを探してくれたのだそうです。
本当に、みんな気持ちのいい人ばかり。ブロックスという会社は社長を除く社員の力で成り立っているんだと、つくづく感じました。
みんな、ありがとう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうひとつ嬉しかったこと。
あることが苦手で、どうしてもその仕事に熱心に取り組めなかったKさん。「仕事なんだからやらなけきゃ」という気持ちと、「でもいちばん苦手なことだし」というジレンマの中、決められたこと、最低限のことだけをやっている時期が続いていました。
それでも「やらなければ」と一念発起した今年。自分を奮い立たせてがんばってくれました。
数か月たった今では、自分で目標を立て、どんどんその仕事に取り組んでいます。メールの中にあった「楽しくなってきた」という言葉に思わずホロリ。
若い人が壁を乗り越えるということは、本当にいいものです。
さらに成長してくれる気がします。


カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 31 日 15:30

年度末に考えたこと

いよいよ年度末。
慌ただしい毎日が続き、ブログも久しぶりの更新となってしまいました。
今日は、定年退職される、ある会社の社長にご挨拶に行ってきました。
この社長には本当にいろいろとお世話になり、お人柄、仕事観、部下への愛情、いろんなことを教えていただきました。
部下の方からも信頼が厚く、みんな寂しそうです。

それにしても、長い間、会社で働く、勤めるというのは大変なこと。
この社長も38年間の会社生活の中で、辛いこともいっぱい経験されてこられたそうです。
それでも、その壁を前向きに乗り越え、長い会社生活を笑顔で過ごしてこられました。
やっぱり、人生において仕事は単なる生活の糧ではないですね。
「生きる」こと、そのものなんだと思います。
この素晴らしい生き方がたくさんの人の共感を生み、人の心に大きなものを残されています。

私もこんな定年を迎えたい。本当にそう思いました。

いよいよ明日からは新年度。

一日一日を本気で生きたい。
「こなす」とか「さばく」仕事はしたくない。
仕事で出逢った人と、深く濃く関わりたい。
仕事を終える時に、「あの一年は濃厚だったな」と思い返されるような一年にしたい。
やっぱり仕事は人生そのものです。


カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 27 日 19:39

ふろうしゃ。

自分でも飽きれるぐらい仕事の毎日。
フロー状態というのは、時間も忘れて没頭する状態のことを言うのですが、まさに毎日がフロー。
時々「ふろうしゃ」とか「フロー大将」と呼ばれますが、フロー状態から、ふと我に返る瞬間に、こんな生活で良いのかな~と反省してしまいます(笑)。
まあ、しょうがないですね。フローになってしまうのは中学生の時からの習性のようなものなので・・。
それにしても、何かを生み出すこと、作り出すことは人間にとって最大の喜びです。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 15 日 10:18

素敵なおっちゃん。

大阪の中津にある屋台のたこ焼き屋「さんちゃん屋」。
ある方に、紹介してもらって行ったのですが、味もさることながら、おっちゃん(さんちゃん)の人柄が抜群です!
顔は昭和の俳優さんのような感じだけど声はだみ声。とにかくいい感じなんです。

おっちゃんは、お客様を差別しません。
だから、やくざさんぽい人も、サラリーマンも、政治家も、タレントもみんな遊びにきます。
有名人だから態度を変える、というような人じゃないから、みんな安心するんでしょうね。商売人はこうあるべきだと思います。

いろいろと食べたのですが、美味しいのは「プレーン」。
何も付けない、ストレート直球のたこ焼きは最高ですよ。
場所は大阪の中津駅のラマダホテル大阪の向かい。ただし夜しかやってません。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 11 日 08:35

花粉が・・・

ついに、ひどい花粉症が発症。
一日中、グズグズと鼻水と目のかゆみと戦っていました。
薬を飲むと頭がぼーっとするし、何とかしなきゃと思いながらも、良い対策がありません。
目薬もなかなか効かないし、マスクは息苦しいし・・・。みんなどうしているんですかね。
平気な人がうらやましい・・・!

今日も素晴らしい社長に出逢いました。
我々の仕事の良さは、こうした良い社長に出逢えること。
この仕事に感謝です。



カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 09 日 21:13

メーカーと地域小売店

昔、多くのメーカーは自社商品を売ってもらうために、地域の小売店(専門店)に足げく通っていました。小さな店に対しては商品提案だけでなく、店づくりや販促の提案をしたり、店舗改装の支援をしたり、「系列」という名のもとで、まさに手取り足とり共同戦線を張っておられました。
私がまだ20代の頃は、それはそれは手厚いサービスの時代でした。

しかし、だんだん大量に販売する組織小売業が台頭してくると、手間暇かけて地域の小売店を応援するよりも量を買ってもらう方が良いと、だんだん力を入れなくなります。
営業マンも効率が求められるので、訪問する頻度が少なくなって、今では電話とファックスのみでのお付き合いになっているそうです。
だから、たまに訪問すると「手を抜くな」とお叱りを受けるのだとか。

古き良き時代は終わって、今は本当に味気ない商売になってしまっているんだな~と、あるメーカーさんと話していて、考え込んでしまいました。

地域の小売業も手取り足とりに慣れ過ぎて、メーカー依存体質になっていたのも事実なんでしょう。それでも、昔はあんなにお世話になったところを、効率が悪いと見放してしまうメーカーさんもメーカーさん。消費者の声をいちばんよく聞く小売店とメーカーが一体になってこそ、商売がうまくいくはずなのに、こんな関係ではお互いに良くない気がします。
自助努力をしない地域の小売業は、確かに潰れるかもしれませんが、消費者もみんながみんなネットで買ったり、量販店で買いたい人ばかりじゃないので、この「商店」という存在はずっと生き残るはず。
私はそう思います。

どちらかというと、ネット販売や量販より、「商店」を応援した私としては、この関係も応援したいところです。

小売店もメーカーを尊重し、メーカーも小売店を尊重する。
依存し過ぎず、言いたいことをちゃんと言い、情報を共有し、お互いが協力しながら世の中の役に立つものを提案していく。

小売店は無理な値引き合戦に与せず、独自の提案力とサービス力で勝負し、メーカーはそういう真っ当な販売をするところに、良い商品をおろす。
メーカーさんは量を売るから大事にするという発想を捨て、長く良い商いを志向するところと新たな販売網をつくる。
こんな関係が理想じゃないでしょうか。

大量販売の時代は終わって、今は物を大切にする時代。
今こそ、昔の商店に復活してほしいし、メーカーにも、質の高いものを循環させながら売るような努力をしてほしい。
アメリカの公聴会での豊田社長の涙ではないですが、やっぱり売る人と作る人が、利益ではなく心で結ばれながら歩んでいくことが、いちばん大事なんだと思うのですが、青臭いのでしょうか。




カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 06 日 17:38

JALに乗った

秋田の行き帰りはJALに乗りました。
搭乗の時に、CAさんと少し会話することがあり、「いろいろ辛いことがあると思いますが頑張ってください」と言ったら、降りる間際に上司らしき女性の方が、「温かい励ましの言葉をありがとうございました」と逆に御礼を言ってくれました。
以前も、そんな風に言ったら、涙ぐまれたCAさんもいましたが、頑張っている人をみるとやっぱりほっておけません。

JALについては、もちろんいろんなことがあるのは知っていますし、先日も「沈まぬ太陽」を読んだばかりなので過去からずっと問題が山積している会社なんだと思います。

ただ、いつも思うのですが、どんなに問題がある組織であっても、そこにいる人が駄目な訳ではありません。ちゃんと一人ひとりと話をしてみると、みんな真面目で一生懸命。
私はそう思います。

公務員の人だって、いろいろと叩かれて悪いイメージで見てしまいがちですが、個人的に話してみると全然イメージが違います。組織でのイメージとまったく違う姿になんども驚きました。

じゃ何が問題なのか。
やっぱり「組織」というものが問題なんでしょうね。
おかしいと思うことが言いにくい雰囲気や、上下の信頼感がなさ、あるいは部門の壁・・・、組織は人が作り出しているものなのに、一度形が作られると、「個人」より「組織」が強くなる性質があるんでしょうか。
真面目な人が多いからこそ、余計にそうなるのだとすれば、やっぱり経営に携わるものの責任は重大でなんですね。勘違いしないようにしたい。


カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 05 日 16:20

勇気

秋田のロケも2日目。
ある女性のインタビューが心に残りました。
今から10年ほど前のこと。当時、何かというと社員を怒鳴り、すべてを自分で決めるワンマンだった社長のやり方に、社員の誰もが社長を避け、嫌悪感すら感じていたそうです。当時、人事を任されていたその女性社員のAさんもその一人。しかし、これでいいのかという思いをずっと持ち続けておられました。
そんな時、あることがキッカケでAさんは、社長に思い切って言い返したそうです。思わず口に出た言葉は、上司に言うようなことではない。怒鳴られる・・・。Aさんは「これで終わった」と思ったとか。

しかし確かに社長は驚いたそうですが、予想に反して怒鳴られることはありません。まわりに説得され、謝りに行ったAさん。社長はAさんの言うことを聞いてくれたのだそうです。
そこから、Aさんの会社への思いが変わっていきました。言えば分ってくれるんだという思いから、どんどんと社長を理解しようという気持ちが増し、何かとサポートをするようになったそうです。辛いこともいっぱい乗り越えて、今では社長のなくてはならない右腕。私から見ても、うらやましいぐらい素晴らしい上司と部下の関係だと思います。
わかってくれる社員が出てくると、社長のマネジメントスタイルも次第に変わり、10年たった今では180度の変わりぶりだということです。会社はもちろん、社員が遠慮なくものが言える風土になりました。

私は、Aさんが語ってくださったAさんと社長の10年の歴史に本当に感動してしまいました。Aさんの勇気が物事を動かしていった。人と人のひとつの信頼が大きな輪になっていったんです。

会社は「人」で出来ているんですね。やっぱり。
どんな立場であろうが、一人ひとりがちゃんと向き合って、心を開いていくところからしか、何事も始まらない。本当に勇気がいることだと思うのですが、ちゃんとした組織にしようとするならば、やっぱり「真剣に向き合う」「腹を割って話し合う」ことは欠かせないんだということなんですね。

私は、Aさんから、そしてそのAさんをちゃんと受け入れた社長から、いろんなことを教わった気がします。やっぱり、世の中には「いい人」しかいない。そう思います。






カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 04 日 07:37

愛のトップダウン

今日から再び秋田。
忙しい制作部の助っ人としてある会社の取材にプロデューサーとして参加しています。

今回は2日間という短い期間でどれだけ内容の濃い、良いシーンが撮れるかが勝負。あの人もこの人もとやっていると活動の素晴らしい場面を撮る時間がないし、そこにこだわり過ぎるとインタビュー時間がなくなる。この相反する要件を睨みながら、予期せず起こる出来事を待ち、緊張感がなくなるように対象となる企業の皆さんとの距離感を詰め、それぞれの専門スタッフが余計なことにとらわれず仕事ができるように気を配る。
このパズルのように複雑な状況の判断をしていくのが現場でのプロデュース力なのですが、こんなに面白いものはありません。
現場に出てしまうと、面白くて面白くて駄目です。つい燃えてしまいます。
難しいほどいいですね。

また、今回の対象、ある自動車ディーラーさんなのですが、この人たちの本気さは見ていて感動を覚えます。

こちらの会社は、一人ひとりがリーダーシップを発揮する、生き生き社員のボトムアップの組織です。
それでも、この組織を作り出してきたのは、トップの圧倒的な決意と行動力。一度決めた方針は誰が何と言おうと貫き通す強さから生まれています。

ビジョンに向かってトップが進むべき道を決めるのですが、その道を進む車は「自走」しなければならない。このトップは車を押したり、走れと号令をかけたり、しないのです。
ただ、その道に障害があれば取り除き、走りやすい環境を整えるだけ。後は我慢・・・。

北朝鮮の指導者のような強引な部分と、マザーテレサのような愛の行動という両極端な部分が、経営者という仕事には必要なのだと、この社長とお話をしていて改めて考えました。
でも強引がいちばん難しいし、恐いのですが。

お酒の時、「金正日みたいなところがありますね(笑)」と冗談を言うと、「そうなんだよ、誰かも言ってたなあ、ワハハ」と豪快に笑っておられました。

今では社員が笑顔で寄ってくる社長ですが、10年前は恫喝のように社員を怒鳴る、恐い恐い社長だったそうです。その時は本当に孤独だったし寂しかったとしみじみとお話されていたのですが、その時の表情が、今日の撮影の中で、私はいちばん印象的に残っています。

継続の秘訣は何ですが?と聞くと、「こうなりたいという夢を強く持つこと」。そして「会社は誰のものか」を良く理解することと教えていただきました。
ありがとうございます!

大好きな社長がまた増えました。









カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 04 日 00:37

日本再生プログラム~教育編~(西川案)?

三人娘の長女の芽生は先日大学の合格が決まり、家でのんびりしています。猛勉強していたのだから1カ月ぐらいいいかと思う気持ちも半分、こんな時こそやりたいことをやればいいのにとけしかけているのですが、いちばんやりたいことはグータラすることなのかもしれません。

時々考えるのですが、日本を再生するには、中学・高校のあり方から見直していかなければならない気がします。
日本再生プログラム西川試案(教育編)というと大げさですが、こんなのはどうでしょうか。

まず、高校の授業料はぜんぶ国が面倒を見る。民主党に賛成です。
その代り、徹底的にしごきます(笑)。

まず、3年で学んでいる現在のカリキュラムを、とにかく2年で終わらせる。授業時間を延ばします。
ただ部活も大事なので、部活後に2時間勉強させる。無理なら土曜日も授業をしていいでしょう。
とにかく一生のうちに2年ぐらい、無茶苦茶に勉強する時間があってもいいと思うのです。
この時代は体力だけが取り柄なんですから、大人が8時間働くなら、それ以上頑張れるでしょう。
昔の人は本当に時間を惜しむように勉強したのですから。

しかし、なぜ学ぶのか、何のために生きるのかという根本を中学生ぐらいから授業として入れていかないと、さぼるやつは出てきそうなので、それもちゃんとやる。

そして3年になると、授業の一環としてボランティア活動と職業体験を行います。いわゆる「体験学習」です。
週の2日間は清掃ボランティア。地域の清掃、ゴミ収集の手伝い、学校の掃除。

そして残り3日は、地域に出て仕事をします。
仕事をする場所は、林業や漁業など、今人手不足で困っている業種や町工場。あるいは継ぎ手がいない商店などの中から希望があるところ。

半年間、そうしたところで働いた後は、DOIT!で取材したような「人が生き生きと働いている企業」に1カ月ぐらい体験入社。この企業については私が選びましょう!

仕事をさぼる子供は、即留年。ちゃんと仕事をしたら、半年に1万円ぐらいの初任給を渡してもいいかもしれません。

もちろん、働く時間は定時でいいのですが、毎日日報を書き、今日の気づきと感謝の気持ちを毎日書きます。お世話になった人、お客様には手紙を書き、感謝を学んでもらいます。
もちろん初任給の使い方も指導します。
そう、親へのプレゼントを買い、人を喜ばすことにしか使わせません。

こうして若い人が現場で労働の意味を知り、楽しさを学ぶことで、地域との交流ができるし環境も良くなる。また、人手不足で悩んでいる企業の助けになり、後継者の発掘にもつながる。

そして3年の最後の2カ月ぐらいで、高校時代の締めくくりをします。
自分達で、社会に貢献するプランを練りあげて、プレゼン大会をします。新しいビジネスでも、福祉の新しい方法でも、教育のあり方でも、何でもあり。
とにかく「自分の頭で考えること」「つくる喜び」を体験して終わり。

最後に100キロ歩け歩け大会に参加するのも義務化するのもいいかも(笑)。
もちろん授業にはDOIT!。94巻全部見てから社会に出てほしいものです。

とにかく、知識教育もがんばり、体験教育も頑張らせて、心を育てることが大事なところ。
先生も一緒に働いてみると、もっといいかもしれませんね。

私の卒業した京都の高校は、本当にこんなカリキュラムでした。
お金をもらわないで働いてみると、純粋に仕事の楽しさや意義がわかるようになります。

いかがでしょう。鳩山さん!



カテゴリー : 思うこと

2010 年 03 月 02 日 15:34

CSぐらいちゃんとやります。

今日は講演でお知り合いになったある会社のCS推進部の皆さんとお話をしていました。
講演で私が、「もうCSなんて言っているから駄目なんじゃないでしょうか」とひどいことを言ってしまって、反省していたのですが、お話を聞くとますます、それじゃかわいそうだと思ってしまいます。

そもそもDOIT!で取材した素晴らしい会社には「CS推進部」などという部署はありません。
お客様を喜ばせるとか、ご満足いただくというのは一部署が取り組むことじゃないはずですし、「部分」とか「仕組みのひとつ」と考えるから変になるのでは?というのが私の考え方。
前提条件にならないのがおかしい。そんな感じなんですが、変ですかね。

お客様を幸せにするというのはそもそも企業の存在意義であり、ひいてはそれが社員のやりがいを高めるための大事な要素。
それなのに、最近は「CSブームが去った」からとか「役目が終わった」とか、「CSより業績が大事になってきた」などの理由で、かつてトップが声高に叫んでいた「CS」の梯子を下ろし、片手間のようにお客様の声を集めている。社内でもそんなに重要なポジションだととらえらられず、ほそぼそとやる・・・。
そんな感じなので、私はなんとかしなければ、助けてあげたいといつも思ってしまいます。

そもそも、CSの社内展開も、聞けば聞くほど「それじゃ社員はやる気をなくすんじゃないですか」と思うことばかり。
これをやりましょう。これはいけません。マニュアルじゃなく心で・・・。

こういう手取り足とり、チェック型のCSをもし私が現場で受けたなら、やる気なくすだろうなあ、きっと。
この話でいつも思い出すのが、子供のころの宿題。

お母さんが「勉強はすんだの?」と口やかましく言う。子供はいつもこう思う。
「今やろうと思っていたところなのに。」
「いちいち言うからやる気なくなっちゃった」

どの人も子供時代にこれでやる気無くしていませんか。
それでも怠惰な子供時代は、口やかましいお母さんのおかげで、勉強をしたかもしれません。
でも大人になってまで、箸の上げ下ろしようなことを言われるって、どうなんでしょう。

ちゃんとやりますよ。大人なんですから。お客様に喜んでもらうことなんて当たり前のことなんですから。
と皆でいわなければならない時代なんでしょうか。

私は全国の企業、CS推進部の皆さんの味方として応援し続けます!





カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 27 日 16:21

やっぱり現場で見てほしい

ある会社の教育担当の方が、仕事の原点シリーズを使った勉強会に、まだ自信がないから、一度やってみてくれないかとご相談があり、土曜日ということと、大阪に戻る用事もあったので、朝からお手伝いをさせていただきました。

途中入社の皆さんのフォローアップ研修の一部。私の時間では「チームワーク」を上映し話し合っていただきました。最初は話し合いに戸惑うこともありましたが、皆さんだんだん熱を帯びてきたのか、活発に話をされるようになり、最後の感想では、みなさんが「良かった」と言ってくださいました。

ただ、私はこうした研修に参加していつも思うのは、集合研修の時代はもうすぐ終わってしまうんじゃないか?ということです。
なんというか、もちろん大切なこともわかるので、全部を否定しているのではないのですが、知識だけの教育ならEラーニングでも対応できますし、もっと効率のいい伝達方法は山のようにあります。

特に我々のようなCSやESなどの内容、あるいはマインドアップのものは、やっぱり現場単位で、職場全員でやるべきだと思うんです。

ただ感じた、学んだ、良かったで終わっては、本当に意味がない。
じゃ、どうする?何をする?どこを変える?と具体的なアクションに結び付けないと、「研修のための研修」に終わってしまいます。

私たちの映像は、真似しやすい事例もたくさんあるし、仕事のヒントや発見が生まれることもあるはず。
それを、いかすのはやっぱり「教室」ではなく「現場」。

ですから、皆さん。ぜひDOIT!や仕事の原点シリーズは、現場の仲間と見て話し合ってみてくださいね。

集合研修でも使えるけど、やっぱりいつまでも現場での教材であってほしいと思う、体験でした。


そして午後は、大久保さんと弊社の小出君と来期の打ち合わせ。
お二人は東京でしたが、テレビ会議で相談させていただくことにして、たっぷりお話ができました。
忙しい大久保さんに、わざわざ来ていただけるのは、本当に申し訳ないのですが、「私はブロックスの応援団だから」といって、立ちよってくださいます。
ほんとうにありがたい・・・。大会社の役員の方や政治家の皆さんと懇意にされていて、普通なら合えないような方なのに、そんなオーラは一切感じさせず、私たちのような小さな会社でも、自然体でいてくださいます。そこが好きなところ、尊敬するところなんですが、そうしていただく度に、そのご期待に添える会社でありたいという気持ちも強くなります。

頑張るぞ!









カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 27 日 01:28

先にやること

自分ができている訳ではないので、偉そうなことは言えないのですが、若い人たちはやっぱり自分の苦手や面倒なこと、難しいことなどを後回しにしがちです。

得意なこと、簡単なこと、楽なこと。
そこは進んでできるのですが、それだけでは何も成長しません。

苦手なこと、面相なこと、難しいことからやる。
どうせやらなければならないことなら、早く片づけるほうがいい。

苦手なこと、面倒なこと、難しいことをやるのはもちろん相当なエネルギーがいりますが、そんな仕事だから、能力が高まり、できる範囲が増え、新しい仲間も増え、経験を積めばどんどん楽しくなっていくと思います。

それを、後回しにするから、余計に問題がこじれ、できることも出来なくなり、「嫌だ」という気持ちがさらに増す。
ますます苦手になり、避けようとする。
この悪循環を断ち切るのは、真っ先にやること。
これしかないと思うんですが・・・。

私もいつもできている訳ではない。
でも、「嫌なこと、面倒なことが残っている」という気持ちでいるは本当にうっとうしい。
だからやる。私の理屈はそれだけです。

仕事を楽しくしたいなら、
苦手なこと、面倒なこと、難しいことからやりましょう!
ブロックスの皆さん。




カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 25 日 23:11

17時間

昨日は東京の試写交流会。
鬼丸さんも駆けつけてくれました。
皆さんの前で鬼丸さんの活動をご紹介したら、すぐに感じ取っていただいた方も多く、さすがDOIT!の視聴者の皆さんだと思いました。

そして今日は朝早くから夜遅くまで仕事に精を出しておりました。
訪問と会議と電話などでの打ち合わせ、シナリオの修正など
今日の延べ労働時間は17時間。昼休みは8分。移動中も電話がなりっぱなし。
なかなかの濃い一日でした。昨日からこんな感じです。
でも今日も、全部の仕事に張り合いがありました。

こんな日ですら、楽しいと思ってしまうから、変態だと言われるのでしょうか。


カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 19 日 17:46

重いバトン

大手企業の子会社で、研修や教育の専門にやっておられる会社の社長は本当に素晴らしい方で、私が尊敬している先輩の一人です。この春に38年間の会社勤めを終えられご退職されるのですが、この社長の温かさ、人情の深さは本当に忘れられません。

自分の利益や保身などは一切考えられず、人のため部下の幸せの為にあるべき姿を考える。交渉に表裏はなく全部直球ストレート。こんな私にさえ温かな愛情を注いでくださいます。
部門の壁や人よりシステムの風潮、業績追求によって疲弊した組織風土など、大きな会社の悪い部分を何とかしたい。出逢いの時から、この社長の思いは変わりません。

出来る範囲で収まるのではなく、時には自分の責任範囲を大きく超えてまでも打って出る。「後は任せておけ、俺が責任をとるから」という社長です。
こんな上司のもとで働きたいと思う人はたくさんいるでしょうね。

この春に多くの先輩が会社から退かれると思うのですが、我々の世代はそのバトンをしっかり受け取る義務があります。それは文字には出来ない「魂」のようなものかもしれませんが、日本人はこうして心と心で「大切なもの」を受け継いできたはず。
年代のせいなのか、私は最近このバトンの重さを最近は痛感しています。
私も後何十年か働きますが、相手に「重い」と思われるバトンを渡せるような仕事をしていかなければ・・・。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 16 日 08:41

いろんな人がいてこそ

「不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか」やその解決編「職場は感情で変わる 」などの著作を出されているジェイフィールの高橋さんは、前職からずっとDOIT!を応援してくださる仲間。
本の中でも紹介してくださったり、セミナーに来ていただいたり、 年代も近いことから何かとご縁があります。

今日は久しぶりに高橋さんと合いました。
お互いの仕事のこと、組織の風土のこと、教育のこと、いろいろと話をしましたが、やっぱり人の心や感情の問題は一筋縄ではいきません。そうした人が集まる組織が生き生きとしてくるには、一人ひとりの心の成長が不可欠だと思います。忙しいなかでのちょっとした挨拶や気遣い、職場での一人ひとりの温かい心。仕事を通して人として大きくなるような風土がやっぱり大切なんだろうねと話し合っていました。

その後もいろいろ考えていたのですが、やっぱりどんな人も認める心が基本。暗い人、愚痴を言う人、偉そうな人、傲慢な人、職場にいるいろんな人をまず認める。尊重する。
自分の好き嫌いは別として人としてしっかり認めていくことが、良い職場のスタート地点のような気がします。自分はまだまだ心が狭く、いらいらしてしまうこともありますが、少しずつ前進していきたいと思います。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 13 日 18:54

バレンタインデー前日に

ブロックスの女性スタッフの皆さんからチョコレートをもらいました。ブロックスは男性陣が多いから本当に費用だけでもたいへんだと思うのですが、やっぱり贈り物をもらうのは嬉しいものですね。
本当にありがとうございました。

我が家の娘達は、誰にチョコレートをあげるのか。
父親としては気にするべきところなのでしょうが、どうも娘は誰もそういうことに疎い感じで、そわそわしてチョコを買うというような場面に出くわしたことがありません。
3人とも、年頃の女の子なのにそいうことでいいのかと思いながらも、実際にそんな場面を見てしまうのも嫌な感じもします。
私も難しい年頃なのでしょうか。



カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 12 日 18:19

マスコミって・・・

トヨタのリコールが話題になっていますが、確かに経営陣の対応のまずさはみんなが指摘している通りなのだと感じています。でも、この何でもかんでも一方的にトヨタを悪く言う日本のマスコミの姿勢はいかがなものなのでしょうか。
小沢さんの問題にしろ、全部が一方的。加熱させた方が読んでくれる人も多いからあおっている、とは言いませんが、もう少し違う視点からの考察があったっていいのでは・・・。

新聞もテレビも、最近は何かというと意識調査を出して、「ほれみろ、こんなに国民は怒っているぞ」と悪い方向を示そうとしたりするのですが、そもそも、そのアンケートの質問項目は本当に正しいものなのか、そこが気になります。
質問のちょっとした言い回しで、誘導されることだってありますし、「どちらでもない」という項目だって片寄らせようと思えば片寄らすことだってできそうで、私はアンケートがなかなか信じられません。

表情や言葉のニュアンスが伝わるテレビは新聞よりも事実をリアルに伝えているというのもどうでしょう。確かに一面はそうだとしても、編集や効果で印象は大きく変わるし、コメンテーターの反応に影響を受ける可能性も大きい。
こうなると、複数のメディアを比較して読むしかないのですが、それも時間が限られて実現できる人は少ないのでしょうね。

疑ってかかるという姿勢は自分でも嫌になるのですが、マスコミ報道だけは心してかかりたいと思います。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 11 日 00:44

charenged

欧米では10年ぐらい前から、障がい者のことを「charenged」(チャレンジド)と呼ぶようになっているようですが、以下のような定義があるそうです。

「人間には、誰でも生まれた時から必ず、自分の課題に立ち向かう力が備わっている。神様から挑戦という使命、またはチャンスをより広く与えられた人」

先日、三宅先生の講演で聞いたこの呼び方。
自分に置き換えても、自分を障害者と呼ぶよりは、こちらの方が確かに前向きになれそうです。
ただ障がい者の皆さんの中には、この定義に疑問を持つ人もいて一般化していないようですが、私はこの発想というか、考え方に感銘を覚えます。

私は身体に障がいはありませんが、こうして仕事をしているといろんな課題や重たく逃げ出したくなるような問題も舞い込んできます。
それを不幸だと思うか、挑戦の機会だと思うか。
問題は同じでも思い方は自由に変えられます。
要は自分自身の定義の仕方。

自分のフレームや定義を変えることは難しいのかもしれませんが、そこにポイントがあるような気がします。

カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 09 日 17:41

切に生きる。

三宅医院の三宅院長のお話が心に残っています。

産婦人科は、人間の命が生まれる場所。
これまでに何千人もの命を取り上げてこられた三宅先生は、もともと命に対する思いが強いのかもしれませんが、もっと人生を深く考えるようになった転機は癌を患ったことだそうです。

その後その癌を克服され、今は元気にされているのですが、死に直面してからは人生観が変わったそうです。苦しい病気も、どんな苦労もみんな有難い。何もかもが喜びとして受け入れられるようになったのだとか。

三宅先生が、渡してくださった資料にこんな文章がありました。

「切に生きる」(道元の逸話より)

切に生きるとは、ひたすら生きるということである。
いまここの一瞬一瞬をひたむきに生きるということである。
小我を忘れ、何かに懸命に打ち込むことである。
その時、生は本然の輝きを放つ。

是の処は即ち是れ道場。
苦しい死の床にあるこの場所も自分を高めていく道場。
道元はこの言葉を唱えながら亡くなったという。

「はかない人生を送ってはならない。切に生きよ」
道元が死の床で私たちに残した最期のメッセージをかみしめたい。

・・・私は死を意識した経験がありませんが、若い時よりも「自分の最期」をイメージする時が多くなりました。
確実に誰も死ぬ。これをもっとリアルに考えてみることも大事なんでしょうね。

今日、この一瞬をしっかり生きていきたい。





カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 04 日 20:37

名画の数々

東京の新宿、損保ジャパンビルの最上階に東郷青児美術館があります。
今日はある方のご紹介で、昼休みにその美術館を見学してきました。

この美術館には、あの有名なゴッホの「ひまわり」があります。
日本人が何十億円で落札したというあの名画、初めてみました。

新宿で長い間仕事をしているのに、これを見ていないなんてなんともったいないことをしていたか・・・。反省です。
やっぱり、生で見るのは違いますね。作品のオーラというか、神々しさが素人の私にも伝わってきます。
「黄色」の中にある様々な色合いがなんとも不思議です。

隣に飾ってあるのは、ゴッホの尊敬した画家、ゴーギャンの「アリスカンの並木路、アルル」という作品。これも凄い絵です。私のような素人が比較するのはおこがましいのですが、どちらが好きかと問われれば、私はこちらと言いたい。
こんなにも人間は色を使い分けできるのか、と驚いてしまう作品でした。

その他にも、セザンヌの「りんごとナプキン」や館名の東郷青児氏の作品が常設展示されていて、教科書で見たような作品が気軽に鑑賞できる美術館のようです。

もうひとつ、気に行った画家がありました。

それがグランマ・モーゼス
何とも温かい、人柄が伝わってくるような絵です。後で聞いたのですが、この方はモーゼスばあちゃんと親しみをこめて呼ばれている画家で、なんと75歳から絵を始め、101歳まで現役で仕事をされていたのだとか。
すごい人生ですね。

ところで、この写真は、美術館から眺めた東京の街。
天気が良くて、新しく誕生するスカイツリーも見えました。

DSC02905.jpg


なかなかゴージャスな昼休みでした。






カテゴリー : 思うこと

2010 年 02 月 01 日 21:59

大切にしたい会社

坂本先生の「日本でいちばん大切にしたい会社2」が出たということでさっそく購入。
なんと、ここに出ている8社の企業の4社までDOIT!の登場企業ではないですか。

坂本先生も沢山の中小企業をご覧になられてきたそうですが、私もたくさん見てきました。その沢山の企業の中で、「ここが良い企業」というところがこれだけ重なるというのは本当に不思議な感じがします。

自分の選択肢も間違っていなかったのかと思いながら、良い企業は日本にそんなに多くないのかもしれないという不安も。
日本にはこんな会社がいくつあるのでしょうか。探すことが難しくなってきていますが、まだまだあると信じてがんばります。




カテゴリー : 思うこと

2010 年 01 月 23 日 16:30

日本を元気にする地域勉強会

先日の「DOIT!フォーラムin福岡」は、本当に皆さんに喜んでいただけたようで、アンケートを見ても高い評価をいただき、ホッとしています。

やっぱり「もっと地方で開催してほしい」という声は強く、今後もどんどん地方でやっていきたいですね。

こうした大きな規模のセミナーだけではなく、東京や大阪でやっている「試写交流会」や、「DOIT!ワールドカフェ」あるいは、「上映会」など、小さな規模のものでもいいので、とにかく、皆さんが元気になる企画、思いが同じ仲間同士が交流できる場を、どんどん増やしていきたい。そんな気持ちが強くなっています。

ただ、なかなか地盤のない地方でやるのは結構たいへんで、もし、ご協力いただける方がいると、非常に助かります。

私はこんな勉強会をしているんだけど、一緒にコラボしませんか?とか、DOIT!のファンなんで何かやりたい。
そんな思いがある方は、ぜひお声がけください。

熱い勉強会が広がると、きっと日本も元気になってくると思います。




カテゴリー : 思うこと

2010 年 01 月 21 日 16:56

一流のオーラ

昨日の夜、DOIT!フォーラムが終わってから、久保社長の車で小倉まで送っていただき、黒崎店でカットをしてもらいました。
黒崎店はこの間の取材でも大変お世話になった店のひとつ。
4か月前にスタイリストになった「やよさん」に、担当してもらいました。
93号ではまだアシスタントで、映像の中ではアシスタント会議の司会をしていた人です。まなちゃんの良き先輩。黒崎店のムードメーカー、癒し系のスタッフです。

カットが終わりかけた頃、一緒に店にいた久保社長が、「みてやろう」と私の椅子のところへ。
「こうやってカットしたほうがいいよ」と私の髪をカットしながら、みんなに指導をしてくれることになりました。

DSC02728.jpg

今ではまったくハサミを持たない久保社長ですが、創業時はカリスマ美容師として全国から注目されていた伝説の美容師。ふだん、社員のみなさんの前でもカットをすることはなくなっているということで、やよさんも、他のスタッフも初めてみる久保さんの技術にくぎ付けになっていました。

ハサミを持つ久保さん。
その表情や雰囲気はいつもの講演の時とは違い、オーラというか、神々しさというか、何か私にまで伝わってくるものがありました。
一流のプロというのは、こういうものなんですね。極めた人ににしか出せない、独特の雰囲気があるんでしょうね。

この体験は、私にとって最高のプレゼント。
久保さん、やよさん、黒崎の皆さん、本当にありがとうございました。





カテゴリー : 思うこと

2010 年 01 月 19 日 18:44

飛行機とグライダー

2008年に東大・京大で一番読まれた本というオビで文庫化され、今人気の本、「思考の整理学」(外山滋比呂著)の最初の方に書いてあった「グライダーと飛行機の話」は、今企業で若手の教育をしている人には、「まったくその通り!」と思った人も多いのではないでしょうか。私はうまい説明だと思いました。

今の学校教育は自分のエンジンで飛ぶ飛行機ではなく、誰かに引っ張ってもらって飛ぶグライダー能力ばかりが身について、飛行機能力を育てることがうまくいっていない。つまり、受動的に知識を得るのがグライダー、自分でものごとを発明したり発見するのが飛行機。グライダーでも飛べるのだけど、これからの時代は特に飛行機能力がないと難しいから、グライダーにエンジンを積む方法を考えようというのがこの本の主旨です。

私自身は、まずグライダーが弱い気がします。しかも、高性能ではなく、ポンコツエンジン搭載の飛行機なので、人がみてもキレイに飛べないの状態。
でも、風には強いし、低空飛行とはいえ自在に飛んでいる実感があるので、楽しい。
これで、グライダーを磨いてうまく風を利用すれば、もっと効率よく飛べるのでしょうが、すぐにエンジンをかけてしまうので、逆に不効率になっている。こんな感じです。

若い人には、もっと飛行機になってほしいと常々思っていますが、私の実感では、「体験」を増やすとエンジンが磨かれる気がします。
現実にぶつかっていく。それも20代の前半に。
失敗して、落ち込んでいくことが、飛行機を磨くことの大事な方法だと思っています。

これは、バグジーさんの取材で二年生のインタビューをしていて、強く感じました。
彼らは、2年目で飛行機が出来あがっています。
全員が「自分の理屈」を「自分の言葉」で話んです。

今度のDOIT!94号には、何人かの二年生が出ていますが、みんな大したもんです。
やっぱり、教育なんですね。
教えすぎない教育、良い苦労をさせる教育が大事なんでしょうね。







カテゴリー : 思うこと

2009 年 12 月 31 日 18:50

今年もお世話になりました。

いよいよ大晦日です。私も、今日から休みに入りました。

久しぶりに家にいると、新しくできた家のルールがわかりません。ゴミを捨てるにもいちいち家内や娘たちに尋ねないといけないし、間違えるとやたらツッコミを入れてきます。
誰かが間違いにツッコミ、私が誤り、それを次女の未生(みお)がケタケタと笑う。このパターン、何度もありました。
まあ、こんなのも楽しいといえば楽しいですが、だんだんと娘が自分よりも偉くなっていくこの感じ、どうなんでしょう?

さて、今年もいろいろありましたが、DOIT!をはじめセミナーや映像制作で多くの皆さんにお世話になりました。メルマガやブログもたくさんの人が応援してくださって、本当にありがとうございました。

先ほど、ようやく「マイクレド」の改定が終わりました。

来年は、もっともっと自分自身を磨いていこうと思っています。
仕事も新しいことにどんどんチャレンジしていきます!

どうぞ、来年もよろしくお願いいたします!
皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 12 月 30 日 17:44

年末の上野アメ横

今日は東京で最後の仕事。

年末の上野で撮影があり、午後からそれに立ち会っていました。
撮影場所は上野アメ横のすぐ近く。
年末とあって凄い人だかりで、これぞ年の瀬!という感じの風景でした。

それにしても、買い物をしている人は、みんな楽しそうです。
売るほうも、これだけ人が集まってくると、どの店も活気に満ちていて、販売員の皆さんの顔も生き生きしてます。
皆さん、きっとこの雰囲気も含めて買い物を楽しんでいるんでしょうね。

上野アメ横は、戦後の食糧難の時代に始まったそうですが、昔も今も人は、こんな風に物の売り買いを通して元気になっていったんだろうなと、そんなことを思いながら歩いていました。

撮影していたキムチの第一物産さんの本店(東上野)も、夜までたくさんの人で賑わっていました。
「ここのキムチはうまいんだよ」と遠くから買い物にくる常連さんがたくさんのキムチを買って帰られていましたが、やっぱり「本物の商品」を作ってきた企業は強い。お客様の買い方を見ていると本当にそう思います。

手を省く時代にも、手を省かず本物にこだわって作り続けてきたキムチは、辛いけどたっぷりの愛も入っているようです。

DSC02567.jpg




カテゴリー : 思うこと

2009 年 12 月 29 日 20:15

年末、いい感じ。

世間は年末のムードになってますね。
私は今日と明日仕事をしたら、休むことにします。

今年は一年を振り返ってみたりしているのですが、自分自身とすれば、かなりいい一年でした。

少しずつやってきたことが、実りになってきたこと。
期待していた変化が起きてきたこと。
良い習慣が身についてきたこと。
いい人とたくさん出会えたこと。
納得のいく仕事がかなりできたこと。
みんなの成長と心のつながりが深まったこと。
新しいことにたくさんチャレンジできたこと。

2009年は本当に充実の一年でした。
もちろん、まだまだ積み残していることもいっぱいあるのですが、そのことも含めていい感じの年末です。

今年の年初に立てた「ブロックスイノベーション100」という目標は、ブロックスの中で100個のイノベーションを起こそうというもので、これまでのやり方を変えたり、新しいことを始めたりすることを、みんなでどんどんやってみようという目標でした。
最終的には61個のイノベーションと、100には届かなかったのですが、こtれに挑戦したことは良かったと思っています。

来年はもっともっと変化して、もっともっと「感動の仕事」ができるブロックスになりたいです。
みんなで仕事に没頭して、入り込んで、感情移入をしまくって、ぶつかって、泣いて、笑って、たくさんのお客様に喜んでもらって、笑ってもらって、泣いてもらって・・・。
今年は相当熱い一年だったね~とみんなで振り返って泣きたい。

そんな2010年にしたいと思っています。
やるぞおおおおお!

カテゴリー : 思うこと

2009 年 12 月 16 日 10:22

気持いい仕事!

デジタルカメラが故障したかと思うと、数週間後に携帯電話が故障。

修理に出していたのですが、両方とももうすぐ戻ってくることになりました。
カバンにがさっと入れたり、手入れもほとんどせず酷使するので、罰があたったのかもしれません。
なくしてわかる物の大切さ。身近なものこそ大事にしてあげないと・・・。

使い慣れない代替えの携帯電話に悪戦苦闘しながら、反省をしています。


さて、最近ある会社のご依頼で映像制作を進めているのですが、その会社の担当者の熱い思いにとても刺激を受けています。

その方は映像を作るということは初めてで、きっとわからないことだらけで大変だと思うのですが、そんなことはひとつも言わず、とにかくいいものを作ろうと一生懸命に取り組まれます。

私もかなり粘っこくとことん取材するタイプですが、その人も負けていません。もっと理解したい、わかりたい、そしていいものを作って関わった人に喜んでもらいたい。そんな気持ちでぐいぐい来られます。

この一体感。この押され具合・・・。やっていて、こんなに気持ちいい仕事はありません。
私も絶対にこの人を喜ばせてあげたい、協力したいという気持ちがどんどん高まってくる感じです。

これまでいろんな仕事をしてきていますが、つい私の方がお客様より燃えてしまって、先方が「これでよい」と言ってくださるのに、「いやもう一度考えましょう」などというちぐはぐなことが時々あります。

そんな時は自分の一人相撲を反省するのですが、今回はがっつり本格的大相撲。
仕事はお客様と一緒に作るもの。お互いの心がひとつになって、本気になることは本当に気持いいです。



カテゴリー : 思うこと

2009 年 12 月 15 日 09:46

受け継がれる味とこころ

来年創業50年を迎える、東上野のキムチの老舗「第一物産」の黄(ふぁん)社長と食事をしました。黄さんは3代目の経営者。お祖父さん、お祖母さんが心をこめて大事にしてきたキムチの味は、二代目のお母さんに引き継がれ、今、新しい世代に引き継がれています。

私も何度もここのキムチを頂いているのですが、だんだんとその味の深さがわかってくるようになりました。ただ辛いだけでもない複雑な味わいは、言葉ではなかなか表現できないのですが、スーパーで売っているものと食べ比べたらはっきりわかります。
これが韓国の伝統なんでしょうね。
日本でもぬか漬けが代々引き継がれていくように、韓国でもキムチづくりは母から子へと伝承されていくのだそうです。そこで伝わるのは単なる知識や情報の伝承ではなく、「知恵」や「心」。
キムチを愛し、多くの人に知ってもらいたいという、黄さんの熱い思いを聞いていると、本当にそのことが伝わってきます。

本店は東上野の小さなお店。年末はその店に前がお祭りのように行列ができるのだそうです。
食べる人の気持ちを考えた、愛情たっぷりのキムチ。私はかなりはまっています。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 12 月 09 日 19:55

経営勉強会での学び

今日はブロックスの社員研修のひとつ、山崎宣次さんの「経営勉強会」の日。

今日のテーマは「素晴らしい経営理念を確立する」でした。

以下が勉強の項目ですが、ひとつひとつが重く深いので、時間がいくらあっても足りません。
でも、みんな、あたらめて「経営理念」の原点を考える時間ができました。

1.経営者の最も大切にすべき仕事
2.企業繁栄のためのビジネスプロセス(BSCについて)
3.企業繁栄のための王道は、世のため人のために尽くそうとする願いを強く持つこと
4.松下幸之助「実践経営哲学」より
5.経営理念とは何か?(経営理念の構造)

2番のことは、山形フォーラムでも話をしていただいたのですが、、
山崎宣次さんが、何十年も前にダスキンの創業者と一緒につくったフレームが、今のバランススコアカードと同じだったという話はとても心に残っています。
しかし、「言葉」と「地下」の考え方は、鈴木清一さんならでは。宣次さんがまとめてくださったフレームを少しだけご紹介します。

4F 利益と共に発展する(財務の視点)
3F お客様に喜びを提供する(顧客の視点)
2F 仕事の優秀性を追求する(業務プロセスの視点)
1F 人の成長を手助けする(学習と成長の視点)
しかし、この後があります。
B1 感謝のできる人になる(感謝しあう組織風土)
B2 利他の心・愛・思いやり・祈り

高めていくのは、下から上に。
土台がしっかりしていないと、良い建物はできない。
そして、すべては「経営理念」で貫かれていること。

私も20代の頃、ダスキンに勤めていたのですが、経営理念と行動指針の言葉に、こんなに深い意味があることは当時はまったく考えず、ただがむしゃらに働いていました。
ただ、ひとつひとつの言葉は鮮明に覚えていて、こうやって振り返ると、本当に「理念」の会社だったのだと思います。







カテゴリー : 思うこと

2009 年 12 月 08 日 16:46

映像の正しい見方は?

今日は、新発売のDOIT!93号「愛の中で育まれる心」の新作試写会&ワールドカフェをやってみました!

そもそもは、新しいDVDの発表会ということでしたが、DOIT!は見るだけでは価値の半分もありません。みんなで話し合っていくことで価値は何倍にも膨らんでいきます。
という訳で、今回は「DOIT!ワールドカフェ」のスタイルで勉強会をやってみよう!ということになり、私がファシリテーターになって、30名のお客様に体験していただきました。

ワールドカフェの話し合いのスタイルは、これまでの試写会とほとんど変わりませんが、どんどんと席を移動していくところがポイント。毎回新しいメンバーで話し合っていくことで、新たな気づきも生まれてきます。
やっぱり、人は人と関わりあっていくことで気がつくことやわかることがあるんだと、皆さんの楽しそうな話し合いを見ていて感じました。

今日は女性の方が、4名参加されていました。
DVDを視聴していただいている皆さんを見ていて、男性と女性の視聴の仕方に違いを感じました。
女性は、映像をまっすぐに心で受け止めようとメモも取らずご覧になられます。
その点、男性は見るだけではなく、メモを取り、考えながら見るという感じの方が少し多い様子。

もちろん、個人差はあると思うのですが、女性陣の4名が4名とも、メモを取られなかったのが印象的でした。
メモを取るかどうかは、もちろん自由ですしどちらでも良いのですが、メモを取る間は、どうしても目がノートに行きます。その間に「瞬間的ないい表情」や「ちょっとした動作」があるので、やっぱりそこも見てほしい。
その「ちょっとしたこと」が違いなんだと、バグジーさんの撮影をしていて、いちばん感じたところです。

となると、やはり初見で見るときは、メモを取らないでみてほしい。とお願いしたほうが良さそうですね。
そして、心で感じたことを、素直に話し合う。
話し合う時には、どんどんと書いていく。発想を広げる。

メモをたくさんとって、分析するような議論よりも、「感じる」⇒「考える」に持っていくほうが議論の広がりもありそうです。

右脳と左脳を使い分けていく話し合い、映像ならでのファシリテーションをもっともっと深く追求していきたいですね。






カテゴリー : 思うこと

2009 年 12 月 04 日 22:57

遼君の言葉

テレビのインタビューで、あの石川遼君がプレッシャーについて答えていたのが印象に残っています。
「プレッシャーを感じないのですか?」
「僕は失敗することを考えないので、恐れるということがないんです。」
すごいですよね。
優れた成績を残す人は、みんな同じように考えるようですね。

周囲の期待に大きな重しを背負い、プレッシャーの中で「がんばります!」と答えていた昔のオリンピック選手に比べて、最近のスポーツ選手は本当に堂々としています。
高校野球でもニコニコ、楽しそうに野球をしているチームが優勝したり、指導方法や選手への接し方が確実に変わってきてるんでしょうね。

それに比べて、ビジネス界はまだ変化ができていないのかもしれません。
「結果を出せ」「ミスをするな」・・・。
成功させようと励ます言葉が、逆に負けるイメージを植え付けているのかも。
遼君のお父さんは、経過と姿勢については怒るけど、結果について怒ることは一切なかったとか。
やっぱり指導者の問題は大きいですね。
もっともっと勉強しなければ・・・。

さて、今日から山形。
明日はDOIT!山形フォーラムです。

山形はやっぱり寒い、けど人はみんなあったかい!


カテゴリー : 思うこと

2009 年 11 月 16 日 21:45

白馬

日曜日から再び長野県に来ています。
スキーのメッカ、白馬では白馬八方尾根に雪が積もり、とても奇麗です。

その白馬村を俯瞰できる場所を探して、長野オリンピックで有名になった白馬ジャンプ競技場に上りました。日の丸飛行隊、原田の涙が思い出されるあの有名なジャンプ競技場は、予想以上に高く、ノーマルヒルのスタート地点に立っただけで足がすくんでしまいます。
よく、こんなところから飛び立つもんだと、眼下のジャンプ台を見下ろしながら撮影をしていました。

昨日はみぞれ交じりの寒い一日でしたが、今日は途中から晴れてきて、空の青と雪山の白のコントラストが見事でした。
こんな素晴らしい風景が、東京からたった数時間移動するだけで見ることできるんですね。
日本は本当に広いです。

写真はまた後日公開します!

カテゴリー : 思うこと

2009 年 11 月 13 日 19:00

天国へ

意識が戻らぬまま病院で頑張っていた義母が、10日の夜静かに息を引き取りました。昨日は葬儀を行い、たくさんの人に見送られながら天国に旅立っていきました。このブログで義母のことを書いてしまったことで、皆さんから励ましていただいたり、にいらぬご心配をおかけしてしまいました。温かい言葉を送っていただき、本当にありがとうございました。

義母は78歳。大阪の下町で生まれ、激動の昭和の時代を苦労しながら生き抜いてきた人です。人様に迷惑をかけない。人との付き合いを大切にする。それが義母の生き方でした。身体がしんどくても働きに行き、何もかも自分の手でやることを信条としていたので、無理もあったのかもしれません。
しかし、葬儀には200人近い人が集まってくださり、皆さんに惜しまれて去っていった義母の人生は本当に幸せだったと思います。

私も、いろんなことを教えてもらいましたが、いろんな人が「話を聞いてもらった、相談に乗ってもらった」と言ってくださるのを聞くと、改めて「人とのつながり」の大切さを感じました。
勝ち組とか負け組、金儲けが成功者という風潮は未だにありますが、こんな風に目立たないけど、小さなことだけど、たくさんの人と幸せを分かち合いながら生きていく人生は、本当に素晴らしいと思います。一歩でも近づけるように、私も生きていきたい。そんな気持ちになっています。

子供たち、親戚、友達と折り始めた千羽鶴もなんとか間に合い、天国に持って行ってもらうことができました。家族はこの間、涙をいっぱい流しましたが、それと同じぐらい、おばあちゃんの素晴らしさも伝わったと思います。
私自身もいろいろと考えることがありました。人はこうして、身近な人の死を通して、みんな自分を見つめなおし、成長していくのかもしませんね。





カテゴリー : 思うこと

2009 年 10 月 26 日 11:15

100km歩け歩け大会レポート(激闘編)

金曜日の夜から日曜日にかけて、DOIT!でご紹介した「七福醸造」さんが主催される「三河湾100km歩け歩け大会」に参加してきました!
今日はそのレポートを書きます(かなり長いです・・・)。

結果は・・・
今年も皆さんのおかげで無事、完歩!
タイムは25時間と17分でしたが、この長い2日間の間にはいろんなドラマがあり、密度の濃い、学びの多い時間を過ごすことができました。

その代償としての今日の筋肉痛。
どこに行くにも、何をするにも、そろりそろりとしか歩けず、完全に「変な人」になっています(笑)。

今回は、ブロックスからは、東京制作部の森山君(初参加)、大阪営業の持田君(2回目)が参加。その他、東京からフロー研究会の仲間である大前みどりさん、徳ちゃん、村中さん、鈴木さんが一緒に歩くことになりました。
普段、村中さんは上海で鈴木さんはベトナムで仕事をされているので、終わったらすぐに飛行機に乗るという、とんでもないスケジュール。さすが「フロー(没頭する)仲間」ですね!

しかし、とんでもないスケジュールは二人だけではありません。
金曜日の夜は、9時まで東京で「ワールドカフェ」の勉強会をしておられたので、森山君と私がレンタカーで迎えに行って、そこから愛知県まで移動。
ホテルに着いたのは夜中の3時でした。部屋に入ってからシャワーを浴び、テーピングをしたりしていると4時。
明日の集合が6時40分ですから、寝る時間がありません。

寝ずに歩く100キロを前に、少し不安がよぎりましたが、友達の北田さんが用意してくれたホテルはとてもきれいで、1時間ぐらいでしたが、ぐっすり寝ることができました。

そして、いよいよ大会の会場へ。
今回の参加者は1200人ぐらいと聞き、びっくり。
DOIT!のファンのお客様や勉強会仲間、知り合いがいっぱいました。

DSC02334.jpg

持田君も、森山君も気合いが入っています。フロー研の仲間も元気いっぱい。
8時半、いよいよスタートしました!

DSC02331.jpg

DSC02335.jpg

DSC02329.jpg

私はこれで3回目になりますが、このスタート時点は当然みんな笑顔で希望に満ちた顔。
しかし、歩くにしたがって、痛さや不安感が迫ってきて、だんだん顔から笑顔が少なくなっていきます。
今年は、ずっと笑顔で歩けたらいいな~と思いながら歩きだしました。

DSC02339.jpg

金曜日のブログにも書きましたが、私の今年のテーマは「人を励ます歩き方」。
自分がしっかり100キロ歩き切り、納得することはもちろんなのですが、その歩き方や存在で、誰かの励みなるという歩き方を探してみようと、考えていました。

去年自分が歩けたのは、友人の存在感。
腰や首に大きな故障を抱えている友人がひとつも愚痴を言わず、歩く姿に心が支えられました。
自分は自分なりに、どうすればいいか。
そこを考えながら歩いてみました。

スタートして10分ほどたった時です。
道の反対側にバイクに乗った人がこちらを見つめています。
よく見ると、大阪ブロックスの藤原君じゃないですか!
わざわざ、バイクで駆けつけてくれたくれました。

DSC02344.jpg

DSC02345.jpg

そして、わざわざ伊勢神宮でもらってきてくれたという
由緒正しいお守りを渡してくれました。
これで歩ききらない訳にはいかなくなりました!
お守りをカバンに付けて、出発です。
先に行った森山君の分を届けなければ・・・

DSC02364.jpg

最初のチェックポイントは30キロです。
ここまでの間は、ほとんどリタイアする人もいないし、人が密集して歩いていますのでいろんな人に会います。
DOIT!でおなじみの「かぶらやグループ」の岡田社長と仲間の皆さんに会いました。

DSC02347.jpg

京都の人見社長。今回初参加です。

DSC02350.jpg

田村組の皆さん。

DSC02349.jpg

一緒に歩いていた大前さんと徳ちゃんもここまではいいペースです。

DSC02348.jpg

私もいい調子・・・と言いたかったのですが、この30キロまででピンチが訪れました。
「眠気」です。
昨日の睡眠不足の影響で、むちゃくちゃ眠たくなってきました。
歩道を歩いているのですが、ついうとうとしてしまって、ふらふらです。
後ろを歩いていた人見社長が、危なかっしい感じだったと言われましたが、電柱にぶつかりそうになったり、躓きそうになったり・・・。

そんな変な歩き方でしたから、足に痛さも出てきました。
やばい・・。今年は50キロも歩けないのでは?
だんだんと「歩けない言い訳」を考えるようになったり、マイナス思考になっていきます。

眠気覚ましのガム、ドリンクを買い、頭をこぶしでたたきまくったり。
いろいろとしたのですが、一番良かったのが人と話すこと。
だんだんと目覚めてきて、そこからはしばらくは、眠気もなく、歩き方も安定してきて足も軽くなってきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

40キロが目前。
だんだん夜になってきます。
しかし、先に行った、森山君や持田君とは会えません。
どうしているんでしょう?

DSC02354.jpg

40キロチェックポイントに、去年一緒に歩いて勇気をくれた友人の伊藤豊さんが、マッサージのボランティアで頑張っていました。
マッサージはしませんでしたが、友に会うと元気になります。

DSC02357.jpg
(真ん中が伊藤さん)

雨が降ってきました。
一緒に歩いてきた、大前さんと徳ちゃんは自分達のペースで行くということになって、40キロからは一人で歩きます。

経験上、夜になり、個々がバラバラになるこの40~50キロぐらいが、一番不安になります。「なんでこんなことをしているんだろう?」とか「もう辞めたい」という気持ちが大きくなって、「リタイアの理由や言い訳」を山のように考えてしまう時間です。

そこで、ここからは、追い抜いていく時に、参加者に声をかけながら歩くことにしました。
これまでの間も、すれ違った人や応援してくれる人、隣で歩いている人や道順を教えてくれる警備員の皆さんに声をかけ、挨拶をするようにしていたのですが、やっぱり全員にはできません。

「こんばんは」「御苦労さまです」「お疲れ様です」
「がんばりましょう」
いろいろとバリエーションを考えてみて、声をかけると、やっぱり少しホッとされるみたいです。
話をする気力もない人もいますが、中にはいろいろと話が出来た人もいて、それぞれの「100キロの想い」を聞けました。

こうやって警備員さんに挨拶したり、人に話しかけて気づいたのは、話しかけて元気で明るくなる人に私が励まされていること。
夜になったのに、眠気もないし、痛さも紛れます。
人はやっぱり、人とつながることで元気になるんでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

50キロチェックポイントに付きました。
飛ばして歩いていた村中さんに会いました。
「人生で一番長く歩いた経験が3キロ」と言っていた村中さんが、ここまで歩いただけでもすごいのに、なんだか元気がありません。リタイアを考えていたそうです。
他のメンバーもリタイアしたり、一緒に歩いていた持田君も先に行ったり、雨もふったりで、「歩く意味」を考えていたそうです。

せっかくだから、60キロまで歩いて、そこで判断しては?とここからは、二人で歩くことに。
資本主義の行き過ぎ、業績を追求される中での罪悪感、短期的成果を求められる企業風土の中で生き生きした組織を作るためのアイディア・・・。
がぜん、楽しくなってきました。
夜中になんて話をしているんでしょうね。歩きながら・・・(笑)。

「西川さんはなぜこの仕事をしてるんですか」と言われたので、
時間もたっぷりあったので、私の生い立ち、一燈園の話、学生時代の話など、今の考え、価値観に至るまでの大半のことを話しました。
話してみると、自分が今なぜこの100キロに参加しているのか、なぜ「フロー」に興味を持つのか、自分が整理されました。

村中さんの学生時代の話も聞かせていただきました。
みんな「過去」があって「現在」がある。
あたりまえですが、つながっているんですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

60キロ。
持田君とニアミス。入る直前で出発したそうです。
村中さんが、続けるかどうか考えに考えられ、ついにここでリタイア。
私はまだ歩けると思ったのですが、すべては「自分で決める」「自己責任」が100キロのルール。
体験上、辞めること、リタイアの経験は、完歩より学べることがあるので、説得もせず、ここで別れました。

70キロまでの道のりは、また一人です。
話をしようにも、先頭集団と後方集団の間にいたみたいで、周りには誰もいません。
するとまた眠気が襲ってきます。
昨日から1時間しか寝てないのは、やっぱり駄目ですね。
意識がもうろうとして、数キロの間、どこをどう歩いたのかも覚えていません。

豊橋のあたりで三菱東京UFJ銀行の酒井さんに会いました。
東京からお一人で参加、地元の支店長さん以下30人も参加されているそうです。
酒井さんも元気そう。笑顔で歩かれるその姿に、そうとう勇気をいただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

70キロのチェックポイント。
やっと、ここで持田君と森山君と合流することができた!
でも、二人とも満身創痍。相当疲れています。

DSC02358.jpg

DSC02360.jpg

DSC02363.jpg

話を聞くと、森山君は「最初に全力を出していけるところまでいく」という先行逃げ切り戦略を立てていたそうです。50キロまではトップ集団で歩いていたのですが、そこから一気にダメージが来て、足や腰に痛みが走って、50キロ以降はかなりペースダウンしたのだとか。

DSC02369.jpg

二人の歩く姿は、かなり痛々しく、本当に大丈夫かと思っていたのですが、あまりにゆっくりなので、先に歩いてチェックポイントで待つことにしました。

後30キロ。
深夜です。
82キロのチェックポイントまでは、ほとんど一人で歩きました。
警備員さん以外、誰とも話をしていません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

86キロ。
ここで「お汁粉」のサービス。
雨が降り、夜になるとかなり身体が冷えてくるので、こんな温かいものがありがたいです。
この大会に協賛されているスギ製菓の社長に足をもんでいただき、マッサージもしていただきました。
まだ、時間があったので、ここで仮眠を取りました。
といっても10分。マッサージの方に起こしてもらうまで熟睡し、一気に元気に!

朝になり、周囲も明るくなりました。
こうなるとがぜん元気になります。
後14キロに向かって再出発です。

DSC02370.jpg

途中、おじいさんを追い抜く時に、声をかけたら、「いくつですかと聞かないの?」と言われるので、お尋ねすると、なんと今年で75歳になるそうです。10年間毎回参加。毎回完歩。
来週は50キロの大会に出るのだとか。まいりました!

DSC02373.jpg

持田君、森山君は、かなり遅れているようです。
2時間ぐらいの差になっているので、とりあえず進むことに。

96キロの最後のチェックポイントまでには、恐ろしい坂がありました。
「このタイミングで、この坂?」
誰もが思ったと思います。

この坂を歩き切るコツは、「何も考えない」こと。
ひたすら歩くだけ。いつか終わると信じて歩ききると、今度は長い長い下り坂。
これもきついですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、いよいよ96キロ。
後はゴールを目指して4キロの道のりだけ。

DSC02375.jpg
(幡豆町のお店の人の心遣い・・・)

私は、この最後の4キロで、当初の立てた目標のことを振り返っていました。

人の励みになるような歩き方は出来ただろうか。
それは人が判断することなので本当のところはわかりませんが、自分自身はとても精神的に気持ちよく歩くことができました。人がいることのありがたさもわかったし、人に感謝の言葉をかけることは、自分が元気になることということもわかりました。
なんだ、こんな当たり前のことを気付くのに、こんなに苛酷なことをしなければわからないのかと思われるかもしれませんが、辛くて厳しくて自分の身体が限界に来ている時にこそ、いろんなことがわかることがあります。

まさに、「身体でわかる」こと。
一人ひとりが、いろんな気づきがあったはずです。

もしかすると、もう100キロは歩くことはないかもしれない。
そう思うと、一歩一歩が違ってきます。
警備員のおじさんに、全身全霊で御礼を言ってしまいました。
その人もポカンとしておられましたが、警備員の方の笑顔に何度助けられたことか・・・。

DSC02374.jpg

98キロぐらいの時でしょうか。
道の傍から、怪しい?二人の男女が突然現れました!
大阪のスタッフ、伊原さんと吉田君です。

DSC02379.jpg

なんと、今朝レンタカーを借りてここまで来てくれたのだとか。
夜中にメールをくれていたので、大阪にいるとばかり思っていたのに・・・。
こんな優しいスタッフに囲まれて幸せです!

DSC02380.jpg

そして、いよいよゴール。

%B2%E8%C1%FC%20032.jpg

犬塚会長はじめ、七福醸造の皆さんや既にゴールされた方、やむなくリタイアされ方からの温かい拍手に迎えられ、100キロのゴールテープを切りました!

DSC02391.jpg

足はボロボロでしたが、心はピカピカ。
少しウルッときてしまいました。

DSC02394.jpg
(ゴールで待ってくれた伊原さんと犬塚会長)

待ってくれていた大前さんや徳ちゃん、村中さんも、次々と感動のゴールをされる人の姿を見て何かを感じられていた様子。
股関節の痛さを抑えながら歩いた大前さん、捻挫をしながらも、いつも大前さん気にして歩かれていた徳ちゃん、人生初の長時間歩行の記録を立てた村中さん。私はそれぞれの皆さんの歩き方(生き方)に感動しました。本当にありがとうございます。

そして、待つこと2時間。
うちの二人が帰ってきました!

DSC02398.jpg

ゴール前200メートルのところで二人の姿を見たときは、かなりテンションが上がりました。
携帯で状況はわかっていたのですが、実際に歩く姿をみると、ここまでの努力がわかります。
足は痛くても元気そう。

DSC02403.jpg

DSC02404.jpg

昼前のゴールです!

DSC02411.jpg

この二人の歩きも、いろんな人の励みになったようです。
あの足で残り50キロを歩き切った根性は、ブロックス賞を出したいぐらい。
よくやった!
持田君も森山君も、自分の挑戦課題をクリアできたみたいだし、いい顔つきになっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終わってからは、温泉に入り、身体の芯からほぐれました。
二人とも放心状態です。

DSC02419.jpg

DSC02420.jpg

それにしても、今年の100キロは良かったな~。

いろんな人からの励ましのメール。皆さんありがとう!
子供からも嫁さんからも・・・

ヨリタ歯科さんからは、手作りのメッセージ。(持って歩き続けました)
川越胃腸病院の事務部の皆さんから、お揃いのTシャツを。(来て歩きましたよ!)
税理士の酒井さんも応援に来てくださいました。(いつもすみません!)

みんなを励ますつもりが、やっぱり今年も励まされ、みんなのおかげで歩き切ることができました。
本当にありがとうございました。





カテゴリー : 思うこと

2009 年 10 月 21 日 23:17

長野市長選挙と高野さん

長野の仕事の終わりに、今度の長野市長選挙に立候補された、元ザ・リッツ・カルートン日本支社長の高野登さんの事務所に伺いました。
あいにく高野さんは留守だったので、応援のメッセージだけ残して帰りました。

高野さんは、「日本を元気にするセミナー」でもお世話になり、私たちのセミナーや見学会の時も笑顔で応じてくださって、その温かな心とお人柄、静かな情熱を、とても尊敬していました。
そんな高野さんが、長野市長選挙に立候補される。
最初はとても驚きましたが、もし高野さんが市長になられたら、きっと素晴らしい市政を展開されるだろうと、ワクワクしてきました。

メッセージは「コンクリートではなく、人を大切にする市制にします!」。
人を大切にする。これはまさに「おもてなし」のリッツカールトンの信条そのもの。
チラシにはこんなメッセージもありました。

日本一の長野市をめざします。
日本一は意識して目指さなければ実現できません。
でも、意識すれば可能性は出てきます。
私たちは「日本一」の市政を目指しましょう。
「良くしよう」は、
少し漠然としているような気がしませんか?
でも、「日本一にしよう」だと、目指すところは一つ。
わかりやすいですよね。
最初は「そんなことできるかなあ」と思っても、
本気で日本一を目指すと、ほら、
気持ちがちょっと変わってきませんか?
わくわくしてきませんか?
「わくわく!ながの」を
みんなで創りませんか?

高野さんというお人柄を通してこのメッセージを読むと、本当にワクワクしてきます。

何かをやる時、「決める」「決意する」ことが何よりも大事。
これはビジネスにも通じることだと思いませんか?
ホームページで、高野さんのインタビュー動画が見れますので、ぜひ見てください。

高野さん、心から応援しています。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 10 月 19 日 13:48

今週末はいよいよ100㎞!

もう、あれよあれよという間に、10月も半ばが過ぎました。
そして今週末は、いよいよ「100㎞歩け歩け大会」です。

ダスキンの谷口さんや三菱東京UFJ銀行の酒井さん、フロー研究会の大前みどりさんや鈴木さん、村中さん、徳井さん、田村組の皆さん、ウッディチキンの美容師の皆さん、京都の人見社長、そしてわが社の森山君と持田君・・・、全国各地、いろんな仲間が歩かれます。
この他にももっと知り合いはいるのでしょうね。(参加予定の皆さん、ぜひご一報を!)

私は3回目ですが、今回も初参加の方がたくさんいます。
「大変だよ」「しんどいよ」と、何度も100Kの大変さをお伝えしたのに、「しんどそうだから燃える」というタイプの人には逆効果のようです(笑)。
皆さん、どんなに辛くてもどうか恨まないでくださいね。
励まし合っていきましょう!

しかし、そんな私が途中リタイアする訳にいきません。
昨日も歩く練習です。

八尾市から中央環状線を北へ、東大阪市、門真市、守口市と歩き、淀川へ到着。

途中、こんなかわいいイラストが書かれている会社がありました。
何の会社でしょうか?

DSC02164.jpg

そしてこれが淀川、鳥飼大橋のふもとです。
走っているのは、伊丹空港に続くモノレールです。

DSC02180.jpg

最近「夕焼け」に凝ってしまった私は、鳥飼大橋を往復して一番きれいに見れられる場所を探しました。
イメージしてたような、夕陽に水もが照らされるという訳にはいきませんでしたが、、天気も良くて奇麗な色の夕焼けでした。

DSC02220.jpg

DSC02191.jpg

DSC02251.jpg

夕焼けは、場所が良くても、ある程度曇があることも大事なんですよね。それこそ自然現象ですからその時にならないとわかりません。

でも、全国各地に「感動的な夕焼けのスポット」があるそうです。
ご存じの方はぜひ教えてください!





カテゴリー : 思うこと

2009 年 10 月 11 日 18:13

秋ですね。

すっかり秋ですね。
夕方、散歩していたら西の空が真赤になっていました。

DSC02008.jpg

こんな夕焼けを広い草原とか、海辺で見たらすごいでしょうね。
「人工の色」に囲まれた毎日。
やっぱり「自然の色」は落ち着きます。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 10 月 04 日 17:53

枚岡公園

日曜日、バレーボールをしている真ん中の娘と、自宅から10キロほど先にある東大阪の「枚岡公園」まで歩きました。
目前に迫った100キロを歩き切るには、なまった筋肉を鍛え直さなければなりません。そんな父親を見かねて、部活帰りの娘が付きあってくれました。

10キロといっても2時間半はかかります。
その間、普段話ができない娘といろんな話もできて、いわゆる「親子のコミュニケーション」というやつができました。将来は一人暮らしをさせてほしいとか、トライアスロンに挑戦したいとか、アルバイトをさせてほしいとか、彼女もいろいろやりたいことがあるようです。

平岡公園は生駒山のふもとにあります。
平岡神社を過ぎると、大きな公園が広がっていて、梅林などでも有名な場所です。

DSC01797.jpg

午後遅めから歩き始めたので、そろそろ夕方に。

今日のもうひとつの目的は、ここの展望台から夕陽を見ること。
前から「夕日のスポット」としてチェックしていた場所だったので、楽しみでした。
登る度に大阪の街が見えてくるのですが、この展望台が結構高いところにあって、ヒイヒイ言いながら山を登りました。

DSC01803.jpg

そして展望台から見た夕日がこれ。


DSC01840.jpg


DSC01860.jpg

DSC01858.jpg

今日は秋晴れのいい天気でしたので、最高の夕焼けでした。
ビル群は、梅田あたりでしょう。
遠くには大阪湾も見えました。

今日はいい休日でした。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 09 月 23 日 20:10

淀川を歩く

休みの日に仕事をするとキリがなくなるので、今日は完全にオフにすることにしました。

休みが取れたらやりたいと思っていたことがあります。
それは「20キロを歩く」こと。

そうなんです。今年も100キロに挑戦することにしたので、その予行演習です。
いろんな人に勧めている私が完歩しないわけにはいかないですもんね。
10月末までに鍛えておかないと・・・。

で、今日は「淀川」をゴールに、大阪の市内を歩くコースを選びました。

自宅(八尾市)を出たのが11時。
大阪市内に続く25号線を歩き始めました!

あっという間に天王寺駅前。
八尾からだと8~9キロぐらいです。
天王寺はこんな場所です。近くには動物園もあります。

DSC01579.jpg

大阪の町はこんな感じでどこも賑やか。それにしても自転車多っ!

DSC01582.jpg

その後、43号線に沿ってひたすら歩きました。

DSC01590.jpg

少し行けば、あの有名なユニバーサルスタジオがあるあたりです。

ここまで15キロぐらいかな、足にそろそろ疲労感が・・・

しばらく歩くと、ようやく目標にしていた大阪のシンボル「淀川」登場!
橋を渡れば兵庫県です。

DSC01593.jpg

淀川を河口の方に歩くことにしました。
天気は悪かったのですが、とにかく風が気持ちいい!

犬を連れている人が多いですね。なんか絵になります。

DSC01606.jpg

DSC01616.jpg

阪神高速の湾岸線を超えました。
ここは、車で走ると空を飛んでるみたいで気持いいですよ~。

川が流れる先は大阪湾です。
さすがに淀川の河口はでかいですね~。
でも、今日はずっと曇りでいい写真も撮れません。

DSC01634.jpg

しばらく歩いていくと、雰囲気が変わりました。
北港のヨットハーバーでした。セレブの皆さんのヨットがたくさんありました。

DSC01648.jpg

DSC01657-1.jpg

だいたいここで20キロぐらいかな~。

雨が降ってきたので、今日はここで終了!

バスと電車で家に帰りました。

まったく歩いていなかったので、結構足に来てます・・・。
やっぱり普段からもっと歩かないとな~。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 09 月 19 日 23:07

仕事を面白くするには

今日は中畑さんとスタジオでDOIT!の編集。
テロップのタイミング、位置、数秒の間・・・、議論を重ねながら(時には激論になることも)、完成品の精度をさらに高めていくこの仕事は、本当に面白い。正解がどこにもないからこそ、自分自身が問われます。

夜、三宅さんと三人で食事をしながら、「どうすればこの面白さを伝承できるか」という話をしていたのですが、やはり、どんな仕事も自分自身の価値基準をしっかり持って、自分自身の人生観や仕事の価値観を投影していくことが仕事を面白くするコツだと思います。

お客様から請け負う仕事であっても、ただ「言われた通り」することは顧客満足ではなく、結果として「言われた通り」の仕事になったとしても、そこに「自分ならこうする」という本気の提案を入れない限り、充実した仕事はできませんし、熱がこもりません。
これは、自分勝手な「こだわり」を押し付けることではなく、本気で相手の立場に立つこと。その微妙な感じが伝承しにくいところなのですが、いい仕事をする人はみんな同じ価値観のような気がします。

相手の中に入って、その気持ちも想いも全部受容したうえで全力で解決の道を考えていくのがプロ。難しい道だとは思うのですが、真のパートナーは、上下関係ではなく、その人と「一緒に進む」人なのだと思います。

「仕事を自分のものにする」感覚を若い人に伝えていきたいですね。




【今日の誕生日】
東京の制作部、高野君の誕生日にみんなでケーキでお祝いしました。
山形生まれの純粋で行動的、人情の男。
この笑顔にいろんな意味でだまされちゃいます。

DSC01489.jpg






カテゴリー : 思うこと

2009 年 09 月 18 日 21:33

おかげさまで

おかげさまで、第10回の「日本を元気にするセミナー」は今日でほぼ満席になりました。
今回も、数か月前から予約してくださった方、遠方からはるばるお越しくださる方、忙しい時間の隙間を縫うようにスケジュールを入れてくださった方、たくさんのお友達を誘ってくださった方など、皆さんがいろんな思いでお申し込みをしてくださいました。

今回は、三重県の高校の現役の先生方もお越しになられます。学校を良い組織に変えていこうと勉強を続けておられる皆さんです。
時々、自分でも「これはビジネスセミナーなのか?」と思うことがあるのですが、煎じつめれば人がどう人と関わって生きていくかということ。業種も規模も関係ないことなんだと思います。

でも、こうして足を運んでくださる皆さんの為にも、精一杯がんばります!

カテゴリー : 思うこと

2009 年 09 月 14 日 08:05

偉業達成

ついにイチロー選手が9年連続200本安打を達成しました。
私が子供の頃は、日本人がメジャーで活躍することなど夢にも思わなかったことなのに、体格の違う欧米人の中で対等以上に渡り合い、記録まで塗り替えてしまった。
日本でやっていればもっと楽に野球ができたのでしょうが、あえて最高水準の世界に挑んでいく姿、本当にかっこいいですね。
本当におめでとうございます!

カテゴリー : 思うこと

2009 年 09 月 11 日 18:07

今日が、残された人生の最初の日

この間、ある本を読んでいたら、扉にこんな言葉が掲載されていました。

Today is The First Day Of The Rest Your Life !
(今日が、残された人生の最初の日)

有名な言葉らしいのでご存じの方も多いのかもしれませんが、私は初めて出会った言葉で、それ以来ずっと気になっています。
若い時は人生の終わりをなかなか想像できません。でも誰もが確実に終わりになる。年齢に関係なく、一日は大事ははずなのに、日に日に「一日」の価値が上がっていくような気持ちになるのは、私だけでしょうか。

今日が、残された人生の最初の日。

過去のことにくよくよしている暇はない、そんな気になる言葉でした。





カテゴリー : 思うこと

2009 年 09 月 01 日 18:30

喫茶店で

今日は書き物に集中したかったので電話や用事が舞い込んでこない喫茶店に数時間過ごしていました。
しかし、その喫茶店、少し離れた席に賑やかな大阪の主婦の皆さんがいて、少し一般の人よりも大きめのお声を出されていました。

まだまだ器の小さな私は、最初のうち、かなり気になって心の中で「静かにしてほしいな~」と小さな声で、力強く叫んでいたのですが、集中するうちにだんだんとその声が気にならなくなってきて、後はもう何でもこいの状態でした。

人間やればできるもの。ただあまり長居しすぎて、喫茶店の人の目が少し白くなっていたような・・・。
申し訳ない気持ちで出てきたのですが、おかげで仕事ははかどりました。
でも、コーヒー一杯で、テーブルを占領するのは迷惑なので、他の方法を考えます。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 08 月 31 日 20:22

ウルトラマンの心

日曜日はずっと撮影に集中していたので、日本中が注目していた選挙、政権交代の話題を新聞で読むと浦島太郎のような気になりました。

政治に期待する部分はない訳ではないのですが、我々一人ひとりがその気になって、日本を良くしようと思い、自分ができることから始めていけば、政治家に頼らずとも日本は良い方向に行くと信じているので、どの政党にもあまり過度な期待はしていません。

とにかく、これまで「自分だけよければいい」「金が儲かればいい」「今が良ければ後のことはどうでもいい」というような風潮がまん延してしまい、本当はそんな生き方が嫌だな~と思っていたはずの日本人がぶれてしまったような気がします。

これは政治のせいなのかと言えばそうじゃないでしょう。
生き方を選んでいるのは自分。
そんな風潮に流されたとするならば、それも日本人一人ひとりが選んだことなのだと思うので、政治が悪いとは思いません。

まずは自分がしっかり生きる。
まだまだぶれそうな自分がいるので、毎日反省して生きてます。

これは、池袋で出会ったウルトラマン。
政治家に頼まれた訳でもないのに、お金がもらえる訳でもないのに、
我々のために、地球の未来のために身を粉にして働いてくれたあこがれのヒーロー。
今こそ、みんながウルトラマンになろう!(笑)

DSC01371.jpg









カテゴリー : 思うこと

2009 年 08 月 28 日 07:38

疲れない生き方

ここのところ、ロケや出張で朝から深夜まで飛ぶ回る、なかなかハードな毎日を過ごしていますが、精神的にはすこぶる快調です。
よく過剰な仕事がストレスの原因になると言われていますが、どうやらそれは間違いのようですね。
感謝したり、人の笑顔を見ながら働くと、どんなに忙しくても心は疲れません。
何かを期待したり、求めたりするから疲れるのであって、「人の幸せや喜びに生きること」にどっぷりつかると、これほど楽なことはない。最近ますますそう思います。

ストレスのある方。だまされたと思って、人が喜ぶことを1日10回ぐらいやってみてください。
あっという間にストレスはなくなりますよ。
幸せは誰かとわかちあってこそ、生まれてくる。自分一人が幸せになることはありえないんだと思います。人間はうまくできている!






カテゴリー : 思うこと

2009 年 08 月 20 日 09:28

肝高の阿麻和利

今日は仕事終わりに、大久保さんやいろんな方から「絶対に行ったほうがいいよ!」とお勧めいただいていた、沖縄の中学生や高校生によるミュージカル「肝高の阿麻和利」(きむたかのあまわり)という舞台を見に行きました。

500年以上前に、実在した勝連城主「阿麻和利」の物語を、総勢100名以上の沖縄の子供たちが歌い踊る感動の舞台。そのエネルギーあふれるミュージカルは各地で話題になって、延べ9万人の人が見ているそうです。

舞台は始まりから衝撃を受けます。音楽も踊りも全部「生」。中学生や高校生が会場まで出てきて笑顔で踊り、琉球統一の時代に活躍した阿麻和利の戦いや人々の想いを本当に迫力ある演技で表現しています。
凛とした表情、イキイキとした踊り、張りのある声・・・。本当に大人顔負けのエネルギーで一人ひとりが真剣に演じきっています。一人として手を抜かない。あたりまえなのかもしれませんが、舞台で演じる子供が大きく見えました。

DSC01387.jpg

素晴らしい時間でした。ぜひ沖縄で見てみたいです。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 08 月 16 日 14:50

お盆休み

3日間のお盆休みをいただきました。
せっかくの休みなので、有意義に使いたいと毎日7時には起きて、ふだん出来ないことをしています。
時間があればゆっくり思案してみたいと思っていたので、マインドマップを何枚か書きました。
改めてトニーブザンさんの本を読み、基本通りカラーサインペンを使ってみることに。
やっぱり絵を加えたりカラー化すると楽しくなり、脳が活性化しますね。

禅の本も読みました。
私の故郷、京都の一燈園では、小学生になると坐禅を組んで瞑想していました。履物を揃える。食事は拝んでいただく。掃除などの大人の手伝いは作務(さむ)と呼んでいたり、生活の中に禅的なものがたくさんありました。
しかし、それは生活の中の「あたりまえ」の行為だったので、意味などを考える機会がありません。
改めて禅の思想を読んでみると、そんな生活をさせてもらえたことがありがたく思えてきます。
いつの間にかいろんなしがらみや所有するものが垢のようにこびりつき、重たくなったりしていますが、本来人は無一物。ゼロに戻ったっていいのだと思うと楽になります。
夜中にベランダで星をみたり、風にあたったり、せかせか過ごす日常とは違う休日を過ごしてみました。

今日は長女の芽生の誕生日ですが、大人っぽい財布を買ってあげました。
彼女が生まれる間際にソニーのビデオカメラを購入して、病院の待合室で産声を撮って歓喜の声をあげたことは今でも鮮明に覚えていますが、彼女も今は高校三年生。時の過ぎるのは早いですね・・・。
この後は大学に行き、就職し・・・結婚?
考えるだけでも怖くなってきます。うーん・・・。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 08 月 09 日 10:44

娘の課題

日曜日まで仕事だったのですが、久し振りに家に帰りました。
夏休みにバレー部の合宿に参加してきた次女がガラガラの声をしていたり、高校受験をめざす三女がテレビに熱中していたり、妻が知らぬ間に友達とキャンプに行っていたり、仕事に没頭している間に家族はそれぞれの夏を満喫しているようです。

最近、ある方からチクセントミハイという学者の「フロー理論」に基づく組織論の本をいただいて読んでいるのですが、フロー(没頭・熱狂)状態になるには、行為の機会(挑戦)と行為の可能性(能力)の釣り合いが重要なんだそうです。新しいことに挑戦し、能力が追いつかない段階は「不安」。しかし、そこを乗り越えないかぎり挑戦と能力のバランスの均衡は訪れない。つまりフローにはならない。だからいつも鍛錬し、学習し続けていくことが大事。そんな感じの理論です。(アバウト?)

バレー部の次女はまさに今「不安」状態。キャンプの中で自分がレギュラー予備軍の方に入れられて、少し自信喪失気味。「やめたい」という気持ちと、「もっと能力をあげたい」という気持ちが交錯しているようです。
でも、そんなに簡単に能力はあがりません。日々の練習を積み重ねるしかない。
きっと辛い時期だろうと思いながらも、そんなに心配しないのは、彼女は一度「フロー状態」の快感を知っていると思っているからです。
「フロー状態」を一度でも体験すると人間はもう一度それを求めようとする。それもチクセントミハイさんが提唱されていることですが、これは経験的にわかります。

自分自身は仕事に没頭してしまっていますが、子供にも、もっともっと高度な「フロー」を体験してほしいと思います。

《フロー状態》
フロー理論は「楽しさ」という内発的動機を起点としたモチベーション理論。
フロー状態とは、一つの活動に没頭しているので、他の何ものも問題とならなくなる状態。その経験それ自体が楽しいので、純粋にそれをすることというために多くの時間や労力を費やす。
フロー状態においては、大きな危険や緊張すらも楽しめ、退屈な状態からも報酬をもたらすという。



カテゴリー : 思うこと

2009 年 08 月 04 日 21:23

断食

昨日から断食をしています。口にするのは水とお茶だけ。
今日で2日目です。

昨日、21日間の断食を敢行した親友の伊藤豊さんに聞くとアドバイスは「無理をしないこと」でした。
前から断食は良いと薦められていたのですが、九州まで行く時間が取れないから、休みが合わないからと、今まで断念していました。でもやろうと思えば、いつでもできるはず。

結局は自分の意思の弱さが敬遠していただけだと思い直し、今回は仕事をしながら3日間を目標にやっています。

伊藤さんから、「断食を経験すると、考え方のスパンが長くなる」と聞いていたのですが、確かに若干そんな気がします。食欲の赴くままに、あるいは習慣的に「欲」をそのままにしていると、もっともっとという気持ちになってしまうのかもしれません。
2日目になって、そんなことを感じています。
物を食べないと、食べることばかり考えるようになるのかと思っていたら、意外と気持ちが落ち着くもんですね。これも発見。やっぱり体験」に勝るものはありません。

そんな気持ちで働いていたのですが、夜は恒例の試写交流会in東京。

今回は新しく気づいたことを新しいパワーポイントにして、皆さんと一緒に「映像」を見て話し合いました。
今日のメンバーは、初めて参加される方がほとんどでしたが、映像と話し合いの効果を肌で感じていただけたようで、各テーブル、とても盛り上がっていきました。
これも「体験」してもらうことの大切さを感じています。

「流汗悟道」(りゅうかんこどう)という言葉があります。
世の中、知識でわかったつもりになっている気がしますが、汗を流さないと悟れないことは結構多いかもしれません。

特に欲を減らすことへの今回の挑戦は自分にとっても良い体験になりそうです。



カテゴリー : 思うこと

2009 年 08 月 03 日 17:34

現実

自分の思うことは100分の1も伝わっていない、そんなことを感じることがありました。
伝わっていないのは、ちゃんと伝えていないから。
そう思ってほしい、わきまえた行動をとってほしいと思っても、そうさせてしまうのはしっかりと育てていないから。
悲しいけど、それが現実です。
一人ひとりの優しさ、たくましさをもっと輝かせるリーダーにならなければと思います。



カテゴリー : 思うこと

2009 年 08 月 01 日 09:08

大学生と話す

一昨日、京都の花園大学で、就職活動を始める3回生の皆さんに講演をさせていただきました。

DOIT!や仕事の原点を揃えて、学生の皆さんに仕事の考え方や幅を広げてもらおうと、以前から私たちの商品をご活用いただいている就職課のスタッフの皆さんからのご要請で今回の講演が始まったのですが、今年で3年目になります。

若い人に「仕事は楽しいものだ!」と伝えたいと以前から思っていたので、私にとっても絶好の機会。いつも気合いが入ります。
しかし、今年は例年になく就職活動は厳しく、学生の皆さんもなんとなく不安な感じです。「不安を感じていますか?」と質問したら、7割ぐらいの人が手を挙げられました。

私は、少し乱暴な気もしましたが、「逆にいえばラッキーな時代じゃないですか」ということを申し上げました。確かに採用する数も企業も少なくなってきているのは事実ですが、この時期に募集をしようという企業は少なくとも業績が良いところであり、将来を見据えて考える眼を持っておられる企業。「選ぶ手間が省けてよかったですね」と話しました。そう、要は物の考え方。私はいつもそんな風に考えます。

就職課の方にお話しを聞いていたのですが、今の学生さんは、とても狭い情報しか持っておられないようです。大手がいい、ブランド企業がいい、公務員がいいとマスコミの表層的な情報に振り回されているのか、大人と触れ合う機会がないのか、ひとつの方向に流されているな~という気がします。

そこで、「日本を元気にするセミナー」の講師ご紹介用にまとめた1社7分ほどの映像で、私が考えるいい会社、小さくてもキラリと光る中小企業や生き生きと働く大人の格好いいところをお見せしながら、私なりの「こういう視点で企業を探してみたら?」というお話をすることにしました。

上映した映像は「ヨリタ歯科クリニック」さんと「ネッツトヨタ南国」さん、そして「伊那食品工業」の3本。
それぞれに私の思い入れの深い企業ばかり、つい熱くなってしまいます。

伝えたかったことは、働くことは楽しいこと。楽ではないけど心が震える感動があること。
若い人は、内定がゴール、「就職できればいい」と思いがち。本当は就職してから何をするのかだと思うのですが、学生さんには、なかなか企業で働くことのイメージがわかないようです。
働くことは辛いこと、命令に従うこと、管理されることという、一方向の見方に少しでも風穴があけばと、一生懸命話をしたのですが、映像にみんな釘づけになってくれました。

DOIT!は企業向けのものとして販売していますが、就職を控える学生さんにとっても「働くことの意味を感じること」はかなり有意義なツールじゃないかと、改めて思いました。

帰りに今日のアンケートを受け取りました。100枚ぐらいありましたが、みんな真剣に聞いて、感じてくれた様子。いろいろと不安もあるし、自分にふさわしい仕事を見つけられない人もたくさんいるようですが、学生時代にいろんな大人と会い、様々な体験をして自分の「志」を見つめてください。
応援しています。がんばれ!










カテゴリー : 思うこと

2009 年 07 月 28 日 14:04

戦略を考える

もともと戦争から来ている言葉ですが、ビジネスの中で良く、「戦略」や「戦術」という言葉が出てきます。
しかし、私はこれだけ取材活動を続けているのに、なかなかこの言葉を使う機会がない、ということを、ふと思いつきました。
相手の頭の中にないのか、こちらの頭の中にないのか、DOIT!の企業の経営者との会話には「戦略」という用語が出てきません。

なぜ出てこないか?
きっと、DOIT!で取り上げる企業の皆さんの中に、「誰かと戦う」という構造がないのだろうと思います。もちろん資本主義社会ですから、どの企業も競争の中にいることは間違いないのでしょうが、そんな小さなことにこだわってこなかったからこそ、独自性も生まれてきたのでしょうし、「人づくり」などの長期的視点に立てることができるのでしょうね。

先日も「ホスピタリティ戦略」という言葉を聞いて、なんとなく違和感を感じていたのですが、ビジネス用語も時代に即したものにしていく必要があるかもしれませんね。



カテゴリー : 思うこと

2009 年 07 月 21 日 11:22

パソコンの引っ越し

電源が壊れたしまった愛機VAIO(パソコン)を手厚く供養して、新しいパソコンに乗り換えました。
新しいパソコンはPanasonicのレッツノート。

DSC01222.jpg

A4サイズのパソコンは久し振りなのでかなり大きく感じますが、重さはVAIOより軽いから持ち運びはとても楽にになりました。パソコンの進歩はバッテリーの改善と共に進んでいったと言いますが、これも一重に日本の技術者の皆さんのおかげです。心より感謝します!

VAIOの良さは映像や音楽関係のソフトが充実していたことですが、Panasonicさんは徹底的にビジネスに特化していて、余計なソフトは入っていません。
パソコンもこれだけ市場が飽和状態になってきたので、ますます尖ったコンセプトを打ち出さないと選ばれないのでしょう。
長時間の使用にも耐えるバッテリー、カバンに入れた時にかさばらない計上、軽さ、耐久性など、このレッツノートは本当に良く研究されています。

我々の「映像」ももっともっと研究開発の余地はありそうです。
ユーザーが違いを感じるぐらいの品質で、「選ばれる会社」にならなければ・・・!

カテゴリー : 思うこと

2009 年 07 月 17 日 20:43

夏は暑いもの

8月生まれの私はカッと照りつける熱さは嫌ではありませんが、ムシムシする暑さはどうも苦手です。
暑くても風が吹いたりしていると、気分は爽快になりますね。

ところで、セブンイレブンさんが過去のPOSデータを分析して今期の判断にするのを止めたという話をどこかの雑誌で読みました。
夏でも温かいものが売れたり、冬にアイスクリームが売れたりするのは、毎年状況が変わっているから。過去の常識にとらわれていると、判断を誤る。
自分の五感を信じていこうというトップの判断があったようです。

確かに冷房がガンガンにかかっている部屋にいる人にとっては温かい食べ物は必要なんでしょうね。
「夏はかき氷」なんていう定番の発想がどんどん壊れていってしまう時代なんでしょうか。

暑いときは暑い方がいいと思うのですが・・・

今日は暑さのなか頑張った人にひとときの癒しをプレゼント。
暑さのなかで、キレイに咲いている花を見つけました。

DSC01148DSC01148.jpg


カテゴリー : 思うこと

2009 年 07 月 16 日 21:37

川越に行く

今日は川越にある武州ガスさんに訪問させていただきました。
埼玉県の経営品質に取り組んでおられる企業で、以前からDOIT!をご活用いただいていており、お礼もかねて勉強会の方法や企業の活動をお伺いいたしました。

その帰り、一緒に訪問したブロックスの新人、須賀大輔君にぜひ「川越胃腸病院」さんを見てもらいたいと思い、病院に寄らせていただくことに・・・。
突然の訪問に皆さん目を丸くしておられましたが、いつもの「天使のスマイル」で迎えてくださって、須賀君もうれしそう。院長先生や小川部長もわざわざお時間をとっていただき、恐縮してしまいました。
でも、やはりここに来るだけで元気になりますね。

私にとって第二の故郷ような大切な場所です。

余談ですが、川越胃腸病院さんの売店で鈴木森繁さんの水彩画の絵葉書を購入させていただきました。蔵造りの川越の町並みが丁寧に書き込まれていて、飾っておくだけでも癒される本当にいい絵です。鈴木さんは川越の画家さんのようですが、絵から人柄がにじみ出ているような気がしました。

DSC01210DSC01210.jpg







カテゴリー : 思うこと

2009 年 07 月 14 日 21:34

元気もりもり。

金曜日から日曜日にかけて久し振りのロケ。
朝から晩までスタッフの皆さんが頑張ってくれたおかげで、
とてもきい撮影ができました。
中畑さん、中島さん、松本さん、ありがとうございました!

さすがに私も疲れたので
月曜日は休みをとって大阪の自宅にいました。

日曜日もいない父親を平日に目撃した娘は、
「何かあったの?」と心配するような眼で見てきます。

考えてみれば平日に休むことなんて、ここ数年なかったな~。
みんなが頑張って働いてくれていると思うと落ち着かないし、
慣れないことをすると逆に身体に悪いかもしれません。
そうはいっても健康管理も大切な仕事。ゆっくり休ませていただきました。
というわけで今日から元気もりもりのスタートです。

そして今日火曜日は朝から東京へ。
久しぶりの東京は猛暑の一日でした。外に出ると「夏っ!」という感じです。
今日は有名なコンサルティング会社の方が御来社いただき、DOIT!のことを
話し合いました。
いろいろと褒めていただき、嬉しかったです。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 06 月 30 日 09:09

水たまり

雨が降ったり止んだり。
毎日じめじめした日が続きます。

子供の頃は、雨上がりに水たまりで遊ぶの大好きで、水たまりと水たまりの間に溝を掘り、ダムや川を作って遊んだり、水たまりに思いっきりジャンプインして水をまき散らし、雨上がりの道はディズニーランドのような楽しさでした。

私の故郷は京都の山の麓でしたから、舗装されていない道路がたくさんありました。その中にできる水たまりは濁っていて、外から深さが測れません。

足を入れると思ったより深かったり、思ったより浅かったり。
長靴の中に水か入るほどの深さに出逢うと、かなり嬉しかったような記憶があります。

時々今でも水たまりに思いっきり足を踏み入れたくなる衝動が起きるのは、そんな記憶のせいなのだと思うのですが、水たまりには不思議な魅力があると思いませんか?

最近、私は意外と雨も梅雨も好きなのだと気づきました。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 06 月 22 日 09:03

携帯電話

日曜日、雨も降りましたが晴れ間もみえた関西地方。

DSC01042DSC01042.jpg

母親がようやく携帯電話を持つことに同意をしてくれたので、購入した電話の使い方を教えに行きました。
簡単になったとはいえ、母親にとってはハードルが高く、付属のマニュアルさえわかりにくいと言います。

そこで、一通り教えた後、電話がかかってきた場合、受ける場合、不在着信があった場合など、押すボタンと操作方法を記載した、「やりたいこと別マニュアル」を、チラシの裏側を使って書いてあげることにしたのですが、なんだか映像の構成案を書いているような気分です。

その後は孫に電話をかける「実施トレーニング」で締めくくり。

なんだか会社の新人研修会のような時間でしたが、これで使ってくれれば安心です。



夜、娘達から父の日のプレゼントということで、室内限定で着てほしいと条件が着いたTシャツをもらいました。
このチョイス、なんだかな~と思う気持ちもありますが、子供からのプレゼントはやっぱり嬉しいですね。

DSC01064DSC01064.jpg




カテゴリー : 思うこと

2009 年 06 月 16 日 18:36

スマイリング・ベイビー・プロジェクト!

美容業界などで活躍されている写真家、堀口マモルさんから、「今度、新しいプロジェクトを立ち上げたので協力してほしい」というご連絡をいただきました。

それが「スマイリングベイビープロジェクト」。 ※下のバナーをクリックしてみてください

プロジェクト・スマイリングベイビー Project Smiling Baby (c) Mamoru Horiguchi


赤ちゃんののピュアでパワーあふれる笑顔を通して、地球環境改善や世界平和など世の中をよりよくする為にどうするべきかをみんなが考えるきっかけとなるプロジェクトにしていこう!

そんな思いでスタートしたプロジェクトなんだそうです。


確かに赤ちゃんの笑顔は、見ているだけで優しい気持ちになりますね。

自分が子供好きだから、余計にそう思うのかもしれませんが、こんな笑顔を見たら、きっとどんな極悪非道のヤクザさんだって、ニコニコしてしまうんじゃないでしょうか。
そう考えると、赤ちゃんの笑顔にはパワーがありそうです。

このプロジェクトの存在をひとりでも多くの人に知ってもらいたいので、ご興味のある方は応援してあげてください!

【堀口マモルさん】

ニューヨーク、パリ、ミラノ、そして現在は東京を拠点に活動する写真家。
写真作家としてフランス、イタリア、スペイン、スイス、ベルギー、アメリカ、香港、台湾など国内外で写真展を多く開催。その才能あふれる作品は世界のミュージアムにも永久保存されている。
ファッションフォトグラファーとしての活動以外にもエリック・クラプトン、ディビッド・ボウイ、シンディ・ローパー、アントニオ猪木など著名人やアーティストのポートレート撮影をする傍ら、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいる社会派アーティスト。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 06 月 05 日 14:35

生きている喜び

お客様から、「この会社はやっぱり違う!」と思ってもらう為には、他がやる以上に努力をしなければなりません。

工夫もせず、努力もせず、簡単にできることばかりをやっていたら、もはやそれまで。
お客様に喜んでもらうことは、肉体的にはしんどいことなのだと、最近つくづく感じています。
そしてその「しんどさ」を乗り越えたところにしか、本当の生きてる喜びは味わえない気がします。

そもそもサービスとは、お客様という他人の心を理解して、プロとしてそれ以上のものを提供しようというのですから、しんどくない訳がない。相手の土俵で勝負する世界です。

リッツカールトンさんだって、ネッツ南国さんだって、バグジーさんだって、川越胃腸病院さんだって、皆さん動き回っているし、考えまくっているし、自分の時間を削り、お客様ためにたくさんの時間を使っておられます。

成功している企業は、やはり他の何十倍も働くから、お客様が集まるし、たくさんのお客様に対して手を抜かないから、さらに肉体はしんどくなる。

それでも、精神がしんどくならないのは、「自分がやりたいからやる」というマインドがあるから。人生を主体的に生きている人が集まらなければ、あんなサービスはできません。きっと。

お客様の注文だけに応える。
上司から言われたことだけをやる。
ルールに決められたことをだけをやる。

それは確かに楽でしょうが、きっと何かが少しずつ破壊されているような気がします。
手応えのある人生が遠のいていくような・・・。

ゲームに没頭するように、常に自分の頭をフル回転させて、ひとつひとつの仕事に自分なりの考えを盛り込んで、どんな仕事も「創造的な仕事」ににする。
これが「生きている」ことのような気がするのですが、もはや古い考えなのでしょうか。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 06 月 05 日 08:35

ひさしぶりですね

三重県から大阪、大阪から小倉、小倉から東京へと、今週は目まぐるしく日本を横断してしています。
遅くまで撮影をしたり、朝も早かったりで、なかなかブログ更新ができませんでしたが、今日は久しぶりに東京。ブログを久しぶりに更新します!

昨日の夜は、6月度の試写交流会in東京を行いました。今回は30名以上の皆さんがご出席。ブロックスも制作部のスタッフが手伝いにきてくれて、とても賑やかな勉強会となりました。

美容室、銀行、家電メーカー、タイヤメーカー、病院、飲食店、携帯電話販売店、研修会社、コンピューター、靴の販売会社、旅行会社、刺繍会社・・・など、お集まりいただいた皆さんの業界は本当に様々です!

なのに、グループ討議があっと言う間に盛り上がるのは、何故なんでしょうか。
感性や気持ちが同じ人が集まると、とても良い空気になりますね。

来月は7月1日(水)、18:30~。場所は新宿、無料です。
次回は「チームワーク」をテーマにしたいと思っています。

■試写交流会in東京新宿(無料)

よろしければ、ぜひ!




カテゴリー : 思うこと

2009 年 05 月 29 日 19:36

「びよういん」と「びょういん」

昨日のブログの最後に書いた「DVDの感想文」。
届けていただいたのは、川越の天使の皆さんでした。

川越胃腸病院の事務部の皆さんがDOIT!73号「バグジー」を使った勉強会を開いてくださって、なんと参加したお一人ひとりが感想を書いてくださったんです。

感想文とわかっていても、一人ひとりがキレイな封筒に入れて送ってくださったので、自分に手紙をもらった気分になりました。
ふだん若い女性から手紙をもらいなれていない私はかなりドギマギしてしまいましたが、内容はバグジーを見て一人一人が感じられた熱いメッセージ。
夜、一人で読んでいたのですが、すべての手紙に心がこもっているし、川越胃腸病院さんと比較しながら、もっと自分を高めていきたいという前向きな内容ばかりで、両方を知っている私は、本当に嬉しくなりました。

「てんしがいるびよういん」と「てんしがいるびょういん」。
似ているのは名前だけではなさそうですね。

川越の天使の皆さんに私の好きな言葉を送ります。

「他の人の良さを見つけ出せる人は、それだけ自分の心も美しい人なのです。」(ダスキン創業者 鈴木清一氏)

物事を素直に見て、素直に感動し、謙虚に学ぼうする「キレイな心」の大切さを、皆さんの手紙を読んで改めて感じました。
そして、こんな人がたくさん育っておられる川越胃腸病院さんの凄さ。やっぱり素晴らしいところです。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 05 月 26 日 19:45

ゴミ

大阪の繁華街、道頓堀に近いブロックスの大阪のオフィス。
少し離れたところにある長堀橋駅の付近は、毎日結構な通行者です。
一歩大通りから中に入れば、そんなでもないのですが、メイン通りは、サラリーマンから飲み屋で働く人まで毎日、すごい人通り。

そんな街ですから、道路には結構、ゴミが落ちています。
一番多いのがタバコの吸い殻。次が菓子や食品の袋、街路樹の葉っぱもありますが、そんなのはごく僅か。
ほとんどが人の出したゴミ。恥ずかしい話ですが、このあたりの現状はそんな感じです。

どうして、こんなに多いだろうと思っている側から、吸い殻を落としていく人。
呆れてしまいますが、こんな光景は大阪だけではないのかもしれません。

日本人のモラルが低下しているぞ!と言いたいけれど、正直に告白すれば、私も昔、同じようなことをしたことがあります。人のことを言えた義理ではありません。

汚れた環境が汚れた人を作るのか、汚れた心が環境をつくるのか
本当のところはわかりませんが、何か世相を表しているのかと思うと、少し嫌な感じもします。
大人がしっかりしなけば。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 05 月 07 日 22:12

ゴールデンウィーク!

久しぶりのブログ更新です。

このゴールデンウィークは思い切って、ブログをお休みをさせていただきました。
私は仕事も少ししましたが、基本的には暦通りの休みが取れ、かなり元気です。
皆さんは、どんなGWだったでしょうか。

休み中、真ん中の娘が「京都に行きたい」というので、二人でお寺を巡りをしてきました。
彼女が一番行きたいと言っていたのが石庭で有名な龍安寺
17歳女子なのに、なかなかしぶい選択をします(笑)。
しかし、さすが世界遺産。さすが石庭。この雰囲気はここでしか味わえません。
親子二人、石庭を見ながら、しばらく佇んでおりました。

Image103.jpg

ところで、龍安寺にある「知足の蹲踞(つくばい)」というのはご存じでしょうか。
それがこれ。

180px-Ryoanjitemple.jpg

そこには「吾唯足知」(われ、ただ足るを知る)の4字が刻まれているのですが、これは、不満を言うな、今を満足する心を持てという教えなのだそうです。

これだけ恵まれている時代なのに、足るを知らない現代人はさらに求めようとしています。
この四文字の意味を知ると、このシンプルな石庭の見方が変わってきます。

その後、近くの妙心寺に寄って、嵐山の天龍寺へ。ここも世界遺産のひとつです。
天龍寺が有名なのは、曹源池庭園ですが、この庭園を回廊から見ると、なぜか昔の貴族か僧侶になったような気分になります。

Image130.jpg

回廊の奧の暗い部屋から、明るい庭を見ると部屋の周囲が額縁のようになって、これまた見事です。まだ未体験の方は、ぜひ、一度味わってみてください。絵はがきのようですよ。

今の季節、庭にたくさんの花が咲き乱れていて、春の京都を満喫できます。
やっぱり京都はいいですね。

Image136.jpg

しかし、なんだかんだで、3つのお寺を巡り、境内を歩き回るとかなり疲れました。
お寺の場合、あまり欲張らず、ひとつのお寺でボーッとするという楽しみ方の方が合っているかもしれません。




カテゴリー : 思うこと

2009 年 04 月 29 日 00:06

ホスピタリティ道

今日の午後、大久保さんが東京事務所に来てくださいました。

「組織と人の向上セミナー」をご紹介するために、どのようなセミナーなのかを大久保さんに語っていただき、それを映像化するというアイディアで、今日はその収録をさせていただきました。

その中で先日、院内で実施させていただいた川越胃腸病院さんの話になって、もし可能なら皆さんの感想もお聞きしてみようと、急遽病院にご連絡して、お伺いすることに・・・。
突然のことで、川越胃腸病院の皆さんもさぞ驚かれたと思います。

ブロックスからは小出君、途中で、組織と人の幸せづくり研究所の間宮さん、松崎さんも合流していただき、夕方、川越胃腸病院さんへ到着。突然のことなのに、皆さんが笑顔でお迎えいただいて、撮影にもご協力をいただきました。(皆さんありがとうございました!)



いつも思うのですが、ここ(川越胃腸病院)にくると、自分の心が和むのがわかります。

本当は病院は身体を悪くしていくところなのに、私は悪くないのに行っているので(すみません)、心配も不安もないからだと言われたらそれまでですが、それでも心が和むという感覚は、ここの病院の不思議なところです。

やっぱり、「人」のオーラというのでしょうか。来る人を心から歓迎し、好意を持って迎えてくださる皆さんの「気」が、スッと心を軽くしてくれます。

「笑顔が人を救う」というお話がありますが、本当に皆さんの笑顔が心を解きほぐしてくれます。
しかも、こちらは一人の笑顔じゃないんですよね。全体が笑顔。病院が笑顔なんです。そこが決定的に他の組織にないところだと思います。


事務部の福島さんが、20年以上も前の資料に、病院の基本応対に【おもてなし】の事が明確に記載されていたというお話をしてくださったのですが、その当時からひとつひとつの応対に心を込め、改善し、積み重ねられた「文化」が、私が感じる「和み」の背景にあります。
だから、決して簡単なことではなかったはず。

日本の良き文化も、時代に翻弄され廃れていくことがありますが、やっぱり時流に流されず、浮かれず、本質を見つめていく基本的な哲学を持ち続けることが、一番大事なんでしょうね。

こうした本質的な哲学は、昔から日本では「商人道」とか「武士道」というように、道として大切にしてきました。川越胃腸病院さんの経営は、「ホスピタリティ道」というようなものかもしれません。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 04 月 24 日 11:37

不況にどう立ち向かうか

5月21日の「日本を元気にするセミナー」。今、いろんな方が申し込んでくださっています。

先行きが見えない時代だから経費を省こうではなくて、先行きが見えない時代だから次の時代に備えて投資をしよう、自分を磨こう・・・。お話をお伺いすると、ほとんどの皆さんがこんなお気持ちで申し込んでくださっているようです。
本当に頭が下がります。

私もそうですが、急激な変化の時代を迎えると迷いが出てきてしまいます。
先日もセミナーである経営者の方が「急激に業績が落ちる今、CSやESなんて言ってられるのでしょうか」という質問をされていましたが、そう言いたくなるお気持ちも良くわかります。
ちまたでは、いろんな企業から「理念で飯が食えるか」とか、「お題目より利益だ、儲けだ」というような声が聞こえてきます。

業績が落ち込むと不安にならない訳はありません。気持ちが揺れるのは当然です。

私はこんな時、これまで取材した経営者はこんな逆境に合われた時は、どのような判断をされるのかな?どんな態度でおられるのかな?と想像してみます。

いろいろな取材先の経営者の顔が思い出され、妄想のインタビューが始まるのですが、いつも最後に想像が行き着くのは、右往左往せず、ニコニコ笑っておられるいつもの顔。
「惑わされたら駄目だよ」とおっしゃる、いろんな経営者の顔が見えてきます。

取材の時に聞きましたが、どの経営者も、今日までに相当の試練を乗り越えてこられています。

こうした不況の時代もあったでしょうし、倒産の危機だって何度も経験されているでしょう。お金があればと利益優先の誘惑にとらわれたことだって正直あったと思います。
人が辞めていくことの辛さもあっただろうし、社員が誰も振り向かない辛さもあったでしょうし、、業界から相手にされない、バカにされるなんていうこともあったに違いありません。

DOIT!の取材の時に、そんな苦闘のお話はたくさんお聴きしました。
だから、今回の「不況」という波だって、そのうちのひとつだというぐらいにしか考えておられないんじゃないかと、想像してしまうんです。


でも、未熟で弱い私は、なかなかそうはいきません。
挫けそうにもなるし、ぶれそうにもなります。

そんな時こそ、尊敬する経営者の顔を思い浮かべてながら、身を引き締め頑張っていこうと思います。
強い味方がいるようです。

改めて、素晴らしい経営者と出逢わせていただいたことは、本当にありがたいことだと思います。



カテゴリー : 思うこと

2009 年 04 月 20 日 19:43

娘と食事

日曜日の夜、久しぶりに娘3人と食事に行きました。

長女の芽生(めい)、次女の未生(みお)、三女の亜生(あい)。

ほとんど家にいない父親ですが、食事ぐらいは一緒に来てくれます。

いろいろと話をしましたが、外見だけは大人ですが、話の内容はまだまだ子供。

今時の高校生とは思えない3人の天然ボケぶりが少し心配になりました。

久しぶりに合ったのに、私を見て「老けた」とか「やつれた」とか

嫌なことも言いますが、身体のことを心配もしてくれていているということもわかって、ちょっと嬉しかったです。


さて、月曜日の今日は、大阪にいました。

朝から夕方まで慌ただしい一日でしたが、今日も良い出逢いがありました。

税理士の先生ですが、志を大切にされ、元気な企業づくりを応援されている方です。

事務所の明るい雰囲気がとてもお印象的。

良い企業は玄関口でわかりますね。





カテゴリー : 思うこと

2009 年 04 月 19 日 17:23

新緑の季節

今日は快晴で、うららかな春の日曜日。

桜の花が終わったこの季節、実は私が一年で一番好きな季節。

何が好きかというと、青々とした木々の新芽の色が至る処に目立ってきて、

なんか、日本全体の樹という樹が、「ようしやったるで~」と叫んでいるような、元気な感じがします。

この前見た、東京の公園の新緑も良かったし、

昨日通った大阪の御堂筋の銀杏の新緑もいいですね~。

今日、家で育ているアジサイも、若い葉が青々と茂ってきていてがんばってました。

いつの間にか散っていた桜も、世代交代を待っていた若者のように、僅かに残る花びら中で輝いているし・・・

DSC04222.jpg

4月の空の青色と太陽に透き通る新緑の瑞々しい緑色。
なんでこんなに気持ちいいんでしょうか?

私が汚れているからか?
疲れているのか?

涙が出そうになります。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 04 月 13 日 21:51

ひとり暮らし

いろんな会社で入社式が終わって、今、新人さんは社会人一年生としての研修の最中でしょうか。
入社と同時に親元を離れ、一人暮らしを始めた人も多いかもしれません。

私も何十年か前、社会人と同時に一人暮らしを始めました。
出来るだけ切りつめようと、選んだところはボロアパート。昔の「長屋」のようなところでしたが、それでも、初めての「自分の城」。
嬉しくてしかたありませんでした。

仕事を続けていくとお金も貯まり、徐々に家具や家電製品が揃っていくのも楽しみでした。

その後仕事と共に何回か引越をし、結婚したり、家族が増えたりして、暮らしも家も変わってきました。
しかし、一番面白かったのは始めての一人暮らし。

足りないから面白い。貧乏だから考える。
満ち足りていないことが創造的になるんでしょうか。



さて、今日は大阪で持田君と一緒にいろんな会社に訪問させていただきました。

中でも化粧品のメーカーである大阪のD社の社長と常務のお話は、自分の気持ちに響きました。
1997年にたった四人で創業され、今や全国にテレビコマーシャルを打つほどの企業になられたのですが、お二人とお話していると、急成長企業にありがちなギラギラ感がまったくありません。

たぶん、4人で始められた頃、そのままの精神をお持ちなのでしょう。

共感したことは、「正直な商い」。

自分が感動したこと、納得したことだけを素直に伝える。
品質にこだわる、中身にこだわることが遠回りのようで結局は近道。

何か、王道を教えていただいたような気がしました。

DOIT!の社内勉強会もずっと続けてくださっているのだとか。
「おっ、それはDOIT!的だね」とかという言い方まで出てきたそうです。

本当にありがたく、嬉しいお話でした。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 04 月 08 日 08:00

ある手紙

先日、73号のバグジーのビデオでインタビューに答えてくれたNさんがバグジーを卒業されるということを聞き、ささやかなプレゼントを贈ったら、御礼のお手紙をくださいました。

バグジーに入社でき、たくさんの人との出逢いのおかげで今の自分がある。
みんなのおかげでこの仕事が大好きになり、本当に私は幸せだ。

手紙のなかに「成長の喜び」「感謝の気持ち」がたくさん書いてありました。

この間の講演でも、田坂広志さんが「見えない報酬」というお話されていましたが、このNさんも、バグジーさんとの出逢い、仕事を通して、本当にたくさんの見えない報酬をもらわれたようです。
手紙のなかに、そこへの喜びがいっぱい詰まっていました。


見えないけれど大切な仕事の報酬。

田坂さんの本「仕事の報酬とは何か」には、こんなことが書かれています。

仕事の報酬の第一は「能力」。
一生懸命仕事をすると職業人としての能力が身につく。良い仕事を残そうとすると能力が磨かれる。

仕事の報酬の第二は「仕事」
一生懸命仕事をすると良い「仕事」を残すことができる。職業人としての能力を磨くことによって良い仕事を残すことができる。

仕事の報酬の第三は「成長」
一生懸命仕事をすると、人間として「成長」できる。困難と立ち向かい、仲間と切磋琢磨することで、1人の人間として成長することができる。これはある意味で最高の報酬だ。

この間の講演では、その他に「出逢い」ということも上げておられました。
仕事の報酬は、素晴らしい人との出逢いもあります。

もちろん、収入や地位などの「目に見える報酬」が大切ではないと言っておられる訳ではありません。しかし、以外と多くの人は「目に見える報酬」だけに目が向きがち。

田坂さんの本には続けてこんなことが書かれています。

「報酬」は「自ら求めて得るべき報酬」(能力や仕事や成長)と、「結果として与えられる報酬」(地位や収入)とある。
早く経済的に豊かになりたいと、「結果として得られる報酬」に目が向いて、性急な心の姿勢に陥った瞬間に、現場での厳しい修練を通して得られる忍耐力や粘り強さという「能力」を失ってしまうという大きなジレンマに陥る。

バグジーのNさんも何度も何度も「辞めたい」と思ったそうです。
手紙にも「そんな時が何度かあったけど、辞めないで良かった」とおっしゃっておられました。

仕事は厳しい。いろんな波が降りかかる。
でも、そこからどんな報酬が得られるのか、「目に見えない報酬」という視点から考えてみると、ひとつの答えになるかもしれません。

「仕事」は奧が深いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「仕事の報酬とは何か」~人間成長をめざして~
著  者:田坂 広志
出 版 社:PHPエディターズ・グループ
定  価:1,150円(税別)

カテゴリー : 思うこと

2009 年 04 月 07 日 22:39

されど「塩」

東京事務所から一駅先の「市ヶ谷」は都内の桜の名所のひとつ。

四ッ谷駅から市ヶ谷駅にかけて、沢山の桜の木があって、この時期になると、お濠の水面に花びらが舞い落ちて、それはそれはいい感じになっています。

会社から歩いても15分ほどで、その美しい風景が見られるのに、今年はまだ一度も行っていません。
駅からチラッとみた程度です。
せっかくの春、今度の休みには写真でも撮りに行きたいと思っているのですが、もう散ってしまっているかもしれませんね。



さて、今日は、DOIT!のユーザーさんでもある、伊豆大島で「自然塩」を作っておられる海の精株式会社さんに行ってきました。

皆さんはこの会社のことをご存じでしたでしょうか?

今でこそ、塩の生産も販売も自由にできますが、少し前までは、専売法という法律に阻まれて、自由な販売はできませんでした。そのもっと昔は、日本には塩田が各地にあり、自由に作ってきたものなのですが、国が管理するようになったことで、日本の塩づくりは廃れてしまいました。

しかし、その専売法ができる直前に、なんとか昔ながらの塩づくりを残そうと、国と戦ってきた団体がありました。
その団体は、「日本の美味しい塩をなんとか生産し、消費者に届けたい」と、必死な思いで運動を続け、国に働きかけながら伊豆大島で、実験的な塩づくりをしてこられました。

それが、海の精株式会社の原点なのだそうです。

自由化になってからは、株式会社として生まれ変わり、全国各地のユーザーさんに販売されています。

そんな会社のお話を伺って、サンプルの塩をいただいたのですが、やっぱりひと味違います。
海水を煮詰め、天日で水分を蒸発されるという、実に手間ひまかかる作り方の塩づくり。
「手塩にかける」とはこのことかもしれませんね。


すっかり、塩のことにはまってしまいましたが、
社長曰く、「日本人には塩が足りない」のだそうです。
良い塩を取ることで、元気になる。行きすぎた減塩は返って良くないのだとか。

たかが塩、されど塩。
勉強してみると、結構奧の深いもののようです。






カテゴリー : 思うこと

2009 年 04 月 01 日 19:50

最近のこと

ここしばらく「気まぐれ日記」の更新ができていませんでした。
せっかく訪問してくださっているのに、前と同じでは申し訳ないと思いながらも、忙しくなるとつい、後まわしになってしまいます。反省、反省・・・。

土曜日は東京から長野県の松本に移動して、大久保さんの還暦のお祝いに参加。
伊那食品の塚越会長と、お揃いのアフロとサングラスで大久保さんを驚かせてきました。
皆さんにご協力していただいたメッセージ映像も大成功!皆さん、また完成ビデオ送ります。

その翌日は、名古屋経由で大阪へ。
そのまま、日曜日の夜は九州で泊まって久保さんと合流。
翌日はバグジーさんの入社式と合宿に参加しました。

いやいや本当に素晴らしい入社式ですね~。
お母さんやお父さんの手紙に、やっぱり泣いてしまいました。

その後の合宿も、さすがに「自主活性化」の風土づくりに取り組み続けておられるバグジーならでは。
みんなが輝いて目標づくりに取り組んでいました。
この様子は映像で撮影していますので、いつか皆さんにご紹介できればと思っています。


さて、昨日のうちに大阪に戻れたので、
今朝は、朝からヨリタ歯科に行ってきました。

実は今日は、寄田先生の誕生日。
職員の皆さんがサプライズでお祝いをされるというので私も内緒で参加するということに。
パンダのぬいぐるみを着て、岐阜からこられた大久保さんと一緒に寄田さんを驚かせてきました(笑)。
職員みんなの手作りのお祝い。ヨリタ流の楽しい演出に、寄田さんも感動されていました。
最近はなんだかこんなことが続いていますが、人が喜ぶことをするだけで気持ちが良くなります。
人を楽しませているのだか、自分が楽しんでいるのかわかりません。

その後、大阪の事務所に戻って、社員の面接と、ご来社いただいたJAEさんと打合せ。
資料作りやなんやらで、今日もバタバタの一日でした。
でも、いろんな人が喜んでくださって、今日は◎の一日でした。

ところで、今日は次女の未生(みお)の誕生日。
朝、お祝いを渡したら喜んでくれましたが、最近はちゃんと話ができていません。
知らぬ間に高校2年になるそうです。(人ごとのようですが)

親がこんなだから、子供のほうも「しっかりしなきゃ」と思ってくれているのか
何の問題もなく育ってくれています。

隙があれば「勉強なんかやめて、遊びにいこう」と言ってばかりいるので
子供の「うかうか口車に乗ったらあかん。へたするとあんな風になってしまう」
と気合いが入るんだと思います。きっと。
子供にも感謝しないといけません。








カテゴリー : 思うこと

2009 年 03 月 24 日 08:35

楽しくなる回路

ある人を喜ばせようと、作戦を練っているのですが、もうそれ自体で楽しくなっていくのが面白いな~と思っています。やっぱり仕事も同じでアイディアを練る瞬間が面白いし、それを自分でコントロールできたらなおのこと。

昨日の夜も飲みながら話し合っていたのですが、私は昔から、どんな仕事をする時も、この回路が回ってしまうので仕事が嫌になりにくいようです。

人から言わせると、「普通の人」ではないそうです(笑)。

確かにな~。うすうす変だとは思っていましたが、この変な回路を持っている人は意外と多い気もするので、もしかすると、普通と変が逆転する日もあるかも・・・?

少なくとも今のこの作戦に乗ってくださる皆さんは「変チーム」の一員のようです。変な言い方ですが・・・。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 03 月 20 日 19:29

賑わう百貨店

昨日は、大阪の試写交流会。
二次会も盛り上がって、11時半まで梅田にいました。
京都や奈良からのお客様もおられたのですが、ちょっと話し合うだけで友達になれるのは、DOIT!という共通点があるからなんでしょうか。
とにかく、課題は業種業態を超えて同じですね。

大阪や東京だけでなく、いろんな地方でやれるといいな~。
どなたかと協力してやってみようかな。

さて、今日は祭日ですが、梅田で監督の中畑さんとビジョンワークの落合さんと打合せ。
ビジョンワークさんというのは、映像の技術会社。落合さんこと、オッチーとは、もう何年も一緒に仕事をしてきました。DOIT!の撮影チームのメンバーです。
やっぱり、阿吽の呼吸で仕事ができるというスタッフは得難い存在。なんでも早いですね。

その後、用事があって、梅田の阪急百貨店の地下食料品売場に行きました。
休日ということもあってか、もの凄い人が買い物にこられていました。
人気店には行列が出来ているし、歩くのさえ必死。
さすが、大阪の老舗、阪急さん。頑張っておられます!

しかし、実際、こんな賑わいを見てしまうと、「不況って何なんだろうか?」と思ってしまいます。
サイフの紐は堅くなっているんでしょうが、日本はまだまだま裕福な国です。
ほとんど大したことを話していない携帯電話を、殆どの子供が持っているし、こうやって美味しいものを選んで食べるゆとりもあります。

貧困にあえぐ国の人がこの状況を見たら、絶対に日本が「不況」なんて信じないでしょうね。

本当に、この豊かさに感謝しないと罰があたりそうです。














カテゴリー : 思うこと

2009 年 03 月 07 日 18:36

始発の新幹線で

5時起床。6時に発射する朝一番の東京発の新幹線に乗る。

これに乗ると8時30分には新大阪に着き、9時からの会議に間に合ってしまいます。
いいか悪いかは別にして、この新幹線の存在は、ビジネスに大きな影響を与えているんでしょうね。

少し前は、この時間は真っ暗だった東京の街も、季節と共にだんだん明るくなってきています。朝日に照らされるビル群は、ちょっといい感じです。


そんな新幹線の2時間半を過ごした後、今日は大阪で販売チームの合宿勉強会。
一日かけて方針や計画、やりたいことを話し合いました。

みんな土曜日というのに、出てきてくれてやる気も満々。
4月から産休から復帰する、與田(よでん)さんも参加してくれました。

彼女は創業からのメンバーですが、出産と育児で1年間ブロックスから離れていました。
男の子3人の育児でさらにたくましくなっての復帰。
すごい戦力になってくれると思います。

小出君、伊原さん、小柳さん、そして與田さん。
力を合わせて、がんばっていきましょう!!








カテゴリー : 思うこと

2009 年 03 月 06 日 08:13

心で感じるというスタイル

昨日は夕方から、新宿で「試写交流会」。
初めて参加する人がほとんどで、少し緊張感のなかでスタートしましたが、時間と共に笑い声も出始めて、最後はとてもいい雰囲気になりました。

こうして勉強会をしているといつも思うのですが、皆さん、研修というものにずいぶん慣れておられます。研修生としての基本を身につけておられるので、進行する側としてはとてもやりやすく、進行はスムーズにいきます。

しかし反対に少し気になることもあります。

昨日の皆さんは、心で感じて自由に話し合うというブロックススタイルの勉強会に慣れておられましたが、こうした映像を知らないほとんどの方は、そんなスタイルにかなり戸惑いを感じられるようです。

講師からの質問に対しては「心の実感を言うのではなく、理性的で正しい答えを出さなければならない」とか、「感動して泣いたり、研修という真面目な場で笑ったりしてはいけない」とか、知識・スキルの研修を中心に研修体験を積み重ねてこられた方にとっては、「心で感じる」ということはだいぶ違和感があるようです。

会社の中においては、居酒屋のようにリラックスしながら、真面目な話を楽しく語り合うということは難しいんでしょうね。まだまだ・・・。

そんなことを考えていると、今朝、いつもとてもいい言葉を送ってくれるブーストパートナーズの小田さんのメルマガにこんな文章がありました。


<今朝の成長フレーズ>

 本当に必要な答えは

 頭の中ではなく、心の中にある

 小田真嘉 ※メルマガ登録: http://www.odamasayoshi.net/


昨日の今日だったので、この言葉がとても印象に残りました。

自分の心を見つめ直す時間は、ビジネスの中でますます大事になってきているような気がするのですが、こんなことばかり言っていると「甘い!」というご指摘もまた聞こえてきそうです。
両方大事なんですね。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 03 月 01 日 20:41

故郷、京都

疲れがたまっているのか、最近考えがまとまらないので、今日は仕事を忘れて京都に行きました。

映画村で有名な太秦にいる友達と会ってから、近くの広沢池(ひろさわのいけ)に。

DSC07038.jpg

DSC07041.jpg

嵯峨野ののんびりとした景色。
平安時代の人達の見たのとそんなに変わらないんじゃないかと思うような雰囲気。
近くには大覚寺という有名なお寺もあります。

DSC07033.jpg

広沢池にはサギやカワセミといった鳥も多く、
アマチュアカメラマンもたくさんきていました。


その後は、親がいる山科へ。
今日は時間があったので、家の周りを撮影してみました。
これ(下)が、小学生の時からずっと遊んでいた池。
池にはたくさんの鯉が泳いでいますが、ルアーで釣って怒られたことがあります。

DSC07101.jpg

DSC07105.jpg

ここは、真冬になると丸い氷ができる場所。
丸く分厚い氷を採集するのに命をかけてました(笑)。

DSC07111.jpg

家の真横にあったこのクスノキは、かなりの樹齢だと思いますが今なお健在。(中学生の写生で書いた構図で)

DSC07108.jpg

中学生の頃、毎週のように掃除をさせられていた川(溝?)
全長は結構長く、両側の草刈りも大変でしたが、おやつももらえて、結構楽しいことも多かった。

DSC07113.jpg

学校の前の池。六角形の休憩所があるので、六角堂の池と呼んでいました。
ここも大きな鯉が泳いでいます。

学校の前なのでルアーは使わず、普通の釣り針で、こそっと挑戦。
「釣りキチ三平」が流行っていたので、幻の魚「イトウ」を釣り上げた気分になって喜んだりしてましたが、確か先生から、かなり怒られました。

DSC07117.jpg

学校の周りにはこんな小道がいっぱいあって、暗くなるまで遊びまくってました。
ここを通ると懐かしくなる。

DSC07115.jpg

生まれた場所があるというのはありがたいこと。
ここ来ると、やっぱり元気になります。

いつまで残っているのかわからないけど、できればこのままあり続けてほしい。









カテゴリー : 思うこと

2009 年 02 月 16 日 08:48

150人がちょうどいい

昨日の新聞に「150人がちょうどいい」という記事がありました。

携帯電話の登録の中でこれからも電話をかける関係と思える人はだいたいが100~200人ぐらいだという例を出しながら、英国の人類学者R・ダンバーさんが研究した、目的を共有し心を通わせながら一体となって活動するユニットの規模が紹介されていました。

それが150人。
軍隊や企業の他に、ひとつの教会の信徒数など、いろんな組織を調べたら、世の東西、時代を超えてその数は100~200の範囲だったそうです。
この結果、ダンバーさんは、集団の維持にはメンバー間の直接的、個人的なつながりが不可欠で、その最適規模が「150人」だと言っておられるみたいです。

川越胃腸病院の取材の時、望月院長が、自分が見られる規模は100人ということを仰っておられましたが、心を通わせることができる組織の規模を院長は実感としてもっておられたのかもしれません。
DOIT!の取材企業の従業員数の平均も、もしかするとこのあたりかも。

その記事には、まわりとの関係を良好に築こうとする社会的動物である人間の脳の処理範囲は、150人ぐらいで生活できるのが最適なんだとも書いてありました。

150人という数字がとても印象に残った記事でした。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 02 月 09 日 11:12

女性の強さ、たくましさ

今日は、女性社員が7割~8割というある企業にお邪魔して、ワークライフバランスを高める様々な取り組みについて取材をさせていただきました。

全国に支社や支店があるこの企業では、昔から女性が主戦力として活躍されています。出産や子育てなど、働き続けたいという女性にとって障害となっていた様々な問題を解決するための様々な制度を、独創的に作り上げてこられました。

いろんな人の話を聞いて感動したことは、人事や労務の考え方でした。
まず、根底にあったのが、働く人が「仕事を楽しい!」「会社が好きだ!」と心から思っていること。そして、その強烈な思いから、「出産や子育てなんかで簡単に自分を諦めたくない」という気持ちが生まれ、なんとかしたい、なんとかしてあげたいと会社が考える。
そして生まれてきたのが、様々な「働き方」のニーズに応える制度。この順番が一番大事ですよね。

子育てしながら働ける。介護しながらも安心して働ける。
ただ働く時間が短い」という状況があるだけで、フルタイムの正社員とまったく変わらない評価や仕事内容を実現する社員の皆さんのインタビューから、いろんな刺激を受けました。

・子育ても仕事も「思い通りにならないことをなんとかすること」。子育てで成長できた。
・出産や育児なんかで自分のキャリアを諦めたくない。
・ワークも大事、ライフも大事。若い時期にはワークだけの時代もあっていい。成長につながる。
・ワークライフバランスには、人生の時間軸を入れて考えるべき
・短時間勤務制度の導入によって、仕事の効率化に磨きがかかり、チームワークの風土ができた。
・長く働けるという「安心」があるから、「よしやってやろう!」という気持ちになる。
・制度がうまく浸透するかどうかは、利用する人が「見本」となること。
・仕事と育児を両立できるという、生きた見本が、後輩を励まし、上司の信頼が生まれる。
・権利だからと感謝の気持ちも忘れてしまうと、うまくいかない。

改めて女性の強さ、たくましさを感じました。
本当にいい仕事をさせていただいています。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 02 月 05 日 21:30

怖さを乗り切る勇気

良かれと思ってやったことが、逆に相手の怒りをかったり、迷惑になったりすることがあります。
そんな経験があると、それが小さなトラウマになって、同じような場面に遭遇してもなかなか行動に踏み出せなくなる。誰でも一度はそんな経験があると思うのですが、そのサイクルにはまりすぎると、どんどん行動を消極的にして、仕事が面白くなくなります。

そんな若い人には「失敗を恐れずやろう」と言うのですが、その傷の具合や「次の一歩」は人によってだいぶ違います。溝のような川もあれば、海のような大きな川もあります。
どうしてそこを超えさせてあげるか。なかなか難しいですね。

私がずっと愛してやまない「営業」という仕事も、最初はお客様の「断り」というのがとてもきつく感じてしまいます。
「いらないよ」「何度も電話してくるな」「必要ない」
今から思えば、お客様として当たり前の言葉が、「なんでこっちは良い物を届けようとしているのに・・」と怒りになったり、「俺のやっていることは間違っているのでは」と落ち込んだり、一日中気になることもしばしばありました。

そんな「断り」が怖くなくなったのは、言ってみれば何度も何度も体験したことだと思いますが、一番最初に、勇気を出してそこに向かっていった時に、「本当のお客様の気持ち」にふれたことが一番、怖さを取り除いく特効薬になりました。

キツイな~と思った言葉の裏には、「あの時は急いでいたんだよ」とか「前に傲慢な営業に合って嫌な想いをした」とか、なるほどな~という事がいっぱいありました。
それを知った時には、本当に「勇気」を出してよかったと思いましたし、良かれと思うことは恐れずにやろうという気持ちにもなりました。

だから、若い人には「失敗を恐れずに」と言ってしまうのですが、「そうは言っても・・・」「西川さんみたいに厚かましくないですもん・・」(これは言われたことはありませんが、きっとそう思っているはず)みたいなことを言われるとなかなか良いアドバイスができません。

営業がうまくいかない、怖いと悩んでいるある人に、なんとか勇気を持ってもらう方法を考えています。
どうすればいいですかね・・・。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 02 月 01 日 20:20

映画を見る

あっという間に1月も終わり、今日から2月。
休みの今日は、映画「おくりびと」を見てきました。

死者を送り出す納棺という仕事を題材にしたこの映画は話題になっているだけあって、公開してから大分たつのに、賑わっていました。
確かに面白い映画ではあったのですが、最近の映画はどうしても「わかりやすく」してしまう傾向にあるのでしょうか。途中、感動を強要されているようなところが気になりました。
しかし、音楽も良かったし、山形の庄内地方の風景は本当にキレイでした。純粋にそんなところも良かったです。

ところで山形といえば、ブロックスには山形出身、山形の学校卒業という社員がかなりいまして、山形勢が一大勢力となっています。
山形を熱烈に愛しているのを不思議がってみていたのですが、こんなにキレイな風景を見ていると確かにそうなる気持ちがわかりました。
一度、に行ってみたいですね。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 29 日 07:48

明るさの源泉

昨日夜は、東京駅のぶどうの樹さんのお店で茨城県経営品質協議会の鬼澤さんや、小川さん、清水さんたちと、ちょっと遅めの新年会をしました。
皆さん仕事が大好きな人ばかりなので、なかなか時間が合うことがないのですが、数年前から1年に一度ぐらいのペースでお食事をしています。

近況、健康、仕事のこと、世界情勢のこと、いろんな話に花が咲きました。
それにしても皆さん、輝いています。明るいオーラの源泉はどこにあるのかと思うのですが、やっぱり人に役立つ生き方がしたいという志の深さなんだと思いました。
私ももっと成長したいと思います。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 28 日 07:25

企業のDNA

今日は、遠く北九州からウォシュレットなど衛生機器で有名なTOTO株式会社のお客様本部の皆さまが当社にお越しくださいました。
DOIT!シリーズもずっとご愛顧いただき、日頃からとてもお世話になっておりますが、九州ともなると、なかなかご訪問することができません。こうしてお越しくださるのは本当にありがたいこと。感謝のしようがありません。

そのTOTOさんはグループ全体の価値観、DNAてをもう一度見直そう、お客様への思いを結集しようといろんな取り組みをされておられるそうです。こうした時期こそ、あたふたとするのではなく、深く自分達の存在価値を見直していくことが大事であるというのは、私も共感します。

直向きさ、真面目さ、愚直さ・・・。外部の人間が簡単に言ってはいけないのだと思いますが、お会いする皆さまのお人柄や作られている社内向け冊子などから、そんな企業理念や風土を感じました。
歴史のある企業は本当に奧が深いですね。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 24 日 17:01

リッツ・カールトンの素晴らしさ

リッツカールトンのレジェンダリー・サービスのセミナーではいろんな学びがありました。

どんなに環境変化の激しい時代であっても、基本的な哲学、信条を変えることはないと断言されるダイアナさんの言葉は本当に自信に満ちていました。

こうした時期においても、他との差別化はやはり心と心のつながりから生まれる感動体験。
お金をかけることでも、豪華な設備を揃えることではなく、一人ひとりがどれだけ感性のレーダーをはり、心から、楽しんで顧客を喜ばせることができるか。お客様が声になされないニーズを先読みし、答えていくことが大切だと仰っていました。

お部屋にお伺いして、ボタンがテーブルに置いてあっただけで、何がお望みかを察して、お客様がご要望される前にジャケットにボタンを縫っておいてあげる。
ゴミ箱にあるチョコレートの包み紙がいっぱい捨ててあったら、次回はそのチョコレートをご用意しておく。

ダイアナさんはこんな例を出しておられましたが、これ見よがしではなく、さりげない、心配りが自然に生まれる文化、風土ことリッツカールトンの凄さだと思いました。

「しなければならない」ではなく、「してあげたい」という気持ちがベースの顧客サービス。とても気持ちいい。

クレド(信条)の中に、「リッツ・カールトンはお客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することをもっとも大切な使命とこころえています。」とか「最高のパーソナルサービスを提供することをお約束します。」とありますが、これは、「努力する」ではなく、「誓い」なのだと、高野さんが教えてくれました。
自分自身へのコミットメントです。だからこそ、深いんだと思います。
「自分を映す鏡」あるいは「モラル・コンパス」という言い方をされていました。

「紳士淑女をおもてなしする我々もまた紳士淑女です」というモットーもゴールドスタンダード。
クレドを何度も何度も確認し、自分自身のものとしなければ、リッツカールトンでの成功はないそうです。

一見、思想の統一のような息苦しさを感じる人もいるかもしれませんが、リッツカールトンの人たちは、みんなこのクレドを、自分の生活の中でも大切にしておられます。

リッツカールトンという仕事の舞台だけで紳士淑女であるような紳士淑女は、本当の紳士淑女ではない。きっとそんな思いなのでしょうね。

ある方が、リッツカールトンで、昔勤務されていたと思われる方が、ロビーで「クレドは今の私の支えになっている」というようなお話をされていたのを耳にはさんで、とても感動されておられましたが、本当に普遍的な経営理念や信条は、人が生きていく上の価値観としてもまったく違和感がないのでしょう。

まわりの人を大切にしよう。
尊敬されるようなふるまいをしよう。
相手の事を気遣おう。
人の喜びが自分の喜び。
相手を名前で呼ぼう。
感じの良いお見送りをしよう。
挨拶は心をこめて。

一般用語で書き出してみると、こう生きたいということばかりです。

私が一番好きなのは、「紳士淑女」のモットー。
高野さんもそうですが、ダイアナさんも、まったく偉そうにされません。
いつもニコニコ。人の話をしっかり聞かれるし、質問には熱心に答える。
謙虚で、勉強熱心。裏も表もまったくない透明さを持っておられます。

リッツカールトンの「顧客サービス」だけをマネして、部下に「感動させなければクビだ!」と圧力をかけるような会社もありますが、本当にマネしなければならないのは、ここじゃないのかと思っています。

日本の会社も凄いけど、やはり世界企業はなかなかレベルは高いですね。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 23 日 09:26

偽善のすすめ

突然ですが、やってみようと思っていても、なかなか行動に起こせないのがボランティア活動なのかもしれません。

今まで、人のことなど考えてもいなかったような人が突然慈善活動をしたりするこの気恥ずかしさや、「格好良くみられたいんだ」とか「いい人に見られたいんだ」と思われることへの抵抗感など、行動に移せない心理的な壁があるのではないでしょうか。
偽善者だと思われるのはやっぱり嫌なものです。

そんなことを考えていると、この間、東京のスタッフ、須賀ちゃんが、「偽善でも売名行為でも、やることで人が助かるんなら、私はやろうと思う」というようなことを言ってくれたのを聞きました。彼女は個人的にもいろんなボランティアをやっています。
私は「なんでみんが躊躇するのか」と考えていたところだったので、なるほど、偽善でいいんだと思ってしまえば意外と簡単に行動できるのかもしれないと、妙に納得してしまいました。

お店の名前や団体の旗を掲げて街頭清掃をしている皆さんの姿に、何となく違和感を覚える人もいると思いますが、その根底の想いがどうであろうと、確実にゴミは減り、街は美しくなっているのは事実です。売名行為であろうと、困っている人にお金が届けば窮地を座れる人もいる。

偽善をやってます!と明るくボランティアを始めてみるのが、一番いいかもしれません。

やっている内に、本気になるということは良くあること。
「人のための美しい行為」などと考えなくても、「自分の体力をつける運動」の為という自己都合で始めてもいいのかも。
偽善と本気の境目を行ったり来たりすることは、自分を見つめるチャンスかもしれません。

自分の満足と社会の満足が一致するんだとか、普段気にしない部分を気にすると、見えてくることがあったり、アクションを起こしてみる、体験してみると新しい発見、気づきはいっぱいあります。

偽善活動は楽しいですよ。







カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 22 日 09:03

働く幸せ

あるお仕事の関係で、川崎にある「日本理化学工業」さんに訪問して参りました。
この会社はチョークを作っている会社なのですが、従業員50人のうち、約7割が知的障がい者の方という本当に素晴らしい会社です。

先日「日本でいちばん大切にしたい会社」(坂本光司著/あさ出版)という本の中でも紹介され、いろんなメディアに取り上げられました。
nihonde_itiban_taisetunisitai_kaisya.jpg

私も数年前に大山会長にお会いしたことがありますが、50年も昔から障がい者雇用に情熱を傾けてこられた会長の雰囲気は、とても穏やかで、社員を「この子達」と呼ばれるように、まさに「父親」という感じがする経営者です。

その会社の玄関先にこんな言葉が刻まれた記念碑がありました。これは大山会長が障がい者雇用から学ばれた、もっとも大切な言葉だそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
働く幸せ

導師は人間の究極の幸せは、人に愛されること、人にほめられること、人の役に立つこと、人から必要とされることと、の四つと云われた。
働くことによって愛以外の三つの幸せは得られるのだ。
私はその愛までも得られると思う。

日本理化学工業株式会社 社長 大山泰宏

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

働くことの楽しさ、素晴らしさをテーマにしている私達には、とても勇気のでる言葉です。
働くことは、決して辛いことではないし、争いでも、戦いでもない。
人が幸せになるための究極のシステムだと思います。




カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 13 日 08:06

親孝行

休みの日に義父のお墓参りに行ってきました。
タクシーの運転手をしていた義父は、数年前に他界しましたが、口下手でしたがとても温厚でいつもニコニコとお酒を飲んでいました。

仕事中に倒れてから寝たきりの生活でしたが、私も仕事ばかりの日々で、なかなか話をする機会もなく、親孝行らしい親孝行ができなかったことを、今になって後悔しています。
あっという間に年が過ぎていきますね。
毎日を大切に生きたいです。

カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 12 日 07:55

成人の日

成人の皆さん、おめでとうございます。

「世の中が混沌としている、こんな時代に大人になるなんて」と思うか
「今こそ俺たちの出番だ」と思うかは人それぞれですが、
大人になれば、否応無しにいろんな試練が待っています。
試練がないほうがおかしい。
「世の中は思い通りにならないから価値がある」のだと思っておくほうが良いのではないでしょうか。
思い通りにならないようになっているのは、そこに向かっていくことが成長につながるから。
逃げずにいく方が楽しいと、どこかで気づく時がきます。(気づくのがかなり遅い私のようなのもいます)

「いい時代」に生まれてきた成人の皆さん、頑張ってください!

カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 10 日 14:53

天然ホスピタリアン

うちの天然ホスピタリアン(?)綾部さんが、以前、マスクをされておられたお客様がこられた時に、お茶と一緒にのど飴を出してあげていました。

ある自動車販売のお店では、雨の日にお客様を駐車場まで送った後、次のお客様が嫌な気持ちにならないようにと、びしょぬれの傘をぞうきんで拭いていました。

ある美容室のスタッフは、お客さんに送るDMに四つ葉のクローバーを貼ってあげたいと、休みの日に探しにいってあげたそうです。出したDMは4通だったとか。

8d7b34946ad4a648.jpg

この三人に共通するのは、誰かを感動させよう、喜ばせようというような気持ちがまったくないこと。
「凄いね~」などというと、きっと「何の話ですか?」と、本気で尋ねてくるに違いありません。

天然とは、そんなもの。
私はこの「天然ホスピタリティ」が大好きです。
これ見よがしの「感動サービス」ではない「普通感覚」。

「天然」というと特別天然記念物のような感じもしますが、もしかすると誰もが潜在的に持っているもので、ほとんどの人が出し惜しみをしているか、自分自身で気づかないでいるものなのかもしれない。そんな気がします。

天然の人たちを見ていると、どこかで見返りを求めている私の醜さが路程して嫌になりますが、今年は少しでも天然に近づいていきたいと思っています。


カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 09 日 18:30

老後が楽しくなる場所、サンシティ

DOIT!を教育にご活用しただき、いろんなことで親しくお付き合いをさせていただいているハーフセンチュリーモアさんは、「もう半世紀をすこやかに」というテーマを掲げ、サンシティという新しい概念の高齢者向けのマンションを全国に展開している企業です。

施設や設備(ハード)の素晴らしさもさることながら、この会社が一番大切にされてきたのが「人による“おもてなし”」(ソフト)。

一人ひとりが、自分の判断で、その人にとって一番良いと思うことをやる。
そんな自主自律の組織風土をベースに、その人がその人らしく、生き生きともう半世紀を過ごせる「理想の終の棲家」を追求してこられました。

昨年、そのハーフセンチュリーモアさんが、我々ブロックスに、社員教育と理念や考え方をご紹介する映像制作をご依頼いただき、一年間かけて作成してきた映像があります。

DSC06900.jpg

それがこの写真。
「理念・概要」編の他、新人さんや既存メンバーの教育用の「おもてなしの心」シリーズが3部作(基本編・レストラン編・ケアサービス編)というシリーズです。
ドキュメンタリーの手法で、働く上での「一番大切な心」を伝えることを目的に、スタッフの皆さんの元気な活躍ぶりをDOIT!風にご紹介しています。

私も含め、DOIT!のスタッフが、DOIT!の方法で客観的に取材する。私達にとっても初めての業界。
そして、サンシティで働く方は皆さんが明るく、前向きで、いきいきとした方ばかりです。取材の一年間は本当に楽しく、エキサイティングな時間でした。


今日は、その映像が実際活用されてどんな効果や反響があったのか、しっかりと検証させていただきたいとお願いし、制作責任者の西川聡(弟)とスタッフの須賀と一緒にお伺いしてきました。

こうした「老後」の問題は、これから大変重要なことなのに、核家族化が進み、身近に「老後」を感じる機会が少ない中では、切実に考える場面があまりありません。

しかし、仕事を終え、残りの人生を考える時に、住む場所や介護のことは、誰にも平等に訪れる問題です。
私も、このお仕事を通して、いろんなことを考えることができました。


以前、このDVD制作をのことを、ブログで書かせていただいたら、何名の方から、「完成したら見てみたい」というお問い合せをいただいておりましたので、今日、ご担当の國武さんにご相談したら、「ご希望の方にはDVDを送りますよ」と仰ってくださいました。

という訳で、もし、このDVD(概要編)を見てみたいという方は、ブロックス東京事務所までメールを送ってください。

老後の暮らしや住まいなどにご興味のある方には、ハーフセンチュリーモアさんから、無料でお届けしてくださるそうです!

★メールアドレス:info@blocks-net.co.jp
(「ハーフセンチュリーモアさんのDVD希望」とお書きいただき、お届け先の住所、お名前、電話番号をお書きください。)







カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 06 日 20:55

年賀状

今年も皆さんからたくさんの年賀状をいただきました。
皆さんの近況や今年への想いが伝わってくる年賀状はいい習慣だと思います。

私も自宅用と合わせて今年は600枚近く書かせていただいたのですが、出していなかった方から年賀状をいただき、今日は焦りながらお返事を書いていました。

DSC06899.jpg

DOIT!取材先企業の社長の皆さんからの年賀状も届いていました。

皆さん、この不況に対することを書いておられましたが、どなたも基本は「これまでのやり方をぶらさずにしっかりやる」というスタンス。

やっぱり、たくさんの苦労をしてきた方はこれぐらいのことで右往左往されないようですね。

ある経営者の年賀状にこんな一文がありました。

「・・・いつも右肩上がりだった訳ではなかったはず。原油がピークの4分の一も下がったのに、上がる時だけ報道する。暗い報道ばかり。もっと明るいことも報道しなければ、関係ないところまで風評被害になる。子供頃の貧乏生活を思えば、まだまだ幸せ。・・・・(中略)・・・今年もプラス思考で前向きに活きます」

私が尊敬する経営者。自らの商いを伸ばす一方、困っている小さな商店の再生に携わってこられた方です。

常にお客様と現場を見つめてきた目は、マスコミ報道などに騙されません。

確かに不況なのでしょうが、漠然とした不安に暗澹とした気持ちになる人から駄目になっていく気がします。

「今年はバカになって笑いまくる」と書かれた年賀状もありましたが、本当にそうかもしれません。

みんなでバカになりましょう!




カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 05 日 16:29

仕事始め&今宮戎さん

今日から仕事始めです。

昨日は、神戸の中畑監督のご自宅でゆっくりとさせていただき、たくさんの話をし、自分の中でもいろんなことの整理がついた一日だったので、今日は本当にすっきりした気分で仕事に臨んでいます。

ブロックスでは、毎年仕事始めの日に、みんなで今宮戎さん(大阪のスタッフ)にお参りにいくのが恒例行事。東京は新宿の花園神社さんに参らせていただきました。

戎さんは10日が本番なので、今日はガラガラです。広々とした境内でみんなで参拝し、健康と商売繁盛を祈願してきました。

DSCN5170.jpg
(一部欠席ですが、今年も元気な大阪スタッフ)

ところで私は今年の休みに、いろんな本を読みました。

本は取材の資料として読むものと、自分の勉強のために読むものがありますが、今年は自分の勉強の割合を増やしていきたいと思っています。

しかし、考えてみれば、過去の優れた経営者や思想家の奥深い世界にたった数千円で触れることができることは凄いことですね。今年はどんな本に出会えるか、楽しみです。

さて、走り出した2009年・・・。

長いマラソンにスタートした気分です。いろんな意味で楽しみです。がんばるぞ~。

今年は自分の体質改善もテーマです。仕事だけじゃなく、すべてにおいていい一年にしていきたいと思っています!

カテゴリー : 思うこと

2009 年 01 月 03 日 22:22

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

お正月も今日で3日目。皆さんはどんなお正月をお過ごしでしょうか。
私は、31日から家族で奈良の温泉に行き、ゆっくりとした正月休みを過ごしていました。旅館には2泊したのですが、その間、初詣に行ったり、本を読んだり、温泉に入ったり、散歩をしたり・・・。家族水入らずの正月はなかなか楽しいものでした。

2日の日は娘二人が来年高校と大学の受験ということで、京都の北野天満宮さんにお参りに。
さすが学問の神様。全国からおまいりに来ているのかもの凄い人が参拝していました。神様も大変ですね。

DSC06881.jpg
(上の写真は神の使いの牛、下は境内の梅のつぼみ)
DSC06884.jpg


さて、2009年もいよいよ始動。
昨年から世界経済は混沌としていますが、今年は大きな変化の年になることは間違いありません。
不況の波は否応なしに私たちに押し寄せてきます。でも、波は誰にも押し寄せるもの。一人だけが苦しい訳ではありません。みんな一緒。

こんな時こそ慌てず騒がず。「明るく、前向きに」、一歩一歩着実に歩んでいこうと思っています。

ところでこの写真(下)は、正月に散歩していたときに、あるお寺の玄関に貼ってあったものです。
「人間の底力は逆境でつくられる」ということならば、今年は底力をつくる大チャンスの年ですね!
ポジティブにいきましょう!

DSC06861.jpg




カテゴリー : 思うこと

2008 年 12 月 27 日 18:10

丑年に思う

今日は会社の仕事納め。みんなで大掃除をして、先ほど一本締めで解散しました。
私は年賀状を書くこととお世話になった皆さんへのお電話での御礼が残っていたので、夜まで残っていましたが、それも終わり、今、今年もようやく終わった!という実感がわいたところです。

今年もいろんなことがありました。ほんとに。
楽しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと。なかなか激動の一年でした。
先ほども今年一番しんどかった時期にお世話になったMさんと電話で話をしていたのですが、話していると、その時の気持ちと感謝の気持ちが交差してきて、胸が熱くなってきてちょっとやばくなりました。
いろんな人の支えて生きている。年末はこのことを実感します。
申し訳ないし、ありがたい。
年賀状に書く一言がつい、「がんばります」となってしまいます。

そのことに気づく年末は、忙しいけど嫌いじゃありません。でも、来年は反省の少ない年にしよう。
少しでも感謝される側になれるように・・・。

DSC06850.jpg

ところで話はまったく変わりますが、来年の干支は丑です。

干支の順番で2番目が丑年なのですが、なぜ牛が二番目かという話はご存じですね。知らない方のために・・・。それはおおよそこんな話。

神様が動物たちに「元旦、一番早くに来たものをその年の動物の王にする」というおふれを出し、動物たちが競いあった。自分の足の遅さを知っていた牛は、前日の夜から歩き出すことにした。そして、牛が一番早く神様の門の前に来たのだが、こっそり牛の背中に乗っていたネズミが、ゴール寸前で飛び出して、牛は二番になってしまった。およそこんな話です。

どんな風に感じましたか?
私は、やっぱり、どんくさくても真面目に行こうとする牛に共感してしまいます。賢く立ち回りたくても、なかなか出来ない奴のひがみだ!という声も聞こえてきそうですね。でも、「人を出し抜いて一番になってどこが楽しい?」という気持ちはやっぱりあって、ネズミよりは牛派ですね、私は。

不況の時代はネズミのような賢さがいるのかもしれません。だからといって、私はどうあがいたって、急にネズミに変われそうな気がしません。
牛は牛で行くしかないし、足が遅くたって、前の晩から歩けば動物中二番になれるんだとしれたら、それでいいのかも。
やっぱり牛は牛でいきます。ネズミの要素を加えるよりも、牛の良さを極めていく作戦で行ってみます。いい牛になるぞ!

さて、今日で仕事納めという方も多いはず。今年一年、皆さんには大変お世話になりました。
ブログもなんとか続けてこられて、ホッとしています。
読んでくださっている人から声をかけてもらったことが励みになりました。
改めて皆さんに御礼を申し上げます。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

明日からのお正月休み。ブログは書くかもしれませんし、書かないかもしれません。※このブログのタイトルは「気まぐれ日記」です。

皆さん、良い年をお迎えください。







カテゴリー : 思うこと

2008 年 12 月 08 日 19:32

マスコミ報道

ほとんどの人が感じていることだと思うのですが、最近の「不況」を報道するマスコミのスタンスに少し疑問を感じています。
確かに政府は無策で打つ手が遅いということも言えるでしょうし、大企業が弱者に対して横暴な面もあるのかもしれませんが、こうした「悪者探し」をして誰が得をするのか、さっぱりわかりません。
今必要なのは、「誰かが悪い」と人のせいにして暗くなることではなく、不況はもう前提として「だからどうするのか」というポジティブなマインドなはず。

視聴者から「今こんなに困っている」「こんな怒りがある」と、不安の声を集めているテレビ局がありましたが、今やらなければいけないのは、「こんな状況でもこうして乗り越えている」という前向きな声の特集番組ではないのか・・・。本当に憤りを感じる報道ばかりです。

もう不況という風は吹いている。
嫌だといっても、その風は否応なしに誰もが受けている。
だけど生きてる以上、前に歩くしかない。
風が強い日の歩き方がわからなければ、自分が歩いて身につけるしかない。
ころぶのも、濡れるのも誰だって嫌だけど、
100年に一度の風のよけ方なんて知っている人がいないのだから、
自分でまともに受けて学ぶしかないのでは?







カテゴリー : 思うこと

2008 年 12 月 04 日 18:35

不況対策はない?

経済関係の月刊誌に来年の経済予測を占う記事が頻繁に載っています。
2009年。100年に一度の大不況にどう立ち向かうのか、何名かの新進気鋭のコンサルタントや学者のコメントが掲載されていました。

いわく・・・
・お客様の求める安心安全に応えること
・話題性を創造し、お客様を惹き付けること
・より一層、お客様の気持ちをつかむこと
・時代の変化に対応できる組織にすること
・気持ちよく変える店をつくること
・ESを高めること
・付加価値を生む人材をつくること・・・・

期待して読んだのですが、結局、好景気の時に言われていることと何も変わりません。
つまり、不況だからといって、何か特別の秘策を持っている人は誰もいないのでしょう。今から右往左往してどうにかなることはないと思っていいのかもしれません。

日頃から取り組んできたことの真価が問われるのだとすれば、本物しか生き残れないことになります。
厳しい時代と言えるのかもしれませんが、どの企業も本物をめざしてやってきたはず。
底力を見せる時がやってきたと思えば、ファイトがわいてきます。

DSC05732.jpg


カテゴリー : 思うこと

2008 年 11 月 27 日 08:05

北川先生の本

この2日間、体調を崩してしまい、皆さんにご心配をおかけしてしまいました。
家族から社員から、仲間や恩師。いろんな皆さんにご心配やお気遣いをいただき、改めて健康でいることの大切さを感じました。
もう、今は何ともありませんので、ご安心ください。

はっきりいって、これまで自分の健康に関しては無頓着すぎました。みんなの為にも、自分の為にも、この機会にいろいろと検査をしたり、生活を見直したり、身体のことをちゃんと考えていこうと思います。
皆さんも健康には注意してください。

さて、今日は北川先生の本をご紹介します。
私は先生からいろんなご指摘を受け、改めて読み直しました。仕事がつらい、うまくいかないと思っている人も、今順調の人も、ぜひ一度読んでみてください。私は全部「自分のことが書いてある?」と思いました。立ち止まってしまうのでなかなか進めません。

4884710754%5B1%5D.jpg

北川八郎さんはバグシーの久保社長の師。私ももっと近くに行ってみようと思います。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 11 月 21 日 14:22

課題

今年も残すところ1ヶ月余りとなりました。
手帳を読み返してみると、本当にいろんなことがあった一年間でした。

少しは成長したかな、と思うと、また新たな課題が出てきて自分の至らなさが路程して、また気持ちを切り替えて。何度も何度もこのサイクルがやってきます。
これだけ長いこと生きているのですから、たまには何もおこらない一年があっても良さそうなのに、そんな年に出逢ったことはありません。

来年も、いろんな課題が出てくるんでしょうね。それを楽しむ!という心境にはまだ至りませんが、課題や問題は起きない訳がないと、想定しておくと、結構余裕は生まれます。

DSC05359.jpg

カテゴリー : 思うこと

2008 年 11 月 19 日 09:18

街頭インタビュー

少し前のNHKのニュース番組で、景気に対する「街頭インタビュー」があり、数名の生活者のインタビューが放映されていました。
しかし、そこに出てきたインタビューのほとんどが、「先行き不安があり、生活防衛を始めた」というコメントばかり。「不安はない」などの逆意見はひとつもありません。

ニュースの企画内容に相応しいコメントが集まるまで、カメラを回し、集まらなければ「欲しいコメント」を誘導するような質問をする。映像を見ていると「言わされているな~」と感じるコメントばかりでした。
これは困っているマスコミの人の為に期待に応えてあげようという日本人の親切さがそうさせていることもあるのでしょうが、見事に企画にフィットしていて、「作りすぎなのでは?」と思えてしかたありませんでした。

素直な視聴者は、こんなニュース番組を見て漠然とした不安感が募り、そう思っていなくても消費を抑制し、ますます景気が悪くなる。マスコミが作り出す不況というは確実にある、と思います。

しかし、マスコミの立場からすると、「景気が悪化していると感じている人が増えている」という事実は報道しなければならないので、こんな番組が増えるのでしょう。
悪意がある訳ではないから深刻です。

ならばどうするのか。見る側が賢くなるしかない。そんな気がします。
映っていることだけを鵜呑みにせず、情報に一喜一憂せず、自分の眼で確かめる、五感で確かめる。そんな態度が益々必要になるような気がします。
もちろん映像に携わる側も、もっともっと真剣に考えていく必要があります。

《今日の写真》 大阪での「映像勉強会」。古い映画を見て映像表現を学ぶ

DSC06495.jpg



カテゴリー : 思うこと

2008 年 11 月 16 日 17:20

高校時代

金銭や名誉などのような外的報酬に基づかない動機づけのことを「内発的動機づけ」というのだそうですが、最近、これが気になっています。

そもそも、私が生まれた一燈園というところは、創始者の西田天香さんが「争わない生き方」を追求するところから始まった訳で、外的報酬のために働く人が回りにいませんでした。一燈園には工務店や印刷会社など、いわゆる「企業」がありますが、収入はみなひとつのサイフに入り、給料は子供から大人まで皆一律。「お下がり」と呼んでいました。

学校も授業は普通にありますが、成績評価はなく「一番になろう!」というようなモチベーションを持った子供はいません。学校では、知識教育だけでなく、汗を流すことにより人間性を高めようということで、庭掃除やトイレ掃除などが普通に行われていて、小さな頃から外的報酬とは一線を画した「労働」を体験してきました。

外部の人からは、よく「競争がないからやる気が起きないのでは?」「競争を経験しないと社会に出てから不安ではないか」と言われましたが、不思議と一燈園の人は皆、勉強熱心で、働き者でした。

DSC04070.jpg
(一燈園の庭園)

高校になると昼間は仕事をし、夜間に勉強という形で、さらに本格的に仕事をしながら学びを深めていくのですが、そのことに疑問を持つことも、仕事が憂鬱になることもなく、毎年変わる職場を楽しみにしながら、働いていました。

働くことがなぜそんなに楽しかったのか?大人の世界に入れて一人前になったような気になっていたし、体力あふれる労働力を頼られることに快感を覚えていたこともありますが、誰かに教えられた訳ではないのですが、「与えられた仕事を楽しむ術」が自然に身に付いたことが一番のポイントのような気がします。

そのひとつが、「言われたことだけをしない」という働き方。その仕事の目的を理解し、喜ぶ人の顔を想像しながら、自分なりの工夫、改善を加えていくと、仕事はどんどんと楽しくなるということを学んだ気がします。「こうさせて欲しい」というと任せてくれる風土も幸いしたのかもしれませんが、手を抜こうとすると返って問題が起こったり、トラブルが多発することも、体験的に学んでいきました。

後はチームワーク。やっぱり一人だけが負荷が高い仕事は長続きしません。高校生の仲間の間で仕事の仕方を見直し、負荷が平等になるようにしたり、効率化のための道具を作ったり。これもその工夫自体が楽しくなってきました。仕事の後、仲間と一緒にお茶を飲む時間も楽しかったな~。

知らず知らずに、内発的動機が高まって働いていたようですが、これがもし報酬や名誉が張り付いていたらどうなったかと考えると、もしかすると逆に、人が見てないところで手を抜いたり、賃金の安い仕事をおろそかにしたり、悪いクセがついてしまい、純粋な仕事の楽しさを感じることができなかったかもしれません。

そう思うと、私の学生時代は素晴らしい環境にいた気がして、親や一燈園の皆さんには感謝の気持ちがわいてきます。
しかし、問題は、そういう環境ではない中で、どうすれば内発的動機づけを高めていくのか。もちろん外発的動機づけもあって良いだと思いますが、やっぱり、内側から燃える方が良いに決まっています。
働きがいを高める方法。かなり研究しがいのあるテーマです。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 11 月 10 日 18:37

短時間正社員

今日はある仕事の打ち合わせで、「短時間正社員」のことを勉強しました。

厚生労働省が推進するこの制度は、ワークライフバランスの充実をめざし、多様な雇用形態で働く人を応援しようというもの。企業にとっても、採用や教育の無駄を省くとともに、優秀な人材の定着をはかり、組織の活性化をめざすという、新しい方向が見えてきます。

DSC06326.jpg

従来のパート・アルバイトのような、自分のライフスタイルや状況などに合わせた短時間勤務を実現しながら、保障も充実した正社員としての雇用。子供を送り迎えしなければならない女性の方や、大学の夜間講座に通いながら働きたいという人には安心です。

パート社員を正社員として再契約したというロフトさんの話は有名ですが、やっぱりこれからの人材確保や社員満足向上を考えたら、人件費が上がっても大切なことだと思います。
働きたいと意欲あふれる人が、いつまでも安心して働ける環境づくりこそ、これからの隠れた経営戦略なのかもしませんね。

なんだか厚生労働省の応援団のような文章になってしまいましたが、ますます支えあって生きていく時代になる今、在宅ワークやこうした制度が普及すればきっと喜ぶ人も多いんじゃないでしょうか。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 11 月 02 日 09:05

100㎞ひとり反省会

100㎞歩け歩け大会の後遺症は意外と少なく、今週はバリバリと仕事をしていました。膝や足首がまったく動かず苦労していた1昨年と比べると、大きな違いです。

何が違っていたのかと考えたら、やっぱり事前の準備と歩き方。

まず、大事なのは「靴」。この選択を間違うと靴擦れや痛みが生じてしまい、歩き方にまで影響します。長時間の歩行に絶える分厚めの底と少し大きな目のサイズ。私は「BROOCKS」というブランド名に親しみを感じたので、水に強いタイプの靴を購入しました。そして新品を足に馴染ませるために、履きこんでおく必要があります。

kw73201%5B1%5D.gif

今回も、足まめ対策として、素足にワセリンを塗り、柔らかめの5本指ソックスをはいた上に、スポーツソックスをはきました。足まめは摩擦で起こるので、これで殆どの場合大丈夫です。
また、今回は「テーピング」もバッチリ!。テーピングのマニュアル本を見ながら、膝からふくらはぎから腰に何枚も貼りました。鏡で見るとサイボーグのような格好良さ?。しかし、筋肉への負担が少なかったのは、このせいだと思います。

そして今回の歩き方の作戦は、50㎞まで出来るだけ休まないようにする。足を冷やさない。この2点です。前回は予備知識がなかったので、筋肉が疲労するとスプレーをガンガンにかけてしまいました。これは明らかにミス。筋肉の血流を出来るだけ良くするように、冷やしたりしないほうが良いようです。

今回、60㎞までの休憩地点ではほとんど休みませんでした。食事も歩きながら採り、スピードも時速5キロで維持。これが後半の余裕になった気がします。
時々Tシャツを変えて気分をリフレッシュしたことや荷物を極力減らしたことなど、その他いろんな工夫をしたことも前回との違い。やっぱり、経験は大事です!

事前に20㎞を2回ほど歩いたことも、肉体的にも鍛えられ、精神的な余裕につながった気がします。
何れにせよ、失敗を活かして、対策を立て準備できたことは良かったです。これも学びのひとつかな。

唯一の失敗は「寝不足」。前日だけでなく数日前からの体調管理を怠っていたのが失敗でした。
次回、歩くとすれば(注:まだ来年も歩くとは言っておりません。ここは慎重に発言したいと思っています(笑))この辺をクリアしたいです。

よし、次回の100㎞ウォーク、私も出場してみようという皆さん。
私でよければ、ノウハウを伝授させていただきます。
でも、七福さんに言わせれば、簡単に歩けてしまったら、感動が少なくなるとか。挫折したほうが学びが大きいとのことなので、何も対策しないで出るというのも、いいと思います!

ちなみに、七福醸造さんのホームページによると、今回の100㎞歩け歩け大会の完歩者は516人。
歩者エントリー者数:1030名、スタート時の歩者数:979名で、完歩者数516名、リタイヤ者数454名、ジャンプアップ者数9名ということでした。

半数以上の人が完歩できるのですから、そんなに難しい競技ではないと思うのですが、皆さんはこの数字、どう思われます?




カテゴリー : 思うこと

2008 年 10 月 31 日 06:55

満たされている社員

田舎町の小さな自動車整備工場を取材しました。創業40年。腕のいいご主人の仕事ぶり、人が大好きな奥さん。困っている人がいれば、夜であろうと休みであろうと、修理に向かう。そんなご夫婦の誠実な商売の姿勢が、地域の人から愛されて、40年の商売につながっているようです。

数名いる社員に、会社のことを聞いてみると、「本当に社長や奥さんによくしてもらっている」と心から言われます。ここにいること、この仕事をすることに、心から満足し、感謝しているようです。
「満たされている感」があるから、お客様にも「満たしてあげよう」と思う。あらためてESが先である、という想いになりました。でも、こんな風な感覚は、昔から変わらないものかもしれませんね。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 10 月 17 日 09:50

エネルギーのやりとり

この間、大和川の夕陽の写真を紹介したブログに、私の大好きな方から「感動しました」という嬉しいメッセージをいただきました。正月に、今年は毎日何かを発信しようと誓いを立て始めたブログももう半年。途中書けなくなったこともありますが、やっぱり続けてきて良かった。

DOIT!もそうですが、私はこんな風に皆さんから元気をもらって歩いてきました。
「患者様からエネルギーをもらって、また患者様ににエネルギーをお返しする」という言葉は、川越胃腸病院のDVDの中に出てくる、私の好きなインタビューですが、どんな人もこうしてエネルギーをやりとりして生きているのかもしれません。


Oさん、大和川の夕陽は、本当に綺麗でしたよ。
私のカメラはソニーのサイバーショット。一眼レフではないのが残念でした。

DSC05789.jpg

DSC05798.jpg

カテゴリー : 思うこと

2008 年 10 月 09 日 08:09

過去の成功体験が生きない時代

株価が下落し、世界恐慌かとも言われるような激変の時代は、過去の成功体験はまったく生かせなくなる、手探り状態のような時代になるような気がします。これまでの時代をふりかえっても、変化の時代に、「過去の成功体験」がかえって足かせになって、変化に対応しきれなくなってしまう企業もたくさんありました。

過去の成功体験が生かせないということは、結局、今の状況の中で新たな体験を積み、その体験の中から「新しい法則」を発見していくことしかありません。誰も前を歩いている人がいない、ひとりひとりが先駆者にならなければならない時代は、どんなことも「はじめからうまくいく」ということは少ないとみておく必要もあると思いますし、苦労を直接肌で味わい、感じ、市場の声を聞きながら「変化」させて続ける情熱が不可欠になるはず。

DOIT!シリーズも、過去のビジネスビデオとはまったく異質な商品だったので、お手本はどこにもなく、最初から失敗の連続。少しづつ変化をさせてきましたが、これからの時代は、どんなビジネスも「うまくいかない」と思っておく、おりこんでおくほうがよさそうな気がします。
失敗を想定するというマイナス発想ではなく、失敗は成功のために不可欠な要素としてとらえ、失敗や困難と共存するというようなイメージでしょうか。

過去に、のたうちまわってばかりの私は、この辺のストレスには慣れていますが、失敗や大きな困難を経験せず、過去の成功体験の中だけで生きてきた、若い人たちの精神状態が少し心配です。
ノーベル賞を受賞した先生も「最近の若い者は困難があるとすぐに投げ出す。最後までやりきることが大切だ」と言っておられましたが、私もこれからの「不透明な時代」は、やっぱりこれが大事だと思うのですが、いかがでしょうか。





カテゴリー : 思うこと

2008 年 10 月 06 日 21:04

偶然の出逢い

今日は制作部の森山君と、ある会社の仕事で茨城県に行きました。
急に待ち合わせ場所が水戸駅に変更になり、少し早めの電車で着いたのですが、改札を出ると、何となく見たことがある人が・・・。

そこにおられたのは、茨城県経営品質協議会の代表の鬼澤さんでした!鬼澤さんも「どこかで見たことがある人が・・・」と思っておられたそうですが、偶然というのはすごいですね。
鬼澤さんは今日はたまたまの休み。駅に切符を買いにこられていたそうです。電車を早めなければすれ違っていた、絶妙のタイミング。人生は面白いです。

この前も、名古屋駅でバグジーの久保さんと偶然に出逢いましたが、偶然は連続するようです。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 10 月 01 日 20:12

練習不足が少し心配・・・

今年もいよいよ「三河湾100キロ歩け歩け大会」の日が近づいてきました!
去年は辛いことがあり、どうしても参加できなかったのですが、今年は参加することにしています。

主催はもちろん、DOIT!でお馴染みの七福醸造(味とこころ)さん。参加者がまた増えて1000名を超えたとホームページには書いてありました。
去年参加し、完歩したラポットカンパニーの伊藤さんや奈良の北田さんも参加されますし、今年は兵庫県の田村組さんもエントリーされています。どんどん輪がひろがっています。

しかし、私は今回、ほとんど何も準備をしていません。歩く練習をしておかないと大変なことになると思うのですが、なかなか時間がつくれません。朝から寝ずに翌日の昼まで、体力が続くか、足腰が持つかどうか。心配はつきませんが、今年は一昨年のリベンジで、がんばります。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 09 月 22 日 17:50

お彼岸とおはぎ

外から事務所に帰る時、古い食堂で「おはぎ」が売っていたので、買って帰りました。昭和の香りのする古い食堂の店頭には、おはぎのコーナーがあって、毎日おばあちゃんが手作りで作っているそうです。
あんこを4つ、きなこを4つ。お彼岸ということで、大阪の事務所のみんなで食べました。

ところで何故お彼岸はおはぎなのか?
調べてみました。

(1)お墓参りのお供えものの定番のおはぎ。風習は江戸時代から始まった。
(2)なぜ「おはぎ」か?
 ①小豆が古来より邪気を払うとして先祖の供養と結びついたという説
 ②砂糖やお米が大変貴重だった時代に、先祖におはぎを供えて近所にお裾分けすることが大変な功 徳を積むことになったからという説。
 ③あんことお米、二つのものを「合わせる」から先祖と心と心を合わせるという意味で始まったという説
 諸説有るが本当のところはハッキリしない。
(3)春のお彼岸には「ぼたもち」、秋彼岸には「おはぎ」と呼ぶが実は同じもの

という結果でしたが、いかがでしょうか。知らないことは沢山ありますね。
今日は珍しい季節情報でした。決してブログに書くネタがなく、困り果てた訳ではありません(汗・・・)。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 09 月 16 日 18:35

青山にて

今日は東京です。
ブロックスが以前より、大変お世話になっていた津田妙子さんのご葬儀に参列して参りました。小雨が降る青山葬儀場。昨日のお通夜からブロックスの社員も事務局スタッフとしてお手伝いをさせて頂いています。
ここ10年間、年間200日もご講演活動をされていたという津田先生。ご葬儀には津田先生に感銘を受けられたという皆さんが何百人も集まられました。

先生が教えられてきたのは、「自己肯定」「相手好意」「未来可能」の三つの心、スリーマインドの大切さ。講義を受けられた方は、皆さん笑顔になり、積極的に人生を生きようと、キラキラと輝きます。
主催者側として参加していたブロックスのスタッフも、いつの間にか津田先生のファンに・・・。本当に素晴らしい先生でした。

良いこと、正しいことを話される方はたくさんいます。しかし、同じ内容でも「誰」が話すかによって相手の心への伝わり方が違います。
ご自身の生き様を通してスリーマインドを伝えてこられた津田先生。参列者の皆さんの表情を見ていると、伝える内容もさることながら、伝える人の「生き方」の大切さを痛感します。
実践が総てですね。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 09 月 02 日 15:22

一燈園見学

ある方のご縁で、最近知り合いになった、人と情報の研究所の北村三郎さんから、「京都に行くので一燈園の見学に行きたい」というご依頼があり、一燈園の卒業生ということで一燈園の方に相談させていただきましたら、学校の校長で、この間「いのちって何?」という本を出版された、相大二郎さんが、案内とお話をしてくださることになりました。
見学するのは、今度の9月15日(敬老の日)。最初は数名だったのが、だんだんと「私も行きたい」という方が集まって、10名ぐらいになっています。前日は名古屋なので、私も参加することになり、お手伝いをします。
子供の頃から育ててくださった学校の先生に会うのは、何だか気恥ずかしい部分もありますが、自分自身の原点に帰る意味でも、いろいろと学び直してみようと思っています。
もし、ご一緒に行きたい方がおられたら、私の方にご連絡ください。




カテゴリー : 思うこと

2008 年 08 月 25 日 15:13

運動不足

昨日は、家の庭の草抜きや伸びすぎた笹の伐採など、肉体労働をしていました。家族からは喜ばれたのですが、今日は足腰が痛く、日頃の運動不足を痛感しています。
こうした肉体労働や庭作業は、中学や高校の「授業」としてたくさんやってきたので、慣れてはいます。でも、たったあれだけのことで筋肉痛になるなんて、悲しすぎ。体を鍛え直さないと・・・。

今日の写真は、庭で飼っているメダカ。最近子供を産みました。

DSC05322.jpg

カテゴリー : 思うこと

2008 年 08 月 10 日 07:39

子供の感覚

新幹線や飛行機を利用していると、夏休みにおじいちゃんやおばあちゃんの家に行くちびっ子達によく合います。私は昔から意外と子供好きで何時間でも子守や世話ができるのですが、小さな背中い、それぞれが重い荷物を背負って、初めて乗る飛行機に目をキラキラさせている姿を見ると、つい声をかけたくなります。「あんな大きいもんが飛ぶねんで~、すごいやろ~?」(どっちが子供かわかりませんが)
大人の目には何の変哲もない風景が、子供には凄い世界に映っているのかと思うと、なんだか悔しくなります。いつの間にか失ってしまったあの感覚。戻れるなら、子供に戻って味わってみたいと思ってしまうのは、変な感覚でしょうか?

カテゴリー : 思うこと

2008 年 07 月 25 日 21:07

謙虚な心

毎日暑いですね。
今日は朝から、東京の郊外「高尾」まで行く用事があり、高尾駅から目的地まで歩いたのですが、本当にゆであがりそうになりました。
それでも、高尾の空気は都会とは違っていて、時折さわやかな風も吹いてきます。なかなか良い感じの街です。以前から、有名な高尾山に登ってみたいと思っていたのですが、今度は仕事ではない時に来てみようと思います。

昨日は、ある会合に参加させていただきましたが、てっぺんの大嶋さん、ディズニーの香取さん、そしてヨリタ歯科の寄田院長と新谷さんという素晴らしい人たちにお会いすることができました。
短い時間であまりゆっくりとお話することはできなかったのですが、やっぱりこうした前向きの人種の皆さんに会うといいですね。みんな謙虚だし、感謝の気持ちやサービス精神があるし・・・。つい相手のことばかり優先して、つい無理してしまうお人好しのオーラが大好きです。

寄田先生は本当にいつも笑顔で、「西川さんありがとう、ありがとう」と声をかけてくれます。そんなに感謝をされることはしていないのですが、心からおっしゃってくださるのがわかるので、本当に感動します。どこまでも自分に謙虚だからこそ、ここまでの成果を出されているのでしょう。
一緒にこられていた新谷さんも、さりげない心配りや気配りが本当に、素晴らしい。良いリーダーの側にいることでどんどん成長しておられるようです。

謙虚で思い出したのですが、この間、ある本で、「謙虚さがなくなる兆候」として14のポイントが書かれていたので、ご紹介します。

「謙虚さがなくなる兆候」
□時間に遅れだす。
□約束を自分の方から破りだす。
□挨拶が雑になりだす。
□他人の批判や会社の批判をしだす。
□すぐに怒りだす(寛容さがなくなる)。
□他人の話を上調子で聞きだす。
□仕事に自信が出てきて、勉強しなくなる。
□ものごとの対応が緩慢になる。
□理論派になりだす(屁理屈を言う)。
□打算的になりだす(損得勘定にしがみつく)。
□自分が偉く思えて、他人がバカに見えてくる。
□目下の人に対して、ぞんざいになる。
□言い訳が多くなる。
□「ありがとうございます」という言葉が少なくなる。
(感謝の気持ちがなくなる)

出典:「「ブッタを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。」清水克衛(著)
http://dokusume.com/modules/store/

時間に遅れないだとか、挨拶をきちんとするだとか、
上の何個かは、新人なら誰もが確実に守っていることばかり。
先輩になればなるほど、偉くなればなるほど、だんだんと出来なくなるというのがありますが、
きっとそれは謙虚さがなくなっているからでしょう。
どんなに地位が上でも、謙虚な人は本当に謙虚。そんな人になりたいですね。



カテゴリー : 思うこと

2008 年 07 月 23 日 09:36

教えないから伸びる

この間から毎日新聞で始まった「日本の知力」という特集に、「最後の宮大工」といわれた伝説の棟梁・西岡常一さんの弟子、菊池さんと小川さんのインタビューが掲載されていました。
その中の印象的だったのが以下の言葉です。

現在、弟子10人を抱える工務店を経営されている菊池さんの基本は「教えないこと」。
大きな仕事を任せて、弟子の背中を押すこと。その菊池さんのお話。

「必要なのは本人が悟ること。体の記憶として自分で身につけること。作業でわからないことがあっても、悩み抜いた末の質問でなければ、答えを深く聞くことはできない」

そして同じ西岡さんの弟子、棟梁・小川三夫さんは・・

「実は教える側も、教えてしまった方が目先は楽。教えないのは忍耐がいる。教えれば30分できることが、放っておけば2日も3日もかかる。でも教えてしまったら、弟子は教えられた範囲のことしかできない。それ以上を目指そうとしなくなる。」

どちらも基本は「教えない」。しかし、放任とは違うようです。
ネッツトヨタ南国さんも、新入社員には、教えません。
「教えない」という育て方。もう一度ちゃんと考えてみたいと思います。




カテゴリー : 思うこと

2008 年 07 月 21 日 16:41

海の日

今日は確か海の日。大阪は朝から大変な暑さでした。
3連休といっても、子ども達は部活に忙しいし、家内も勉強会や研修で不在。
私も仕事ですし、最近は、家族でどこかに行くとか何かをするということはありません。
ちょっと寂しい気もしますが、それぞれが夢や目標に向かって挑戦中。中途半端に
なるよりは、とことん、気が済むまでがむしゃらにやってくれたほうが嬉しいです。
夏休みはそんな意味でいろいろ楽しみな時間です。

さて、今日は「仕事の原点」第4弾の編集作業。監督の中畑さんとスタジオの坂本さん
と朝から部屋にこもっていました。
この作業は、仮編集段階の映像をベースに、最終的にテロップや効果をつけていくもの
なのですが、「1秒の半分早く」とか「テロップの文字を数%小さくする」とか、とにかく
細かなところまで気をつけながらマスターテープを作っていきます。
ちょっとしたタイミングの違いで、雰囲気や見やすさは大きく変わるもの。
初めての方は、たったこれだけの分数にどうしてこんなに時間がかかるのかと疑問を
持たれるのですが、映像の編集は、実は、相当時間がかかるものなのです。
どれだけ大変なものなのか。ぜひ一度、体験してみてください。きっと映像の見方が
変わってくると思います。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 07 月 19 日 19:02

出版感謝飲み会

昨日の夜、「戦わない経営」の著者、浜口隆則さんの新刊「心の翼の見つけ方」の出版感謝飲み会、~心の翼を広げて、3歳若返ろう(笑)!~という楽しい催しがあり、参加させていただきました。
出版プロデューサー小田真嘉さんの和久ユタカさんのご縁でお声をかけていただいてのですが、今回のメンバーは本当に素晴らしい方ばかり。それぞれがご自身で本を書いておられたり、組織や人を元気にするためにいろんな活動をされている皆さんでした。

最近読んだ本で、感動した「3つの真実」の著者の野口嘉則さんhttp://coaching.livedoor.biz/
や成長法則で活躍されている小田真嘉さんhttp://www.odamasayoshi.net/、
読書普及協会で本のソムリエとして活躍されている団長さんhttp://www.honsom.com/も初めてお会いしましたが、本当に個性的な方でした。その他にも、「週末起業」の著者である藤井孝一さんや、一度お会いしてみたかった世界№2のセールスウーマン和田裕美さんもお越しになられていましたし、一人ひとりがユニークな方ばかり。他にも素晴らしい皆さんがたくさん来られましたが、多すぎて全員はご紹介できませんが、浜口さんや和久さんが、優しい性格なのだからでしょう、周りの人もみんな、ついつい自分のことより人に喜ばれることを第一に考えてしまうような人が集まられているようです。
そんな素晴らしい皆さんの間に、西川敬一と聡の兄弟でお邪魔させていただいたのですが、本当に素晴らしい時間でした。

まだ若くて、最初お会いした時は、本の内容とのギャップに驚いたのですが、浜口さんの「戦わない経営」http://www.bbank.jp/book/whiteflag/、その続編「仕事は味方」http://www.bbank.jp/book/clover/、そして「心の翼の見つけ方」http://www.forestpub.co.jp/wing/と立て続けに出された3冊の本はどれも素晴らしい内容です。
まだ読まれていない方は、ぜひお薦めします。




カテゴリー : 思うこと

2008 年 07 月 12 日 10:23

楽しい試写交流会in大阪

木曜日の夕方は、大阪梅田で、皆さんと試写交流会という催しを
行っていました。
その前に、倉敷商工会青年部の皆さんが来阪され、倉敷でもDOIT!
を使った参加型の勉強会を開けないかというご相談があり、
実際にご体験していただくのが一番ということで、その後の交流会
に合流していただくことに。

仕事の原点Ⅲのチームワーク編の(1)心をひとつにするが今回の
テーマでしたが、30名近い、異業種のメンバーがまさに「心をひとつ」
になりました。
視聴中!

交流会後に、割り勘で行っている懇親会にも沢山残っていただき、
仕事のこと、組織のこと、映像のこと、人生観など、いろんな話に
花が咲き、自分にとってもとても有意義で楽しい時間でした。
にこにこわいわい
歯医者さん、ビルメンテナンス業、学校の先生、人材派遣業、
住宅メーカー、製薬メーカー、銀行・・・。
今回お集まりになられた皆さんのお仕事は本当に様々でしたが、
どこかスピリットや志の部分では、似た者の空気を感じます。

皆さんも一度、この空気、吸いにこられません?
やみつきになるかもしまれません。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 06 月 24 日 17:00

風邪・・・

土曜日の会議のあたりから、喉がおかしくなり、咳と熱が出てきて日曜日はついに寝込んでしまいました。せっかく久しぶりに自宅に帰ったのに、寝てばかり。月曜日も予定をキャンセルして休ませていただきました。ご迷惑をおかけしました。
おかげでたっぷりと睡眠を取ることができました。(まだ少し変な声ですが・・)

今日はだいぶ元気が戻ってきて、朝からお客様のところへ。
夕方から「試写交流会」があります。今回は27人の皆さんが参加予定。
仕事の原点(おもてなしの心)を、みんなで勉強します。
勉強熱心な企業の方ばかり。どんな勉強会になるか、今から楽しみです。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 06 月 20 日 19:26

ブログ再開

久しぶりにブログを再開します。
この間、本当にいろいろな気づきと学びがありました。
多くの人の話を聞き、自分に指を向けて考えてきたことで
何かがスッと抜けたような感覚になりました。
他者からの評価の軸を忘れずに、更に自分を磨き、
成長していきたいと思います。
あまり具体的じゃなくて、すみません。
とにかく、燃えてます。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 06 月 10 日 20:26

気づき

人の話を聞き、受け入れるということは、胆力のいることだと思います。
特に自分に対して良い意見ばかりではない時に、相手を否定せず、どこまで聞ききれるか。
受け入れることが大事だと理屈でわかっても、感情がついてこないこともあります。
そのことに悩み苦しむ人がいたときに、どう声をかけてあげればいいのか。
最近、そんなところをいろいろと考えています。
私の出した答えは、苦しみきること。
良い結果でも、悪い結果でも、苦しんだ分、成長できるのだと思います。
しかし、苦しみ抜くのはしんどいこと。生きていることさえ嫌になる時があります。
そんな苦しい時、私には、いつも側にいて、相談相手になってくれる人がいて、
何度助けられたかわかりません。
私がそんなメンターになるためにはは、もっともっと人生を経験しなければならないかも
しれませんが、私がこの人がいてくれたお陰で人生が変わったと思ったように、
いつか私もそんな人間になっていきたいと思います。

先日お会いした川畑社長が、
生きているということは、嬉しいことも悲しいこともある。
幾多の失敗と幾多の困難を乗り越えて、私はやってきた。
逆境こそ人間を成長させるものであると仰っていましたが、
確かに、どんな成功している経営者だって、傷付きながら、
のたうち回りながら気づかれてきたはず。
本当の気づきは、知識や情報で生まれるものではなく、
やっぱり現場の中、生きていく活動の中でしか生まれないのでしょうか。

そんなことを感じている時に、
昨日、DOIT!の取材でお世話になった、セブンプラザの山口社長の講演会を聞き、
その後、一緒にお食事をさせていただきました。
今年で70歳。立ちゆかなくなった地域家電店の店主の相談相手、駆け込み寺として
オリジナルのチェーンを作られ、みんなで喜びを分かち合うために身を粉にして働いて
こられた山口社長の存在感と言葉の重み、そして人生観は、本当に勉強になりました。
人間や経営者の弱い部分を受け入れ、それでいて厳しく言う。自らの実践を通して語る。
先日の伊那フォーラムも勉強になりましたが、山口さんとの出逢いは、それ以上の感動
でした。
山口さんも困難や失敗、悩み苦しみながら、確信をつかまれていったそうです。
それでも「まだまだ成長したい。死ぬときが成長が止まるときだ」と笑っておっしゃる
山口さんに、言葉に出来ないほどの勇気をいただきました。
巡り合わせというか、神様の導きというか。きっと人生で記憶に残る一日になると
思います。







カテゴリー : 思うこと

2008 年 06 月 03 日 13:04

映像の仕事

私たちはお客様のご依頼に応じて、会社案内ビデオや教育用ビデオを制作するお仕事をさせていただいていますが、ここでも「お客様の期待を超える仕事」にトライしたいと、スタッフそれぞれが頑張っています。しかし、受注ビジネスの中で、お客様の期待以上を目指すということは、なかなか大変です。
ご要望を良く聞きながら、企画を練り、出来上がる映像を視覚化しながら、方針を練っていき、撮影、編集となるのですが、やはり「完成形」のイメージは、映像制作に慣れておられないお客様には伝わりにくいもの。試写というプロセスで、ようやく映像が具体化し、イメージに沿った話し合いができるという訳ですから、そこまでの「すりあわせ」が本当に大切になります。

しかし、問題はその「すりあわせ」。例えばこんなことがあります。映像は感性とか情緒に訴えるメディア、あまりたくさんの項目や情報を盛り込みすぎると、逆効果になることがあるのですが、作り手のお客様としては、せっかく映像を作るのだから、いろんなことを言いたいし、伝えたい。だから、とかく「あれもこれも」となってきます。
そのお気持ちにどう応えていくか。ご要望に応じることは簡単ですが、ただそのままお聞きして情報の洪水にしてしまっては、本来の目的すら達成できなくなることもあります。
言われたことをそのまま受け止めることがお客様満足か、その先のお客様(視聴者)のことを考えてお聞きしないことがお客様満足か。慣れないうちは、揺れ動くところなのですが、最後は自分の良心と信念に基づいて仕事をするしかありません。最後に「さすが、プロの仕事だ。あなたの言うことを聞いて良かった」と言っていただけることを目指して、話し合いを深めていくこと以外にありません。

こうした葛藤は、どのビジネスにもあると思いますが、やっぱり、こちら側に「これでいいのか」と思う気持ちが残る仕事は、例えそれで売上が上がったとしても、納期通りに収めることができても、決していい結果につながるような気がしません。少しずつ、一歩ずつお客様との理解を深め、最後にお客様と我々で「いい仕事が出来たな~」と祝杯を交わすような、双方が感動する瞬間が最高の仕事ではないかと思っています。

まだまだ理想通りに行かないし、なかなか難しいのですが、うちのスタッフにも、ぜひこんな感動体験をたくさん味わってもらいたいと思う今日この頃です。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 05 月 24 日 09:34

試写交流会IN大阪

久しぶりの更新です。
木曜日は大阪で「仕事の原点 試写交流会」という催しを行い、
皆さんと「仕事の原点」を使った勉強会と交流会を行いました。
どんな映像なのか一度見てみたいという方や、どうやって社内で
使っていけば良いかわからないという方の為に、こうした無料の
勉強会をやってみようということになったのですが、皆さんと一緒
に勉強することは、やはり有意義な時間です。
「良い会社」をめざして一緒に取り組む仲間が増えていくことも
勇気になります。

DOIT!監督の中畑さんも飛び入り参加してくださって、二次会まで
皆さんで語り合いました。
来月は東京、再来月は名古屋で行う予定です。
お仕事の終わり、お時間の都合がつきましたら、ぜひ立ち寄り
ください。

そして金曜日の昨日は鹿児島のセブンプラザの山口社長にお会い
しました。DOIT!で取材させていただいてから、だいぶ立ちますが
温かいお人柄、家電業界を何とかしたいという思いはまったく変わって
おられませんでした。

家電業界は大手量販店の攻勢に、小さな店がバタバタ潰れていった
時代がありました。山口さんはそんなパパママの家電店をご指導され
小売主導の自社チェーンに加盟してもらうことで、見事によみがえらせて
こられています。昨日お伺いすると現在の加盟数は60店になるそうです。
6割が赤字と言われる地域家電店ですが、このチェーンの加盟店の赤字
店は1~2店。加盟後に売上が150%、200%になった店ばかりです。

そんな山口さんがおっしゃっていたことで印象深かったのは、
「地域店が立ちゆかなくなる要因は、量販店の価格攻勢ではなく、
公私を混同したり、商売としての基本を忘れて、安易な商売に走ってし
まうこと。戦略ばかり覚えて、理念(お客様本位)を忘れてしまうところに
ある。」という言葉でした。
何のために商売をしているのか。そこが問われているようです。





カテゴリー : 思うこと

2008 年 05 月 17 日 23:48

元気の輪!

セミナーに参加いただいた皆さんからたくさん御礼のメールを
いただいていて、今なお感動の余韻が残る2日間です。

「講師の皆さんの素晴らしいご講演を聞いて、落ち込んでいたけど
元気にりました」「勇気をもらった。進むべき方向を確認できた」など
ご感想は様々でしたが、会場に集まった皆さんがかもし出す温かい
空気感や、ブロックスのスタッフの対応が良かったよ!と言ってくださる方が
何人もいて、大切にしてきたことを認めてもらった気がして、嬉しくなって
います。

これは妄想に近い話なのかもしれませんが、
会場に集まっていただいた300人の皆さんが元気になる。そのお一人
ひとりがご自身の仕事の中で、毎日一人、一年間続けて誰かを元気に
し続けていただければ、計算上、約一万人の人が元気になります。

その元気になった一万の人が、他の誰かを元気にして、またその人が
周りの人を元気にする。そして、元気の連鎖を無限に続けていく・・・。
もちろん生身の人間ですから時々落ち込んだり、悩んだり、元気の連鎖
が途切れることがあるでしょう。
そんな時はまた「元気セミナー」に来ていただいて、元気を充填してもって
新たな連鎖をスタート!

この妄想は、諦めなければ、妄想ではなくなるかもしれません。
地道に続けていけば、どこかで「風」が吹きそうな気がしませんか?
5年後か10年後になるかもしれませんが、風が吹くのを見てみたいです。






カテゴリー : 思うこと

2008 年 05 月 12 日 20:39

出逢い

最近、名刺の消費量が増えています。
数ヶ月前、一気に1500枚も増刷したので、まだしばらくは安心ですが、
ご縁がいろんなところで広がっていて、嬉しい毎日です。
それも、みんな素晴らしい方ばかり。
頑張っているといい人に出会えるよ、と誰かが仰っていたのを
覚えているのですが、そうであるなら、もっと頑張って、全国各地の
素晴らしい人にもっと会ってみたい気がします。

出逢いはやっぱり自然な形が一番。
出逢うべき人は画策しなくても、出逢う運命にあるようです。
自分が真っ直ぐに生きていれば、真っ直ぐな人に出会うだろうし、
強く、優しくなりたいと思えば、そんな人とばったり会うようになっている。
何の根拠もありませんが、そんな気がします。
これから、どんな方と会えるのか、本当に楽しみです。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 05 月 11 日 00:10

初夏の香り

ゴールデンウィークを休めなかったという方がおられました。こんな気持ちのいい季節に本当にかわいそうです。写真で申し訳ないのですが、そんな皆さんに初夏の空気のおすそ分け。
京都の一燈園に帰った時に撮った写真です。白鷺がいたり、いろんな花が咲いていて、琵琶湖から流れる疎水も新緑が映っていて、とてもキレイです。
私はここで生まれたのですが、ここに帰ると鮎を釣ったり、野山を駆け回っていた子どもの頃を思い出します。この季節に疎水を見ながらボーッとするのが一番好きな時間です。
それぞれの人に、きっとそんな場所があるでしょうね。

DSC04179.jpg DSC04219.jpg DSC04182.jpg

DSC04107.jpg DSC04191.jpg DSC04213.jpg DSC04212.jpg

DSC04087.jpg DSC04077.jpg DSC04095.jpg






カテゴリー : 思うこと

2008 年 05 月 06 日 18:47

ゴールデンウィーク

せっかくのゴールデンウィークだというのに、
子供たちは部活に忙しく、昨日はひとり家で過ごして
いました。
ふと思いついて風呂掃除をしていると、だんだん
熱くなってきて、風呂が終わると、次は家中の窓
そして網戸やサッシと、気がつくと大掃除のような
状況になっていました(笑)。

誰もきっと覚えがあると思いますが、人は一度スイッチが入ると
勝手に燃え上がるように出来ているのかもしれません。
美しく仕上がった窓や風呂を見ると、その仕上がりに
何ともいえない達成感を感じていたのですが、
休みの使い方としては、どうなんやろ?という感じですね。

振り替え休日の今日は、一番したの亜生と朝から大阪でやっている
「全日本男女選抜バレーボール大会」、黒鷲旗の決勝戦
を見に行きました。
男子はパナソニックVSNEC。接戦の末、パナソニックが
優勝。女子はJTVSデンソーで、デンソーが圧倒的な強さで
初優勝という結果に。
野球やサッカーのような人気ではありませんが、男子の
スパイクなどを見ると、かなりの迫力。試合を見ると興味が
出る人も増えるかもしれませんね。

久しぶりにゆっくりできたGWももう終わり。
明日から仕事、がんばります!

カテゴリー : 思うこと

2008 年 05 月 03 日 17:45

やる気、さらにアップ。

昨日は営業の持田君と大阪や京都のお客様のところに
ご訪問させていただきました。

「いい会社」をめざして変革の舵を切り始められた会社、
トップの理解がなかなか得られず苦心されている人、
孤軍奮闘、地道な活動を継続している人・・・
課題や状況は様々ですが、それぞれの会社に、利他
の心を持ちながら、仲間の幸せのために頑張っておられる
熱いビジネスマンがおられました。

それにしても、現場の声を聞けば聞くほど「辛い仕事」を
している人が多いことに気づきます。
業績、業績、利益、利益。人間的な自然な発想や行為すら
無駄と切り捨てられて、やる気をそがれ、相談する人も
少なくひとりで悩む。
仕事とはそんなもの。会社とはそんなものと割り切って
しまえば耐えられるのかもしれませんが、CSやES向上
のミッションを背負った人、特に本質に出会ってしまった
人などは、理想と現実の大きなギャップに
よりいっそう苦しまれているようです。

人間が幸せになるために発生したはずの「会社」という
システムが、不幸を増産しているというのは、どう考えて
もおかしいと思いますが、これがまぎれもない日本の現状。

子供たちのためにも、このままにしておく訳にはいきません。
自分のできることしかできませんが、
エンジン全開で、目一杯やってみようと思います!

カテゴリー : 思うこと

2008 年 05 月 01 日 20:05

ハナミズキ

ブロックスの東京事務所が入っているBーSTEPビル。
コンクリートの打ちっ放しと曲線のレイアウトは、
少し気に入っています。

そのビルの前の庭に、今、ハナミズキの花が満開に
咲き誇っています。
3階にある事務所から見下ろすハナミズキは
すべての花が見渡せて、本当にキレイです。
(皆さん遊びにきてください)

私の大好きな5月、昼休みにベランダに出て、
さわやかな風を感じながら、その薄紅色の花を
見ていると、本当にいい気持ちです。

神様は仕事するな、と言ってくれているのかもしれません。
あまりの気持ちの良さに、そんな気さえしてきます。

今度の休みは、この季節を満喫したいと思います。




カテゴリー : 思うこと

2008 年 04 月 30 日 20:58

尊敬する人

「組織と人の幸せづくり研究所」でお力添えをいただいている
間宮さんと松崎さんは、新しい働き方として
仕事の三分の二は、今の会社「日本アイビーエム」に尽くし
三分の一は「日本」を良くする為に尽くしていこうという
日本にこれまでなかった新しい生き方に挑戦されています。

とにかく前向きで熱い心の間宮さんと松崎さん。
お二人とお仕事をさせていただくと、いろんな学びがあります。
仕事への姿勢、生き方、学び方、人への優しさ、前向きさ、
自分への厳しさ・・・。
20代、30代、40代、50代と、どんな姿勢でお仕事をされてきた
のか、ちょっとした仕草や言動からビシビシ伝わってきます。

これまでも、こういう素晴らしい人とお会いすることはありましたが
一緒に何かをさせていただくという機会はそう多くありません。
だから、今、一瞬一瞬が楽しくて、この数ヶ月で私の仕事観も
大きく変わりました。
人との出逢い、そして尊敬する人が身近にいてくれるということは
素晴らしいことだと思います。

そして、私が今感じているように、
自分自身が、後輩から「この人と仕事をしたら成長できる」と言ってもらえる
ようになりたいという気持ちも強くなりました。
昨日の久保さんの講演じゃないですが、
ここにきて益々モチベーションが上がってきています。









カテゴリー : 思うこと

2008 年 04 月 25 日 21:18

未来をきりひらくために!

私が密かに?応援しているセミナー
「未来をきりひらくために」
が今度4月29日に開催されます。
しかし、こんなにいいセミナーなのに、
まだまだ参加人数が足りないそうです。

こんな素晴らしいゲストなのになぜ?
こんなにお安い価格設定なのになぜ?
きっとまだご存じでない方が多いのではと思い、
再度ご案内させていただきます!

少しでも社会のお役に立てるようにと
私の心友の伊藤さんが発案し、同じくソウルメイトの
久保さんや出路さん、清水さんが立ち上がって
出来たこのセミナー。
本当にいい企画だと思います。

4月29日は、ゴールデンウィークですが、
もしよろしければ、ぜひ一日ご一緒に学びませんか?

私も当日、ブロックスの仲間と受付を手伝う予定ですが、
その他にも、今回は素晴らしい仲間がたくさん
集まってくださる予定です。
講演一時間前に来ても楽しいはずです!

ぜひ、皆さんお越し下さい!

講師:
①バグジーの久保さん
②ラポットカンパニーの伊藤さん
③読書のすすめの清水さん
③ヒューマンフォーラムの出路さん


●テーマ 『未来をきりひらくために』
●日程  2008年4月29日(火)祝日
●時間  12:00~16:00
●費用  3500円
●定員  550名
●会場  ヤクルトホール(東京新橋)
東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル

【申込先】

NPO法人 読書普及協会 FAX:03-5483-8079 E-mail info@yomou.com
NPO法人 ウッディチキン FAX:06-7894-8631 E-mail info@woodychicken.com

申込みはファックスかメールでということです。
会社名、住所、連絡先(電話・ファックス)、名前を書いて送ってください。

ファイルをダウンロード



カテゴリー : 思うこと

2008 年 04 月 24 日 23:18

「悩む」と「考える」

以前は困難な状況や大きな問題が発生すると、
困った困った、どうしよう?と暗くなったりしていたのですが、
最近は少し変わってきました。
困った状況なので、確かに大変なので、
誤解されると嫌なのですが、正直な気持ちを言います。

最近は、そういう問題に直面するとワクワクするような
気分に近い、何ともいえない「意欲」が沸いてくる感じに
なってしまうのです。
確かにショックもあります。打ちのめされるような
ダメージも受けることがあります。
でも、なんでそうなるのだろうかと、いろいろ考えていくうちに、
だんだんと「よ~し!」という感じで気分が盛り上がってきて、
いいアイディアや解決の糸口が見えてきて、楽しくなるのです。

師匠の大久保寛司さんが以前に「悩むと考えるとは違うよ」と
言っておられましたが、今頃ようやくわかってきた感じです。
バカな弟子です。
今思えば、当たりまえのことのようですが、
悩んで暗くなってあたふたしても、確かに何の解決にもなりません。
周りは心配するし、問題の傷が深まるだけ・・・。

そうした時に、問題を紙に書き出してみて、原因を
さぐってみたり、やり方のアイディアを広げていくと、
意外な発見があったり、光が見えてきます。
マインドマップも役に立ってきたのかもしれませんね。

考えてみれば、課題や問題があるということは、本当に
ありがたいことだと思います。
解決すれば良くなる訳ですから、それを早くにわかった
だけでも感謝です。
以前は、無理矢理そう思おうとしていた節もありましたが、
今は自然とそうなってしまいます。

というわけで、最近はとてもいい感じです。




カテゴリー : 思うこと

2008 年 04 月 19 日 23:42

リフレーミング

ひとつの視点から見ると欠点に見えることも
別の角度、枠組みで光をあてると長所になる
というのを「リフレーミング」というのだそうですが
長女が学校で習ってきて、その資料を見せて
くれました。
同じ物事でも人によって見方感じ方が異なるのは
「コップ半分の水」を「もう半分しかない」と見るか
「まだ半分もある」と見るかというような例で
良く語られます。

ビジネスも結構、従来の枠組みにとらわれ過ぎて
悪循環に陥っているケースも多い気がします。
こんな心理学という視点から見てみるのも面白いと
いろいろと考えていました。

例えば書店業界に風穴を開けたヴィレッジヴァンガード
さん(DOIT!10号)。
開業当時は書店業界は、郊外型大型書店の全盛
時代。都心では大型書店が幅をきかせ、売れ筋の
「雑誌」はコンビにが美味しいとこ取りで、町の書店
はなかなか革新が生まれません。
ベストセラーも優先順位があるので小さなところは
なかなか仕入れることが出来ません。
そんな時に、だったら本屋のフレームから見直して
みようと、売れ筋を何とか仕入れようとない物ねだり
してもしょうがない。自分たちで仕入れられる
もので新しい提案をしてみることは出来ないかと
登場したのがヴィレヴァン。

サブカルチャーにこだわって、雑貨を本と並べて
販売し、常識だった整然とした売り場・買いやすいさ
重視の展開を、あえて雑然とした売り場にして
魅力を高める・・・。
初めて見たときの感動は、相当のものでした。
普通なら、競争が厳しくなると、他と比べて自社の
欠点部分に目が行きがちになるところ、
そこにとらわれて暗くなるよりは、他の発想はない
かと視点を変えて、思い切ってやってみたことが
この会社のリフレーミング。

欠点と思うかは見かた、考え方です。
DOIT!も「40分は長い」「研修に使えない」と
だいぶ昔から言われていたのですが、
一方で「細かなニュアンスや感情が伝わって
くるのでこのままでいい」という声もあり、
「長いから良い」と割り切ってからは、いろんな
発想や挑戦が生まれてきました。

長女の資料にはいろんな言葉がリフレーミングされて
いました。

つめたい→冷静・客観的
責任感がない→無邪気・自由
周りを気にする→心配りができる
優柔不断→じっくり考える
あきっぽい→好奇心旺盛

面白いですね~。
以下は私の遊び。

商品説明が下手→お客さんに話をしてもらう時間をつくるのがうまい
価格競争力がない→価格の高さに見合った満足を提供できる
人が集まらない→今いる人でやれる方法を考えるチャンスがある
店が汚い→綺麗になる場所が豊富

今やってみると「無理やりリフレーミング」はなかなか面白い。
ちょっとした前向きブレストです。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 04 月 18 日 09:34

四国出張2日目

高知の勉強会に参加させていただいた翌日は
高知で人とお会いして、そのまま香川に移動し
何軒かのお客様にお会いしてきました。
普段、お電話でしかお話できなかった方に
直接お目にかかれて、本当に素晴らしい時間を
過ごすことができました。

どんなに通信手段が発達しても
やっぱり人と人が直接会ってお話することは
価値があること。反対に、そういう時代だからこそ
その価値は益々高くなっているように思います。
時間がかかっても、お金がかかっても
お客様と直接お会いする、感謝の気持ちを伝えたり
お悩みをお伺いすること、そして気持ちを通じ合わせて
いくという行為は、大切にして、ブロックスの持ち味
として続けていきたいと思った一日でした。

大阪に帰ってきたのは11時過ぎ。
ガソリンを2回も入れてしまうほど走ったのは久しぶり
でしたが、明石海峡大橋や徳島、香川、高知の素晴らしい
自然の景色や景観、帰りの瀬戸大橋は真っ暗でしたが、
四国の空気に触れることができて少し癒やされました。

四国にはまだまだ良いところがありますし、
今後はゆっくりと、仕事抜きで行きたいと思います!

この写真は最後にやっと食べることができた
讃岐うどん!うまかった・・・!

Image013.jpg







カテゴリー : 思うこと

2008 年 04 月 08 日 00:31

お花見に行く

日曜日、子ども達と花見に出かけました。
車で訪れたのは大阪と奈良の県境にある信貴山。
桜だけでなく、山にはいろんな花が咲いていて
温かな日差しとキレイな空気にかなり癒やされました。

DSC03740.jpg

家に帰ってからは、近所のジョギングコースを散歩。
ここも川沿いの桜が満開で、花びらが流れる水面も
情緒たっぷり。

DSC03724.jpg

日本に生まれてきた良かった!

カテゴリー : 思うこと

2008 年 04 月 02 日 19:54

嬉しい一日

今日は午前中、新大阪の駅でラポットの伊藤さんと打合せ。
初のコラボレーションで行うある会社の合宿研修の内容を
相談していました。やっぱり根っこが同じだといろんなことが
かみ合って、楽しくてしかたありません。
表裏もなく、商売がどうのこうのではなく、ただひたすら役立ちたい
という共通の思いでできる仕事は本当に嬉しいです。

そして、その嬉しい気持ちを胸に、
新幹線で一路、埼玉に。
5月の日本を元気にするセミナーの打ち合わせということで
川越胃腸病院の望月院長にお会いしてきました。

お会いする前に、事務部の皆さんに挨拶に行くと、
一斉に「お帰りなさい」と言ってくれました!
第二の我が家に帰ってきた~そんな気分です。
今日は、皆さんに「ただいま」ということができて、
ひとつの念願が叶いました。

本当は皆さんとゆっくりとお話したかったんですが、
その後の予定もあり、慌ただしく帰ることに・・・。
でも、久しぶりに「天使スマイル」が見られて、
かなり幸せな気分です。

実は、今日、お約束の時間に遅れそうになり、
事前に、その旨を伝えようと病院にお電話したのですが、
その時に電話に出てくださったスタッフの
「かしこまりました。院長に伝えておきます。
どうぞ気をつけて来てください。」という言葉、特に
最後の「お気をつけて」というひと言にグッときていました。

確かにさりげないひと言。でもとても自然で、思いやりに満ちて
いて、「あ~初めてお電話した時の感じと同じだ・・・」と
感慨にふけっていました。

そのことを院長にお話すると、
応対してくださった方は、なんとこの間入られたばかりの
新人さんと聞いて二度ビックリ。
先輩の皆さんの親切な指導ぶりや、この病院に流れる
潜在的な「優しさ」の深さを想像して、改めてすごい病院
だと思いました。
人が成長ができる職場というのは本当に理想ですね。

望月先生、川越胃腸病院の皆さん。
今日はありがとうございました。



カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 31 日 19:45

明日から新年度!

日曜日の大阪はあいにくの雨。
花見をする訳にもいかず、かといって家の中に
ずっといるのも性に合わないので、
図書館に行ったり、カメラを片手に近所をぶらぶら散歩していました。
小学校の中庭に桜によく似た大きな花が咲いている樹があったので
何の花かな?と除いてみると「アーモンド」という看板が・・・。
こんな花なんですね。私は初めて見ました。
ちなみに花言葉は「希望」だそうです。春に相応しい言葉ですね~。
DSC03667.jpg

明日はいよいよ新年度のスタート。
新しく赴任される方、入社される方、新会社や新組織の立ち上げ
に参加される方もおられるかもしれません。
私の知り合いも、4月から新しい仕事に取り組むんだと
気合いを入れていました。
新しい環境になれるまで、しばらくは大変なこともあるかも
しれませんが、すべての皆さんに頑張ってほしい、
前向きな気持ちを持ち続けてほしいと、願っています。

新天地では、もしかすると少し背伸びすることもあるかもしれません。
でも、背伸びをしているうちに、背が伸びることもある。
それが人生のおもしろさであると、ある本に書いてありました。
無理しすぎて転んでしまっては駄目でしょうが、
ちょっと背伸びしていくことがいいのかもしれません。
新しいことに挑戦する皆さんにエールを送ります。

もちろん、ブロックスもがんばります。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 27 日 07:53

ポカポカ陽気

昨日の東京は本当に温かい陽気で、
春の空気に満ちあふれていました。

市ヶ谷のお堀沿いの桜はまだもう少しという
ところでしたが、歩いていてもとても気持ちが良くて
私の耳元には「こんな日に仕事してちゃ駄目だ。
仕事さぼって、公園で昼寝しようぜ・・」という悪魔
のささやきが聞こえてきました。

結局、天使が勝ったのか、悲しくも一日
真面目に仕事をしていたのですが、
桜好きな私は、この時期、いろんな誘惑に
駆られてしまいます。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 25 日 20:34

文章を書く

今日は久しぶりに一日事務所でデスクワークをしていました。
一日パソコンに向かっていると、目はしょぼしょぼ、肩はパンパン、
腰は痛いし、頭も身体もおかしくなります。

文章を書いたり、デザインをしたりすることは、昔から嫌いではなく
やればやるほど凝り出してしまいます。

中学の頃、糸井重里さんに憧れて、コピーライターになろうかと思ったり、
夏休みに書いた作文を、何故か全国コンクール銀賞というところ
までいって、天狗になりかけたこともあります。
しかし、それ以外で勉強しようとか、その道に進もうなどとは
思ったことはなく、中途半端なことは否めません。

それでも、文章を書くというのは面白いし、好きです。
特に、短い文章で心に響かせるコピーライティングの世界は
未だに興味があります。

昔、ホンダのコマーシャルで
「子供といっしょにどこにいこう」というのがありましたが、
丁度その頃、子供が小さくて、遊びに連れていけない負い目を
感じていた頃だったので、心に響いてきて、車を見に行った記憶が
あります。
最近は、心をときめかされた広告に出逢うことは少なくなりましたが
まだまだ言葉の世界の可能性は、たくさん残っているんじゃないかと
思っています。

DOIT!のタイトルも、毎回100個ぐらい考えます。
でも、未だに会心のものに巡り会ったことはありません。
唯一、リッツ・カールトンの「感動伝説・・・」のタイトルは
まだいけてるかもしれませんが、自分のボキャブラリーの貧困さ、
頭の固さにいつも悩まされています。
内容を表現し、なおかつ皆さんにわかりやすく、
品があって、元気がでるタイトルは、本当に難しいです。

これは余談ですが、
DOIT!のタイトルには、必ずビックリマーク(!)が付いています。
これは自分のクセです。
「これでどうだ!」という気持ちが、最後にキーボードを叩かせる
のでしょうか、気合いが入ればはいるほど「!」になってしまいます。

今日は疲れているので、ビックリマークは付きませんが、
呆れるほど単純な思考回路に、時々自分でも
笑ってしまいます。




カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 25 日 08:48

テレビに相澤さんが・・・

昨日の夜、何気なくテレビを付けたらホンダカーズ中央新神奈川の相澤会長が
出ておられてビックリしました。
番組はテレビ東京の「カンブリア宮殿」。
営業マンの特集でした。
数年前、ご病気でだいぶ痩せられていたのですが、
昨日のテレビでは昔のようなエネルギッシュでパワフルな相澤さんに
戻っておられて、嬉しくなりました。
トヨタの営業マンの方も人間味があって
いい人だな~と思いましたが、相澤さんはやっぱり経営者。
社員に嫌な思いをさせたくないという一点で
持論の店頭販売のことを話しておられたのが印象的でした。

テレビではDOIT!43号で取材した町田のでんかのヤマグチさんも
登場していて、あの「ご近所主義」の営業ぶりが紹介されていました。
ヤマグチさんも元気でがんばっておられますね~。
司会の村上龍さんが、壊れた「世間」を修復するように販売を続けている
というような感想を述べておられましたが、
昨日も見ていて思ったのは、
山口社長が何十年もこの方法をとってこられたのは、
儲かるからという理由だけでは、絶対にないと思います。
お客様と会話して、頼られて、頼って、冗談を言い合って
笑ったりする商売が好きで好きでしょうがないからだと、思うのです。
相澤さんにしても、山口さんにしても
あんな風なおだやか笑顔で商売を続けることができるのも
きっと「楽しさ」を第一に考えているからだと思います。

私もそんな顔が似合う経営者になりたいです。



カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 20 日 22:20

子供と京都へ

今日は休み。春休みということで長女は友達とUSJへ、三女はバレーボールの練習試合。妻はボランティア活動に関係した勉強会があるとかで、家族はバラバラの行動でした。残された私は今度高校に入学する次女と買い物に行くことにしました。入学祝いはアディダスのスポーツバック。高校でもバレーボール中心の3年間になりそうです。その後は與田ちゃんの安産を祈願して石切さんにお参りに。その時ふと「たまには母と食事をしよう」と思い、そのまま車で京都・山科へ。琵琶湖から山沿いを流れる疎水の側に私の生まれた一燈園があるのですが、ここは桜の名所としても有名。桜の頃にまた来たい。母も孫が来て嬉しそう。夜、祇園のお店で食事をして帰りました。やり残したことを凝縮してやりきったというような忙しい一日でしたが、子供も親も喜んでくれてよかったです。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 17 日 21:13

WIN-WIN

今日、ある方とセミナーの共同開催について話をしていたとき
「WIN―WIN」という言葉が出てきました。
ビジネスの中で、勝つとか負けるとかという言葉を使うのは
どうかと思うので、私はこの言葉をあまり使わないのですが、
言葉の定義や解釈の仕方は人によって様々なようですね。

正確なことはあまりわからないのですが、
すべてにおいて常に相互の利益を考える精神のこと、
人生を競争ではなく協力するものと考える思想というのが
正しいところなのでしょうか。
7つの習慣か何かに出ていた気がします。

しかし、この言葉、意外と「お互いのメリットになる」「お互いが金銭的に
損しない」というような意味で使う人も多いようです。
私は、儲かるとか、利益が出るということが、自分のWINの
イメージではないので、事業提携とかの話の時に、先方が
「WIN―WINで・・・」とか言われても、ピンときませんでした。
もちろん、事業ですから、お互いに利益になることは大切なことは
わかっているのですが、違和感は残っています。

例えばセミナーの共同開催の場合でいうと
私は、ご一緒にやる以上は、会社が違っても、同じ気持ちで
やりたいというのが先にきます。
「来ていただいた方に最高に喜んでもらう」という共通の目標に向かって
心をひとつにして、とことん議論し、とことんやりきって、
セミナーを実施する。
そして、終わった後の居酒屋でその会社の人たちと
「喜んでもらったて良かった~、頑張ったかいがあったな~」
「今回は、本当にいい仕事ができたな~」と
と祝杯をあげ、しみじみ涙を流す・・・
これが私のWIN-WINイメージです。

利益があがるとか、損しないとかは最後で良くて
大切なのは、心がひとつになれるか。

英語で、アメリカ人に教えてもらわなくても、
日本人がいつも大切にしてきた「和の精神」というのは、
こんなことじゃないのかな~と思うこの頃です。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 13 日 20:02

感動の毎日

昨日まで福井県のお客様をいろいろ回らせていただき、
いろんな出逢いや発見がありました。

私たちの知らないところで、お客様が友達や仲間に
「この映像はいいから使ってみたら?」とご紹介して
くださっていたり、ダイレクトメールや送付時の手書きの
お手紙を大切にしてくださっていたり・・・
私たちは、いつも「お客様に感動をしていただこう!」と
頑張っていたはずなんですが、
逆に私たちが感動させていただくことばかり。
ここ数日、毎日のように仕事の喜びを感じています。

でも、こんなに感動ばかりしていていいのでしょうか?
時々、大事なことを忘れているのではないかと
反省しているのですが、感動はどんどんやってくるので
防ぎようがありません・・・。(笑)

ところで、今日は二番目の娘、未生(みお)の卒業式。
この間、「卒業式に出てきて欲しいんやけど」と嬉しい
メールをもらっていたのですが、仕事が入っていて
今日は出席できませんでした。
この3年間、まったくといっていいほど学校行事に
参加してこなかったし、子供の晴れ舞台を自分の目で
見てみたいと思うのですが、どうしても仕事を優先
してしまう自分に、呆れてしまいます。
未生、ごめん。









カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 10 日 19:11

小さなスーパーのやる気

普段からもお客様が殺到。土日となるとお客様が殺到してレジを通過するのに30分もかかるというスーパーがあるというのでお話を伺いに行ってきました。30分もかかってもお客様が「この店で!」と絶対に離れない理由は何か?スタッフの人に聞いても「どうしてなんでしょうね?」とご自身でもわかっておられないご様子(こんなところも良い感じです!)のですが、やっぱり安さや品揃えだけではないようです。待っていてもイライラしないのは、レジスタッフが汗を流し、一生懸命やっていることに付きます。頑張る姿には誰も文句は言えません。商品の安さも仕組みの良さもあるでしょうが、最後の最後は人のやる気。改めて、働く人の気持ちを高めることの重要性を確認しました。
その他にもいろんなお話をお伺いしましたが、やはりそうしたやる気を支えているのは、謙虚で、温かくて、社員思いのリーダーの心。
良い企業の構造は業界を超えて普遍です。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 10 日 19:05

上野公園で

日曜日、上野に用事があったのでついでに上野公園に立ち寄りました。
確か以前一度来たことがあるのですが、正直なところ、ゆっくりと歩き回ったことがなく昨日初めて西郷隆盛の銅像を見ました。恥ずかしい・・・。
DSC03580.jpg

いかにこれまで、仕事しかしてこなかったかということですね。
その後、不忍池にも行ってみました。
ここは見たことがあります。
それでも、ベンチに腰を降ろして改めて見ると、確かに昔から親しまれている理由がわかります。
生まれ故郷の京都とは少し違った雰囲気ですが、懐かしい昭和の臭いを感じる場所でした。
杭にずっと顔をこすりつける変な猫がいたり、桜も梅も咲いていました。
春ののどかな一日でした。

DSC03617.jpg
DSC03553.jpg

カテゴリー : 思うこと

2008 年 03 月 07 日 16:54

仕事の手順

サラリーマンの頃、私は上司から指示されることをそのままやるのが
性分に合わず、いつも自分なりのやり方を考えていました。
どんな仕事でも、初めての時は、上司の指示通りにやるのですが、
つい、そのやり方を変えてみたくなってしまうのです。

例えば上司からA→B→C→Dという手順を教わって、最初はその通り
やってみるのですが、「なんでこの手順なんだろう?」と疑問がわいて
きてしまいます。
Bは省けないのかとか、いっそDからやってはいけないのか?
とか、まったく違うFという手段はどうだろうか?とか
いろいろ考えるのが好きでした。

もちろん、その仕事の達成したい目的を外してはいけないので、
その目的は、絶対に外さないのは当然なのですが、
あれやこれやとやってみて、ついに自分のオリジナル手順でうまくいった
時の快感。これは、やみつきになってしまいます。

もちろん、何度考えても当初の「ABCD」しかないという場合もあるのですが、
それはそれで「やっぱ先輩は凄い!」「よく考えてあるな~」と思ったり、
どっちにころんでも気づきが深まるので、
「言われた通りのことから、いったん外してやってみる」ということは、
新人の頃からもう習慣のようになっていました。

私は仕事を楽しむっていうのは、こんなことじゃないかと
勝手に思っているのですが、
上司の言うことを素直に聞かず、
ことごとく違ったやり方でやってみるような奴は、
「扱いにくい部下」なんでしょうか?


カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 22 日 09:18

感謝の気持ちと行動力

昨日は、またヨリタ歯科クリニックの寄田先生とご一緒でした。
ひと月ごとにお会いしている感じになりますが、普段の何気ない仕草や言動が
かなり勉強になります。

一番関心するのは、いろんなものに対して感謝の気持ちを持たれていること。
ウエイターさんにも、ホテルのスタッフにも、関係者にも、この場にいることさえ
ひとつひとつに、心から「ありがたいな~」「ありがとう!」と仰います。
理念のひとつに「感謝の言葉があふれる歯科医院」とありますが、
寄田さんご自身が、理念を実践されるからこそ、定着するんでしょうね。

その他にも、寄田さんは何にでも感動されるし、興味のあることは
どんどん勉強に行かれます。
お会いしている途中、ネッツトヨタ南国の横田会長と別件でお電話をしていたのですが、
「今、寄田さんとご一緒なんです」とお伝えしたら、寄田さんは、大阪で行われた
横田会長の勉強会にご自身で参加され、ご質問や名刺交換をされていて
すでにお知り合いだとか。
さすが!成長をめざす人は行動的です!
バグジーの久保さんの師匠である北川八郎さんの勉強会に、わざわざ熊本
まで行って参加さたり、そんな行動力も学びたいと思います。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 20 日 18:54

儲かる方法教えます

今日、情報収集のために書店に行きました。
新しい経営の本や雑誌を見て、数冊購入してきたのですが、
平積みの本を見ていると、なんとなく流行すたれがわかって、
面白いものですね。

相変わらず多いのが、「年収○千万になる方法」とか
「楽して成功を手に入れる方法」というような、成功テクニック本。
タイトルの中に多く出てくる、「楽に」「儲ける」「成功」などの
キーワードを見ていると、本当に私たち人間はこの言葉に弱いんだな~
と思います。
「儲け方教えます」といって一番儲けているのは作者だったりするのに
こうした種類の本が、時代の変化に左右されず不動の地位を築いているのには、
人類にとっては、ある種必要不可欠なものなのかもしれません。

別の意味で興味があって、いつも読んでみようかと思うのですが、
他に読みたい本が出てきてしまって、なかなか読む機会がありません。
しかし、「どうしたら自分が成功するか、儲かるか」というような
自分のことしか考えていない人に
周囲の人が魅力を感じたり、信頼するとはどうしても思えないのですが、
それでも「成功する」というのですから、きっと凄い秘密があるのかも。
やっぱり読んでみないとわかりません。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 19 日 16:35

夢をかなえるゾウ

ベストセラー「夢をかなえるゾウ」をようやく読みました。
なかなか面白い本ですね。自己啓発本というのは、なぜか性に合わず、これまであまり読まなかったのですが、今回はある方からのご紹介で読んでみました。説教くさくないのは、関西弁で人間味たっぷりゾウの神様という設定が良いのだと思いますが、内容も面白いので、まだの方はぜひ一度読んでみてください。

私が面白かったのは次の文章。
「そうや。(手塚)治虫くんは六十歳で亡くなってるんやけど、死ぬ直前の、入院してる病院のベッドの上でも漫画描いてたんよ」
「自分らはな、成功している人の仕事のやり方聞くと『努力家だなあ』って思うやろ。(中略)でもな、手塚治虫くんは、努力家やったんかな? いや、確かにそういう面もあると思うで。でもな、病院のベッド上で死にかけてんのに、『努力しよう』とか『我慢して頑張ろう』とは思わへんのちゃうかな?」
「それでも描くっていうことはな、単純に『やりたかったから』やと思うねん・・・」

成功している人はきっとそうなんだと思います。手塚治虫さんも子ども達を喜ばせたり、驚かせたりすること、漫画を書くこと大好きなだけ。決して成功しようと努力しようと思っていた訳ではないと、確かにそう思いました。
私は成功している訳ではありませんが、DOIT!も確かに、「自分が面白いからやっている」という感じです。成功の法則通り!?あまり大金持ちとか成功に興味がない私でも、もしかすると成功してしまうのかも・・・?


カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 18 日 23:19

野球漫画を読む

古い野球漫画が文庫本として発売しているというので、先日の休みに読んでみました。
内容はどうしようもない不良達を、少し調子はずれの熱血先生が野球を通して更生させて
いくというありがちな物語なのですが、あるシーンがなかなか面白い内容でした。

紆余夫曲折があって不良達が集まり、始めての試合の相手がガチガチの管理野球
という設定。方やルールも知らない不良達がノビノビと野球をやっている放任型。
方や監督の命令で選手が萎縮しながらやっている管理型。相手監督のあまりの
理不尽な管理に対して、その熱血先生が「君たちは野球をやらされているのか?
野球をやっているのか?」と問いかけて、相手の選手達が考え込むという場面が
ありました。
どちらの野球も問題がありますし、野球の話をそのまま経営の話に持ち込むのは
無理があるのですが、その先生の問いはなかなか良いのではと思いました。

「あなたは、仕事やらされているのですか?仕事をやっているのですか?」
この問いかけの答えはそんなに単純ではないと思います。
目標が成果(勝つ)という結果ならば、ベクトルの合わない組織より、ひとつの
方向で管理統括するほうが良いはずです。そして、勝てばやる気になるでしょうし、
もっと向上したいという気持ちになるでしょう。
やらされている側面はあるけど、目標の為ならしかたないと思うもの当然
ありだと思います。
しかし、長い間、この「やらされている感」が続いていて、本当に楽しいのかどうか。
私は野球も仕事も「自分が面白いからやる」でないと、本当の感動も充実感もないように
思うのですが、現実は漫画のようにそんな単純にいきません。
ただ、やっぱりこの漫画の作者のような気持ちはみんな根底に持っているのだと思います。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 17 日 13:48

美容室に行く

土曜日は久しぶりに休みがとれたので、家の近所の美容室に行ってきました。

私は、仕事柄、全国各地のいろんな美容室でやってもらうのですが、
地元にいるときは、近所のこの店に行きます。
いつもお願いしているのがKさんという子育てをしながら頑張るスタイリスト
さんで、気さくなお人柄が気に入って、いつもお任せでやってもらっています。

しかし、このお店、最近2店舗に拡大してから、何か違和感を覚えることが
多くなってきて、本当のことをいうと、行くのを辞めようかと思っていたのですが、
新しいところを捜すのも手間だし、Kさんは素晴らしいので
今日もこちらにすることにしました。

違和感といっても大したことではないのですが、職業病なのか、どうしても
「店の空気感」が気になります。
最初に気になったのが予約の電話。電話をかけると、店の男性が
出られるのですが、それが耳をつんざくような大きな声。
元気なのはいいのですが、大きすぎてうるさいのです。
それに加えて、ファーストフード店のようなマニュアル口調。
どちらかといえばこちらの方が気になります。
普通にしゃべってよ~という気持ちになる応対でした。
そして、店(新店)に入ると、男性の店長が迎えてくれます。
「いらっしゃいませ」と、声は元気なのに、目が笑っていません。
「この人絶対に歓迎してない」と思ってしまいました。

ちょっと心配になって、Kさんに
「最近方針が変わったんですか?」というと
Kさんも気にしていたのが、2店目になって、だんだんと業績が問われるようになり
店長はいつもオーナーに怒られているのだそうです。
大きな声もオーナーの指導なのだそうです。
帰り際、お金を払っているときに、その店長がオーナーらしき人からの
電話に出ていましたが、内容は今日の予約状況の確認。
売上が気になるのでしょう。

報告が終わると、私を見向きもせずに、(もちろん挨拶もなしに)
さっさと自分のお客様のところへ。
店自体は流行っているので、私がとやかく言うことではないのですが、
これで良いのかと心配になってしまいます。

この店はオープンの時から知っている店。
私が帰宅途中、夜11時ぐらいでもみんなでミーティングをしているのが
見えていました。がんばっているお店です。
Kさんは、ミーティングで話をしようと行っているのですが、
とにかく、以前のような「みんなでひとりのお客様を大切にする店」に
戻ってもらいたいと思います。

しかし、休みなのに、すぐに仕事モードになってしまう悲しい私。
因果な商売を選んでしまいました・・・。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 09 日 16:24

受験と面接

今日は次女の受験の日。
昨日の夜、きっと緊張してるだろうなと思って電話をしたら、
いつもと変わらず、おっとり、のんびりとした口調で
「なんかよう?」みたいな返答。
緊張感ゼロ。
拍子抜けしたのですが、まあ彼女らしくていいのかと思いました。

元気で素直に生きてくれてさえいれば、それでいいと
思っているので、私はまったくといっていいほど、勉強をしろとか
受験がんばれということは言ってきませんでした。
それでも、自分なりに毎晩遅くまで勉強していたようですので
自分の望んでいる結果がでるといいなと思います。

さて、今日は今度採用予定の皆さんの最終面接。
役員3人で候補者の皆さんと話をしました。
面接というと、採用する側がされる側を選別することなのですが、
採用される側も「私がこの会社を面接、選別する」という意志を持って
望んでほしいと思っています。
だから、いつも、包み隠さず何でも答える、人間性もぜんぶオープン
にするというスタンスでやっているのですが、お互いが分かり合うというのは
本当に難しい。毎回、毎回、真剣勝負です。

それでも、今日、結論がでて、新しい人の採用が決まりました。
責任も重くなりますが、新しい仲間が増えることはワクワクします。
本当に素直で良い人ばかりなので、この人たちが「いい会社を選んだ」
と思ってもらえるように、ますます会社を磨いていこうと思っています。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 04 日 18:59

懐かしの名曲

先日、深夜の通販番組を、何気なく見ていたら
「青春時代のヒットソング、5枚組CD」というようなものが紹介
されていて、思わず、衝動買いをしてしました。
かなり、恥ずかしい・・・。

70年代、80年代のいろんな歌手のヒット曲が原盤から集められている
というそのCDには、若い頃に口ずさんだ曲ばjかりが100曲。
日曜日、ひとり浸りながら聞いていました。

思い返せば、高校生ぐらいからは、洋楽やロックなど「親が知らない」
「自分しか知らない」ジャンルに傾倒していったので、ほとんどが
小学校や中学の時代に聞いたもの。

当時は、流行っているというだけで、歌詞の中身までわかっていなかった
のですが、この年になり、改めて聞いてみるとやっぱりいいですね。
こういうのを、「おじさん化現象」というのかもしれませんが、
今の曲より、ずっと心に染みてきます。
悔しいのですが、私は見事に「おじさん」です。

それにしても、久しぶりに見事に「企業の思惑」にはまってしまった買い物。
企画した人の、戦略の確かさに脱帽です。



カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 01 日 21:07

久しぶりの休み

今日は午前中少し会社に顔を出し、少し仕事をした後、
神戸におられる演出の中畑さんのところで打合せをしました。
仕事の原点シリーズも今日でようやく最終チェックが終わり
一息ついたので、そのまま休むことに。
中畑さんと奥さんと、いろんな話をさせていただきました。
中畑さんとは、20年以上のお付き合いですが、いろんな面で
助けていただいています。
会社の悩み、仕事のこと、人生のこと、もうありとあらゆる
ことを相談させていただいて気がします。
今日の神戸は、とても良い天気。
六甲山の麓、キレイな空が見える居間で、ゆっくりと過ごさせていただき
かなりリフレッシュできました。
明日もがんばろう。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 02 月 01 日 09:36

機械じゃない!

ある大手企業さんとの仕事を通して感じたことがあります。
正確には仕事はしていないのですが、ある案件に対して
何社を呼び、企画や価格を競わせようという、いわゆるコンペに
参加したという段階です。

しかし、このコンペという仕組み。どうも未だに馴染みません。
もちろん競い合うこと自体には何の異論もないのですが、違和感を
感じるのが形式化されすぎてしまうこと。
この会社でもコンペ自体がかなり仕組み化され、大げさにいうと私達協力業者は
心も何もない「企画制作マシン」とでもいうかのごとく、味気なさが漂うもの。

テーマは「いかに安くあげるか」。企画評価もあるのだと思いますが、
この時代ですから、価格が大きな要素です。
しかし、価格評価のウエイトが高いと、どうしても発想が「労力を省く」という
クリエーターには、馴染まない方向に行ってしまいます。

特に私なんかは、担当者の悩みや課題を聞いたり、「何とかしたい!」という情熱に
ふれてしまうと、「よ~し、何とかしてあげたい!」という回路が働いて、
もっと「こうすれば良いのでは?」と、昼夜を問わず考えてしまうタイプです。
でも、こう、システム、システムでこられては、なかなか気持ちが高まりません。

私達、協力業者も「人」の集まり。予算がないのならないなりに、
「これだけしかないんだけど、ぜひ貴方の会社と一緒にやりたい。協力してくれないか?」と
言っていただいたほうが、どれだけモチベーションが高まるかわかりません。
単純な私なんかは、何倍も一生懸命やってしまうと思います。

きっと、その大企業の人だって、会社からそのようなアプローチを受けたら
どんな仕事だってがんばるはず。
しかし、大企業はそうもいかないようですね。この辺に病理があるような気がします。
効率主義が生む不効率。
人への視点が欠落したシステムは、短期的な業績には寄与しても
長期的な視点で見たときに、効率的かどうかはわからないでは?
モチベーションは確実に下がります。

コンペという競争システム自体は、論理だった正しいものなのでしょう。
でも、発注者と制作者が、腹を割ってもっともっと話し合っていけば
双方のマインドが高まって、より良い仕事=より良い成果がでるはずなのに、
大企業ほど、このアメリカナイズされたシステムが足かせになっているような
気がしてなりません。

今回のコンペの内容も、まさに「人への視点」がかけていると思ったので、
挑戦の意味をこめて、価格を無視し、ブロックスらしい企画を出してみました。
どうせやるなら、この企画の実行者である「現場」の人が「元気がでた!」と
言ってくれるものでなければ、うちがやる意味がありません。
果たしてどんな評価をいただけるのか?
いろんな意味で楽しみです。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 26 日 12:09

不思議なご縁

今日もたくさんの気づき、学び、充実感、楽しさを感じた一日でした。
明日から始まるブロックスの会社説明会の会議や、昨日から引き続きの
日本を元気にする作戦「プロジェクトOMMB」(※今考えた名称です)の資料づくりや打合せ、
移動の新幹線の中ではご提案資料のまとめと「仕事の原点Ⅲ」のシナリオチェック。

そして夜は、セミナーにもいろんな社員さんを出していただいている
田村組の田村さんが会社にお越しいただきました。
田村組さんは兵庫県の小野市で建設業を営まれている元気企業。
お食事をしながら、いろんなお話をさせていただいたのですが、田村さんの誠実な
お人柄が私は大好きです。
「社員がこの会社に入って良かった」としみじみと感じてもらえるような企業にしたいと
頑張っておられます。

驚いたのは、田村組さんの近くにあり、田村さんもよくご利用されている
「ステーキハウス吉田」というお店は、我が社の制作部の吉田君の実家で、
吉田君もびっくり、田村さんもびっくりという、本当に偶然の出会いがありました。

今度、田村組さんにお邪魔した折に「ステーキハウス吉田に行ってみようと思っているんです」
とお話したことがキッカケだったのですが、人と人のご縁は面白いですね~。

兵庫県の皆さん、お食事は小野市の「ステーキハウス吉田」。
工事のことなら「田村組」さんをよろしくお願いします!

それとこれは社員の実家つながりなのですが、
名古屋営業所の蒲田さんの実家も、「たいざ蟹」など丹後地方の名産を扱う
鮮魚店「佐七商店」。こちらも通販などで新鮮なお魚や蟹が買えますので、
ぜひごひいきに・・・!(清子おばちゃんの日記がいいですよ~)

カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 24 日 23:05

仕事の喜び

充実する仕事とは、同じ夢を持つ、尊敬できる素晴らしい人と一緒にできることだと
今日はつくづく感じた一日でした。
大久保さん、間宮さん、松崎さん、そしてブロックスの仲間。
朝からこのメンバーで行った打合せは心地よい疲労感を残して、あっという間に終わりました。
無我夢中になれることが自分の仕事と一致していることの幸せを感じます。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 23 日 22:23

一流の人物とは「心の美しい人」

昨日は滋賀県で親戚のお通夜に出てから京都に泊まり、
今日、朝一番の新幹線で東京に移動してきました。

着いて降りると、なんと東京は雪景色。
京都も寒いと思っていたら、東京はもっと厳しい寒さ。
春が待ち遠しい今日この頃です。

さて、今日も慌ただしい一日でしたが
今日は私のマーケティングの師匠、山崎宣次さんから、ダスキンの創業者
鈴木清一さんのお話を聞き、ショックを受けました。

山崎宣次さんは、ダスキンの前身、ケントクの頃から鈴木清一さんの側で
経営を学ばれた方ですが、今日はその鈴木さんの経営の考え方、生き方を教わりました。

めざす企業の姿として鈴木さんは
一人ひとりが人間的に成長すること。
社員一人ひとりが、世界中どこに出ても恥ずかしくない一流の人物になるということを
社員に宣言し、目標として掲げられていたそうです。
そして、鈴木さんは一流の人物は「心の美しい人間」と定義して、
「自分のためではなく、他人のためにつくす能力のある人」と解説されています。
確かに、自分のこと自社の利益ばかり考えている人は、どんなに能力が高くても
一流とは呼べません。

今から何十年も前。
私たちがようやく気づき始めたことを
この経営者は、すでに気づき実践されていたことに驚きを覚えます。
いや、この十数年がおかしくなっていて、これが「原点」なのでしょう。
この間読んだ、伊藤雅俊さん、松下幸之助さんとも通ずる精神を感じました。

私も20年前、ダスキンで働いていたことがあり
もう一度、この鈴木清一さんのことを勉強してみたいと思いました。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 19 日 23:16

行動が信念をつくる

今日から福岡に出張です。

訪問させていただいたのが、あるカーディーラー。
三代目になる経営者が、社員が誇りを持って仕事ができる会社にしようと
地道な、そして大胆な改革を続けておられます。
歴史から、改革の歴史、失敗と成功、そして自分自身の変化などじっくりお話を伺いました。
「何が大切かは頭ではわかっていた。でも結局は自分の腹に落ちていない間はうまくいかなかった」と
話されたことが、私にとっては一番興味のあることでした。
その経営者は、実践を通してだんだんと自分の信念が形成され、本心から変わっていったそうです。
素直に本音を語っていただけたことに私は感動しました。

改革を決め、数字で社員を追求することをやめたとき、数ヶ月間売上が下がっていったそうです。
周りからの批判、自分との葛藤。かなり迷われたようですが、がまんを続けられました。
そして1年後から、業績がどんどん良くなってきたそうです。
そんな息子の姿を、だまって見ていた先代の経営者も素晴らしいと思います。
チャレンジしなければリスクもなかったでしょう。
リスクに果敢に挑戦することの大切さ、その挑戦が生み出す大きなものを
その経営者自身から教えていただいた気がします。

いろんなことで、勇気をいただいた一日でした。
ありがとうございました。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 17 日 19:57

今年こそ!

去年から、毎年ひとつは「いままでにやったことがないこと」に挑戦しようと
思っているのですが、今年は昨年できなかった「娘と100キロ歩き切る」ということを
ぜひ実現したいと思っています。

体力も心配ですが、何十時間と娘と話す間が持つのか?という、情けない心配もあり、
今さらながら、日頃のコミュニケーションの大切さを感じています。
ただ、娘は「挑戦したい」と言っているので、共通目標さえあれば、まあ、何とかなるでしょう!

主催の七福醸造さんにお伺いすると、
去年、900人という参加者だったそうですが、今年はもっと増えるかもしれないそうです。
100キロに挑戦してみようかとお考えの皆さん、決まったらぜひ教えてください。
仲間がいると心強くなります。

ただ、経験者(一昨年92キロでリタイア(涙))としては、「地獄のような2日間」ということは言っておかねばなりません。
足の皮がめくれる、爪がはがれる、足や腰に激痛が走る、寒さと眠さがおそってくる・・・。
その分得るものも大きいのですが、中途半端な気持ちでは参加されないほうがいいと思いますよ~。

また、大会の日程が決まりましたら、このブログでお伝えします。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 16 日 19:19

「やらされ感」という言葉(2)

前にも書きましたが、私は京都の一燈園という、ちょっと変わったところ
で生まれました。詳しく説明すると長くなるので省略しますが、
会社もあれば学校もあって、たくさんの人が暮らしていて、
行ってみれば小さな村のようなところです。

学校の校是は「行餘学文」(行じて餘暇あれば文を学ぶ)。
根本の人間性を高めることを第一に考えるので、勉強よりも「行」、
つまり掃除や手伝いなどの「仕事」をやって、その残った時間で
勉強をするという、ユニークなもので、汗を流して人間性の向上を
めざしている学校です。

そんな訳で、この学校で育った私は、小さな頃からいろんなことをやっていました。
授業のなかに「仕事」(草刈りとか溝掃除など)がある訳ですから、指令は先生から来ます。
当然、小学生や中学生ですから、単純作業ばかり。
最初はみんなぶつくさ言ったり、ふざけたりするのですが、
いつも時間が経つにつれ、みんな面白がってやるようになります。

何故かと考えてみると、まず先生が仕事を任せてくれたこと。
もちろん目標や基礎的なことは教わるのですが、後は自由裁量。
上級生に責任がかかってきます。
そして、みんなで「どうすれば効率が良くなるか」とか「どんなやり方をすれば楽になるか」を
話し合いながらやっていきます。この辺が面白くなるポイント。

終わりの頃に先生がきて、溝掃除なら「溝の点検」をします。
何度もやり直しをさせられるもの癪なので、
私達は、スピードと成果の両立をはかるために
最後に掃除の仕上がりを見る「点検班」なるものを創設し、
実行部隊の後ろから、点検部隊がついてくるという溝掃除を考案して、
楽しんだこともあります。
その他にもチームをわけて時間を競ったり、得意領域ごとに編成を変えたり・・・。
アイディアは無限に広がっていきます。

こんな風に、どんな仕事も工夫すればするほど、面白くなるし
近所のおじさんから「綺麗になったな~」なんて褒められようものなら、
もう鼻高々。「もっとやってやろう」という気持ちになりました。

どの仕事も肉体労働ばかりなので、進んでやりたいと思うやつは一人もいません。
でも、どうせやるなら、自分達が楽しいようにやりたいと思ってやる。
創造する楽しさ、協力しあう楽しさは、仕事も遊びも同じである。
喜ばれることの充実感は、一生懸命やった量に比例する。

これが私の「仕事の原点」なので、昨日も書いた「やらされ感」がどうも腑に落ちないのです。
中学生でも、創造的に仕事に臨めば楽しくなるということが理解できるのに、
大人がそう思わなくなるのは、どうしてなのでしょうか?
上司の問題?会社のせい?お金のせい?
本当に、何が「やらされ感」の原因なのか、まだよくわかりません。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 12 日 20:30

みんなの顔

今日は四半期に1回の全社会議の日。
大阪に一同が会して、活動報告と勉強会をしました。

欠席者が2人ありましたが、全員が揃うこの会議は大好きです。
できることなら、東京も大阪も名古屋も一緒になって、みんなの顔がみえるひとつの事務所でやりたいのですが、もうここまできたらそうもいきません。
こうして、時々ですが全員が顔を合わせて話し合うことが本当に大事だな~とつくづく思います。

みんなの顔ぶれをみると、確かに若い人ばかりですが、だんだんと頼もしい顔つきになっています。
先輩に鍛えられ、お客様に育てられ、協力してくださっているスタッフの皆さんに教えられ、
みんな一人前になっていくのでしょう。

うちのスタッフは険しい顔をしている人が、ひとりもいないのが自慢です。
仕事で顔は作られるといいますが、もっともっと深みがでて「いい顔」になっていければいいですね。

昨年は悲しい出来事がありましたが、今年はみんなが明るく、笑い声が絶えないができるいい年にしていきたいと思います。
今年増えているだろう新人さんも加わって、来年の正月にまた、頼もしくなったみんなの顔を見るのが今から楽しみです。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 08 日 19:40

ありがとうウォーキング

正月から暇を見つけては夜歩いています。
目的はダイエット。
いつも三日坊主で終わるので今年は、毎日ではなくても続けることを目標に
頑張ろうと思っています。

始めた頃は景色や街を見ながら歩いていたのですが、
毎日、同じ道ばかりを1時間近く歩いているとだんだんと飽きてきます。

昨日、年賀状のことを思い出しながら歩いていた時に、
「これまでいろんな人にお世話になったな~」と、
ふとこれまで出会った人たちのことを思い出していました。

そこで、生まれてから今日まで、私はどんな人にお世話になったのか
一人ひとり名前を出して、思い出してみることにしました。
ただ思い出すだけではどうかと思い、
「○○さんありがとうございます」と一人ひとり、数を数えるように
胸の中で言うことにしたのですが、
これがなかなか、ウォーキングには最適です。

両親、家族、近所のおじさんおばさん、幼稚園や学校の先生、仕事仲間、お客さん、友達・・・
自分の人生を振り返りながら、関わった人たちに御礼を言う機会はなかなかありません。
ランニングやウォーキングをされている方は、ぜひ一度やってみてください。
本当にいいですよ~。
名付けて「ありがとうウォーキング」。特許出願中です?

ちなみに私はまだ全部終わっていません。
DOIT!の取材先の時にお世話になった人だけでも90巻×数名ですから
すごい人数です。

いろんな人に支えられて生きていることを実感します。


カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 07 日 16:53

仕事始め!

さて、今日から本格的な仕事スタート!
休み中もなんだかんだとしていたのですが、やはり会社に行って
みんなと会って仕事をすると気合いが入ります。
やっぱり自分には、この感じが合ってます。
今時のご時世からいうと、「仕事大好き」というのは変人の部類に
入るのかもしれませんが、もう性分だからしょうがないですね。
体調まで良くなってくるから不思議です。

さて、今日は大阪のメンバーと、近くの商売の神様、今宮戎さんに
お参りに行ってきました。
仕事始めの日のお参りは毎年恒例の行事ですが、みんなで神様に
手を合わせるというのは、なかなかいいものです。
商売もさることながら、みんなが健康で事故のない一年であることを
お祈りしてきました。

今宮戎さんで有名なのは、初えびすと呼ばれるもの。
「商売繁盛笹持ってこい!」のかけ声が有名ですが、私は一度も
行ったことがありません。
大阪の町はなかなか景気が良くなりませんが、本当にどの企業も
「商売繁盛」になるように、えびすさんにも頑張ってほしいものです。

カテゴリー : 思うこと

2008 年 01 月 01 日 23:06

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
皆さんはどんなお正月を過ごしておられますか。

ブロックスのみんなも休みを満喫しているはず。
新潟、山形、静岡、岐阜、兵庫、大阪、岡山、滋賀、
千葉、東京、京都・・・
みんなそれぞれの家でくつろいでいるんでしょう。

今日の大阪は、とても良い天気です。
初詣にはまだ行っていませんが、明日は受験の神様、京都の北野天満宮に
お参りに行ってこようと思っています。

さて、いよいよ2008年のスタート。
今年はどんな年になるのでしょうか。

取材をしたり、たくさんの人とお会いして思うのは
「確実に風向きが変わってきた」ということです。
業績、業績と、まるで業績の奴隷のように働いてきたことが
何の幸せにつながらないということが、公然の事実になって
きたのか、そこに異論を唱える人が多くなった気がします。
言うだけでなく、実践する人も増えてきています。

これが今日本のどれぐらいの割合になっているのかわかりませんが
少なくとも10年前にDOIT!を始めた頃とはまったく違う環境です。
それでも、まだ働きがいをなくしてしまっている人はたくさんいます。

ブロックスは、一人でも多くの人が、
「仕事が楽しい!」「会社が楽しい!」と思ってもらえるように
今年も全力でがんばりたいと思います!

大きなことはできないかもしれません。
でも、少なくとも一日ひとりでも、
出会った人が「元気になった」と言ってくれるような
仕事をしていこうと思っています。

今年は皆さんにとって最高の一年になりますように。
ブロックスの仲間にとってもいい年でありますように。
明日、がんばってお祈りしておきます!













カテゴリー : 思うこと

2007 年 12 月 30 日 19:44

年末は忙しい・・・

28日で会社の大掃除と忘年会が終わり、
昨日から会社は休みに入りました。
ただ、私はやり残したことがたくさんあって、昨日は一人会社で仕事。

最初は、毎年恒例の社員の家族の方への手紙。今年一年のご報告をかねて
書いているですが、今年は日程がギリギリ。
やむなく全員、同じ文章にさせてもらいました。
本当はいろいろ書きたかったんですが・・・
来年はもっと早くから準備しよう。

次は、難関の年賀状。
これは早めにはじめたのに、書いても書いても終わりません。
それでも、いつもお世話になっている人やなかなか会えない人、
そして今年初めて年賀状を出す方など、一人ひとり思い出し書いていくこの作業は
やっぱり必要なことだと思うようになりました。
手軽じゃないだけに価値がありそうです。

気がつくと、深夜二時・・・。
家に帰って少し寝た後は、我が家の大掃除。
なかなかやる気にならず、寝たふりでもしておこうとかと思いましたが
娘にせかされて渋々動き出しました。

それでもやっていると、普段なかなか会話する時間がとれなかった娘達と
話ができたり、がんばって綺麗になった部屋を見ると、
どんどん楽しくなってきました。すぐ乗るタイプです。
最後は一番下の娘の買い物にもつきあって、ようやく終了。

さすがに今日はくたくた。
早めに寝ます。




カテゴリー : 思うこと

2007 年 12 月 23 日 21:45

サンタが街にやってくる

明日はクリスマスということで、いつも遊んでいる子ども達に
プレゼントを届けることにしました。
せっかく渡すならサンタの格好をして渡してあげたいと思っていたら
近所の仲間がフル装備の衣装を貸してくれました。

プレゼントを用意して、いざ子ども達のもとへ!
小さな子ども達は、さすがにビックリしてくれますが、
少し大きくなると、「おっちゃんなんでそんな格好してんの?」などと
リアルな質問をしてきます。
夢を持てよ・・・。

移動は自分の車を使っていたのですが、
サンタが運転しているという姿が、やたらに目立っていたようです。
中には車から手を振る子どももいましたが、
いきなり笑い出すおばさんも・・・。
とにかく反応が面白かったです。

それにしても楽しい一日でした。

トナカイ役として、うらべそうた君とうらべくみんちゃんの
二人も一緒に手伝いをしてくれたのですが、
彼らが地元で過ごすのも、あと2日。
もうすぐ九州に行ってしまいます。
いい思い出をつくってあげたいと思っています。


カテゴリー : 思うこと

2007 年 12 月 18 日 16:25

仙台のセミナー

昨日は杜の都、仙台に行ってきました。
といっても、仙台駅から3分のホテルを往復しただけの悲しい日帰り。
杜の都といってもどこに行く時間もありません。
ただ、さすがに東北。冷たい空気に包まれていてすっかり冬でした。

今回はある会社が主催する経営者セミナーにお招き
いただき、2時間お話をさせていただきました。
私は人前でお話することが苦手中の苦手で
頭が真っ白になるほど緊張していたのですが、
最近、何度かトライする中でようやく緊張せずに話せるようになってきました。

嫌だからといって断っていては成長できないよ、と昔ある人に
言われたことがキッカケでしたが、確かにその通りでした。
おかげでいろんな方と出会うことも出来ましたし、
何より自分を振り返る機会が持てたことが一番の収穫です。
来年も苦手を克服すべく、いろんなことに挑戦していこうと思っています。

カテゴリー : 思うこと

2007 年 12 月 16 日 19:34

子供のエネルギー

日曜日の今日は、地域のお母さん達が運営している
子育て支援の交流の場「からりん広場」で、子守の手伝いをしていました。


「からりん」は、子育てで悩む若いお母さん同士が交流することで
情報を得たり、少しでもストレスから解放されたらと、古い民家を改造して
つくられたボランティアの拠点。
うちの家内(こういう書き方すると怒るのですが)も関わっているので
リフォームの時は、私も庭仕事や掃除を手伝いました。


今日はお母さん達が子供虐待防止の講習会に参加するというので
3歳~6歳ぐらいの10人ほどの子供達がここで遊んでいるのですが、
子守などは口実、子供好きの私は、11人目の子供のように遊んでいました。


それにしても子供たちのエネルギーはすごいですね。
あたりまえなんでしょうが、遊ぶときも手を抜くことなく
自分の能力をフルに使って向かってきます。
何かいい波動をもらった気がします。
子供のエネルギー


カテゴリー : 思うこと

2007 年 12 月 12 日 14:23

勇気ある決断

昨日、ダイエーのCSをリードする熱き男、Mさんから
「社員の幸せを考えて、今度試験的に20店舗で
元旦をお休みにするんですよ」というお話を伺いました。

家事や育児で忙しい奥さんも、正月ぐらいゆっくりと
家族で過ごせるようにと、保存がきくもの、縁起物を
まとめた「おせち料理」を売っているお店で、
正月からスーパーで野菜や肉を売っていることの矛盾。
多様化の時代とはいえ、そこまで消費者に迎合しなく
ても・・・と思っていた人も多いのでは?
他店がやるならうちもやる。
そんな競争の論理が日本の風習まで壊してしまうことに
消費者も働く人も心のなかで違和感を感じていたはずです。
そんな激戦のスーパー業界で
ダイエーさんは、売上減少を覚悟で、社員の幸福を
優先する決断をされた訳です。
拍手!
社員にとっても、ご家族にとっても嬉しいはず。
1日休みの売上なんて、この心遣いに発奮した
社員が頑張って、あっという間に稼ぎ出すんじゃないでしょうか?

こうして大きな企業が率先して
売上至上主義から脱却されると、日本は加速度的に
良くなると思います。
よし、年末はダイエーで買い物をしよう!
そして、みんなでの~んびり正月をお祝いしましょう。

カテゴリー : 思うこと

私たちが大切にしていること